【体験談】レアジョブ本気塾は「逆算思考」! 口コミと評判

「TOEICの点数を伸ばすのではなく、仕事で使える実践的な英会話力を身に着けたい」

「英語でプレゼンやディスカッションをする機会があるけど、思うように話せない」

レアジョブ本気塾は、このようなビジネスパーソンにぴったりなスクールです。

 

体験に行く前は、

 

「ライザップなど他スクールと比べてマイナーだけど変なところではないか?」

「“本気塾”の響きがアヤシイ。ブラックなスクールではないか?」

 

など疑問に思っていました。しかし、実際にはこれらの心配は無用だとわかりました。

 

レアジョブ本気塾は、万人におすすめできるスクールではありませんが、マッチする人には最高のスクールです。

特に英語プレゼンやディスカッションなど、実践的なビジネス英会話を身につけたい人にはおすすめ。

 

筆者の体験談を踏まえて、この記事では以下について解説します。

 

この記事でわかること
  • レアジョブ本気塾が実践する「逆算思考」
    アウトプット前提だから最速で使える英会話が身に着く理由。
  • レアジョブ本気塾に教材がない理由
  • レッスン受け放題=忙しいビジネスパーソンに最適

    この記事の目次

    レアジョブ本気塾の体験レッスンの内容と感想

    レアジョブ本気塾の体験レッスンの内容と感想を紹介します。

    ●無料体験レッスン、説明会の流れ

    コンサルタントからのヒアリング20分
    英会話の体験レッスンとフィードバック15分
    レアジョブ本気塾の説明40分
    合計75分

    コンサルタントからのヒアリング~英語学習の目的や課題意識~

    英語学習の目的、課題意識

    最初に英語学習の目的を聞かれます。

    仕事で英語を使う機会があり、もっとスムーズに対応したい。そのために、レスポンスを速くしたり表現の幅を広げたりしたい旨を伝えました。

    他にも、これまでの英語学習状況、他に検討しているスクール、一日に確保できる学習時間などの質問。

    これらの質問を通じて、受講生が求めるものや課題と、レアジョブ本気塾が提供するサービスのマッチングを確認している様子。

    後ほど解説をしますが、レジョブ本気塾はTOEICの点数アップを目指していません。つまり、転職や昇進などのために、短期間でTOEICスコアを伸ばしたい人にとっては、レアジョブ本気塾はベストマッチのスクールではないということ。

    レアジョブ本気塾も、受講生にとって英語コーチングスクールは安い投資でないことを理解しているため、スクールとのマッチングは非常に気にしています。単に生徒数を増やせばよいというのではなく、レアジョブ本気塾と合う生徒に来てほしいと考えているとのことでした。

    レアジョブ体験レッスンと英会話レベルチェック

    次に体験レッスンを受けました。レアジョブのオンライン英会話レッスンです。通常は25分ですが、無料体験レッスンは8~10分程度。

    フィリピン人講師からパソコンごしにレッスンを受けます。コンサルタントは、私がレッスンを受ける様子を観察して、英語レベルチェックをしているため少し緊張。

    最初は雑談、その後「英語学習について」のトピックで会話をしました。講師から、いくつか質問をされるので、英語で答えていきます。

    どの位の期間、英語学習をしてきたのか? どんな英語学習をしたことがあるか? 英語学習は好きか? など。

    しばらくすると時間が来てレッスンは終了です。

    いわゆる普通のオンライン英会話レッスンでした。

    英会話レッスンのフィードバック

    英会話レッスンの様子を横で見ていたコンサルタントから、フィードバックがあります。良い点と改善点です。

    良い点は、回答のボリュームがしっかりしていること、ちゃんとした構文で話ができていたことなど。

    改善点としては、相槌のパターンを増やすこと、表現の幅を広げることなど。

    「相槌のパターンを増やす」とのフィードバックは新鮮でした。確かに、ビジネスで実際に会話をするシーンを思い浮かべると、相槌のパターンを多くもっていると、間の取り方や時間稼ぎに使えます。他のスクールではなかった実用的なアドバイスだと感じました。

    レアジョブ本気塾のプログラム説明

    英会話レッスンとフィードバックの後で、レアジョブ本気塾のプログラムの説明を受けました。

    プログラム内容を一言で表現すると、「実践的なビジネス英語をアウトプットしながら、必要なことのみを身に着ける」です。

    ポイント1|オンラインレッスンの予習

    ポイント2|オンラインレッスンの受講

    ポイント3|文章校正力を身に着けるスクリプトライティング

    ポイント4|ディクテーション(聴き取り)

    オンラインレッスンの予習

    レアジョブ本気塾受講期間中は、オンライン英会話「レアジョブ」のレッスンが受け放題です。

    しかし、最大のポイントは「レッスン受け放題」ではありません。

    レッスンを受ける前に、しっかりと予習をすること。

    レアジョブのレッスンでは、トピックに関する質問が設定されています。

     

    たとえば、私が受けたレッスンの場合。トピックは「英語学習について」。

    質問は、①これまでの英語学習の取り組みは? ②どんな英語学習法が好きか? などです。

    レッスンを受ける前に、これらの質問に対して、英語200文字程度で文章を書いて準備をします(作成した英文はwebにアップして、レッスン当日に講師から添削してもらいます)。

    事前に、しっかりした英文を書くことで、単発の単語ではなくフルセンテンスで英語を話す力を身に着けることが狙いです。

    オンラインレッスンの受講

    オンラインレッスンでは、講師から質問をされるので、予習で書いた英文を使って回答します。最初は、英文を読み上げるだけでも構いません。口になじませるだけでも効果があるからです。

    さらに、レアジョブ本気塾では同じレッスンを2~3回、受けます。実践で使えるレベルまで英語表現を身に着けるには、反復練習が欠かせないからです。

    何回レッスンを受けるかは、あなたの習熟度合いに応じて、専属トレーナーがアドバイスをしてくれます。

    このサイクルにより、以下のプロセスを回すことができます。

    「英語表現を覚える→ライティングで使う→スピーキングで使う→繰り返し使ってみて、実践で使えるようにする」

    実用的な英語を覚えるのに効率的なステップです。

    文章構成力を身に着けるスクリプトライティングとプロによる添削

    あなたがビジネスで使うことを想定した、プレゼンや報告書、提案書などを英語でライティングし、プロが添削します。

    私も説明会で話を聞いて驚いたのですが、スクリプトライティングの添削は英検の添削員が行っています。英検には英作文の課題があります。この英作文を添削する添削員はプロ中のプロと呼べるでしょう。この添削のプロがあなたのビジネスシーンを想定したライティングにフィードバックしてくれるのです。

    さらに、添削してくれた文章を録音し、音声を受け取ることができます。音声を聞きながら、繰り返し口に出してなじませて暗唱することで、プロが使う表現を実際の仕事で使えるようになることが狙いです。

    英検の添削員が、レアジョブ本気塾の生徒の添削を始めたのは2019年8月頃からとのこと。

    正直、このサービスだけでも受ける価値大だと感じました。

    ディクテーション(聴き取り)

    ディクテーションとは、英語音声を聞き取り、聞き取った言葉をかき出すトレーニングです。

    細部まで聞き取れるようになり、リスニング力アップに効果が大きいことが知られています。

    レアジョブ本気塾では、単なるディクテーションではなくさらに一ひねりを加えています。

    それは、ディクテーションで書きとった英文を、スクリプトを見ながら自分で添削することです。

    自分で添削をすることで、以下の3つの効果が期待できます。

    1. 聴き取れている部分と、聴き取れていない部分を「見える化」できる
    2. 聴き取りの癖が分かり、気を付けるポイントがわかる
    3. 回数を重ねるごとに聴き取り力の向上を確認できる

    負荷がかかるトレーニングですが、継続すれば大きな効果が得られると感じました。

    英会話力を伸ばすには、英文ライティングが効果的

    レアジョブ本気塾のプログラムを見ると、「英語ライティング→プロからの添削」のサイクルを重視していることがわかります。

    具体的にはオンラインレッスンの予習と、スクリプトライティングです。

    そして、英会話力を伸ばすためにライティング力を鍛えるのは有効な戦略です。

    なぜならライティングは考える時間があるため、「使える」英語表現の幅を広げやすいからです。

    英会話のレッスンを受けたことがある人の中には、いつも同じ表現を繰り返し使ってしまう方も多いのではないでしょうか?

    たとえ英単語や表現を学んだとしても、会話中にとっさに言葉が出てきません。

    「見れば思い出す」程度に覚えた英単語は、とっさに口から出てこないからです。「使用言語」になっていないからです。

    ライティングであれば、英語を書く前に考える時間があります。そのため、覚えた単語やフレーズを思い出しながら使うことができます。その結果、新しく覚えた単語やフレーズを自分で使えるようになります。

    さらに、自分で書いた英語の文章を読み、暗記すると効果が高まります。

    レアジョブ本気塾のプログラムが、ライティングと添削を重視しているのはこのような理由です。

    体験レッスンと説明会の感想

    説明会に行く前は「レアジョブが始めた英語コーチングスクール」程度の認識でした。

    しかし、実際に体験レッスンを受けて説明を聞き、「オンライン英会話レアジョブのリソースを最大限に活かし、仕事で英語を使うビジネスパーソンのための実践的なプログラム」を作っているのだと感じました。

    ただ一点残念だったこと。

    コンサルタントのスクール紹介の説明は、丁寧で分かりやすかったのですが、話し方が一本調子で途中で眠くなってしまいました…

    いろいろ質問をしたかったのですが、話を聞くのに疲れてきて、質問を少し控えました。

    英語とは関係ありませんが、相手に問いかけながら対話をするトークの方が、受講生側の理解度や意欲も高まると感じました。ライザップイングリッシュが実践している営業術です。

    ご参考:大型商談を成約に導く「SPIN」営業術

    唯一データで成約率アップが検証されているSPIN営業術の書籍です。

    他スクールと比較してわかった、レアジョブ本気塾の特徴

    多くのスクールを実際に体験してわかった、レアジョブ本気塾の特徴は以下の4つです。

    1. 単なる英語勉強ではなく、実践的なビジネス英会話が身に着く仕組み
    2. レアジョブ本気塾には教材がない
    3. アウトプット→フィードバック→インプットのサイクル
    4. オンラインレッスンが受け放題だからこそ、スキマ時間を有効活用できる

     

    レアジョブ本気塾の特徴1|単なる英語勉強ではなく、実践的なビジネス英会話が身に着く仕組み

    レアジョブ本気塾ではTOEICのような英語テストの点数を上げることを目標にしていません。

    その代わりに、生徒が実際のビジネスで使える英会話力を身に着けることを目指しています。

    単に「英会話ができる」のではなく、より実践的に「あなたが英語でビジネスをできるように」することを目標にしています。

    たとえば、スクリプトライティングでは、実際にあなたが仕事で使うレポートやプレゼンを題材にします。

    英語を使って仕事をする必要がある人にとっては、すぐに実践に活用できるため非常に有効なレッスンだと感じました。

    いつ使うかも分からないような表現をやみくもに暗記するのではなく、実践を前提としたプログラムです。

    レアジョブ本気塾の特徴2|教材がない

    上の項で説明したように、レアジョブ本気塾は実践を前提としたプログラムです。

    そのため、レアジョブ本気塾には定型の教材はありません。

    もちろんオンライン英会話レッスンの内容はある程度決まっていますが、教材に沿って英語を教えたり、単語帳を使って暗記したりということはありません。

    オンライン英会話やスクリプトライティングで示されるのは、「問い」です。「答え」ではありません。

    たとえは、あなたがセールスパーソンだったとします。

    「あなたが扱う●●という製品を300文字程度の英文で紹介してください」との課題が出ます。

    これに対し、あなたは英文で書き、プロから添削をしてもらいます。

    ここで出てきた表現や単語は、実際あなたがビジネスに使うのに必要なものなので、すぐに実践に活かすことができます。

    レアジョブ本気塾では、実践し添削を受けながら生きた英語を身に着けることができる仕組みになっているのです。

    レアジョブ本気塾の特徴3|アウトプット→フィードバック→インプット

    英語に限らず学習の基本は、「インプット→アウトプット→フィードバック」のサイクルを回すことです。

    このサイクルを回すことで、学習したことが定着するからです。

    レアジョブ本気塾の特徴は、「アウトプット」を重視していることです。

    つまり、「アウトプット→フィードバック→インプット」のサイクルです。

    アウトプットが最初にくるメリットは、最短最速であなたに必要な英語力を身に着けられる点です。

    なぜなら、ビジネスの実践を想定した、英文ライティングやプレゼンのトレーニングで出会ったフレーズは、あなたが仕事で実際に使う可能性が高いからです。つまり、実践ですぐに活かせる英語を最短距離で身に着けることができます。

    一方で、単語帳や例文集でインプットを一所懸命やっても、一生使わないフレーズを覚えることになってしまう可能性があります。

    そのため、あなたがビジネスで使うことを想定してアウトプットし、プロからフィードバックしてもらった英語をインプットするサイクルは、効果的に実践的なビジネス英語を身に着けることに繋がります。

    レアジョブ本気塾の特徴4|オンラインレッスンが受け放題だからこそ、スキマ時間を有効活用できる

    レアジョブ本気塾は、オンライン英会話のレアジョブのレッスンが受け放題です。

    レッスンが受け放題だと、隙間時間を有効に英語学習に使えることになります。

    通常の英会話レッスンは25分ですが、忙しい社会人にとって毎日25分のレッスン時間を確保するのは簡単ではありません。しかし、5分や10分ならば仕事の休憩時間や帰宅時に確保できるでしょう。

    1レッスン当たりの料金が決まっている場合、25分のレッスンを5分や10分で終わりにするのはもったいないです。しかし、レッスン受け放題であれば、途中で切り上げても、もったいなくありません。

    レッスン開始時に講師に「今日は時間がないから10分だけでやらせてほしい」と伝えれば、問題なく短時間でレッスンを受けられます。

    まとまった時間を確保するのが難しい、忙しいビジネスパーソンにこそ、オンラインレッスン受け放題は価値があります。

    レアジョブ本気塾の料金

    受講料金(約2ヵ月間)35万円(税別)
    初期費用5万円(税別)
    合計40万円(税別)

     

    料金に含まれるもの
    ・オンライン英会話レッスン受講(受講期間中はレッスン受け放題)
    ・1回60分、全8回の専属トレーナーとのマンツーマンセッション
    ・約2ヵ月間のパーソナルカリキュラム作成
    ・1週間ごとのパーソナルスケジュール作成
    ・ホームワークなど、各種教材
    ・受講期間中メール学習相談サポート

    支払い方法は、銀行振り込み、クレジットカードに対応しています。

    レアジョブ本気塾のメリット・デメリット

    次にレアジョブ本気塾のメリット・デメリットを解説します。

    レアジョブ本気塾のデメリット

    • TOEICの点数は上げられない
    • スクール所在地が限られている
    • 対面の英会話レッスンは受けられない

    TOEICの点数は上げられない

    レアジョブ本気塾には、TOEIC対策のプログラムはありません。

    2ヵ月のプログラムを通じ、英語の基礎力が上がれば、ある程度TOEICの点数も底上げされる可能性はあります。

    しかし、他のコーチングスクールのように、「2ヵ月でTOEICスコアを300点アップ」などの成果は期待できないでしょう。

    スクール所在地が限られている

    2019年10月時点で、レアジョブ本気塾のスクールは原宿に限られています。

    専属トレーナーとの週一回のセッションは、原則として原宿のスクールで行うので家や会社が近くにない人は通いづらいです。

    ただし、トレーナーとのセッションもオンラインで受けられるとのことなので、原宿スタジオの通いづらい人も問い合わせてみることをおすすめします。

    対面の英会話レッスンや、ネイティブ講師の英会話レッスンは受けられない

    レアジョブ本気塾の英会話レッスンは、オンライン英会話です。

    そのため、対面の英会話レッスンや、ネイティブ講師の英会話レッスンは受けられません。

    しかし、実際のビジネスの現場では、ノンネイティブの英語スピーカーが7~8割を占めています。また、対面のミーティングだけでなく、電話会議(テレカン)やビデオ会議を行うのが一般的です。

    そのため、実践的なビジネス英語を身に着けたい人は、対面レッスンやネイティブ講師のレッスンに、そこまで拘らなくてもよいかと思います。

    レアジョブ本気塾のメリット

    • 実践的なビジネス英会話を身に着けられる
    • 添削のプロから英語ライティングのフィードバックを受けられる
    • 担当生徒数を絞り、専属トレーナーが徹底的に個別指導してくれる

    実践的なビジネス英会話を身に着けられる

    レアジョブ本気塾はアウトプット重視のため、実践的なビジネス英語を身に着けられます。

    筆者は複数の英語コーチングスクールを体験していますが、レアジョブ本気塾はその中でも実践的です。

    仕事にすぐ活かせる生きた英語力を、最短で身に着けられるのはメリットの一つです。

    添削のプロから英語ライティングのフィードバックを受けられる

    毎週の課題の一つ、スクリプトライティング(英文ライティング)の添削は、英検の添削員が担当しています。

    これは、通常ではあり得ないことです。普通の英語ライティングの添削サービスは、「英語が得意な人」「翻訳や通訳をかじったことがある人」が行います。しかし、英検の添削員は、英語ライティングのプロ中のプロです。

    自分のビジネスに即したお題で書いた英文ライティングを、このようなプロから添削してもらえるだけで、大きなメリットがあります。

    英検の添削員がレアジョブ本気塾の生徒の添削を始めたのは、2019年8月頃からとのこと。まだ、広く認知されていないようですが、この事実が知られるようになると、さらにレアジョブ本気塾の人気が高まるのでは? と思います。

    担当生徒数を絞り、専属トレーナーが徹底的に個別指導してくれる

    レアジョブ本気塾の専属トレーナーは、生徒の課題をすべてチェックし、生徒に応じた指導をしてくれます。

    具体的には、以下を行います。

    ・オンラインレッスンの予習の英語ライティングの確認
    ・オンラインレッスンの受講状況のチェック、
    ・ディクテーションのチェック
    ・スクリプトライティングのチェック
    ・進捗に合わせた、課題設定

     

    これらを一人一人の生徒に合わせてフォローするには、多くの時間がかかります。そのため、レアジョブ本気塾は他の英語コーチングスクールと比べて担当する生徒を絞っています。

    一般的な英語コーチングスクールでは、トレーナー一人に対して生徒15~30人程度を受け持ちます。一方で、レアジョブ本気塾ではサポートの質を確保するため、トレーナー一人に対して生徒を最大9人に制限しています。

    受講生にとっては。その分、手厚いサポートを受けられるメリットがあります。

    レアジョブ本気塾のよくある質問

    他の英語コーチングスクールと比べた、レアジョブ本気塾の特徴や強みは何ですか?

    他のコーチングスクールはインプットメインのところが多いですが、レアジョブ本気塾はビジネスの実践に即したアウトプットを重視しています。

    アウトプットを重視することで、実際にあなたがビジネスの場で使う英語表現を効率よく身に着けられます。

    英会話のアウトプットの場を作るのはコストがかかるため、他のスクールはインプットメインのプログラムになりがちです。レアジョブのオンライン英会話のリソースを活用できるため、アウトプットの場を準備することができています。

    オンライン英会話はスマホで受けられますか?

    はい、受けられます。

    他のオンライン英会話スクールは、Skypeなどを使うためパソコンが必要ですが、レアジョブ本気塾は専用のスマホアプリを開発したためスマホでレッスンを受けられます。

    仕事が忙しくオンライン英会話を25分、受けるのが難しいのですが大丈夫ですか?

    オンライン英会話のレッスンをフルで25分受ける必要はありません。

    忙しいビジネスパーソンは、隙間時間の10分、15分を使ってレッスンを受けることをおすすめします。レッスン受け放題なので、短い時間のレッスンをたくさん受けても料金は変わりません。

    スクールが遠くて、通えないのですが

    オンラインでコーチングを受けることもできます。無料体験レッスンを受けるときに問い合わせてみて下さい。

    レアジョブ本気塾をおすすめな人

    レアジョブ本気塾は個性的なスクールなので、合う人、合わない人が別れます。

    レアジョブ本気塾をおすすめできない人

    • 簡単に楽して英語力を伸ばしたい人
    • 短期間でTOEICのスコアを伸ばしたい人
    • 対面でネイティブ講師のレッスンを受けたい人

     

    転職や昇進のため、短期間でTOEICの点数を伸ばしたい人は、プログリットやライザップイングリッシュなど他のスクールを検討した方がよいでしょう。

    レアジョブ本気塾がおすすめな人

    • 実践的なビジネス英会話を身に着けたい人
    • TOEICの点数は高いが、英語を話せない人
    • 忙しくてスキマ時間で学習したい人

    数ある英語スクールの中でも、実践的なビジネス英会話を身に着けたい人には、レアジョブ本気塾がおすすめです。

    レアジョブ本気塾の無料体験レッスンの申し込み方

    レアジョブ本気塾の公式HPから申し込み

    最初に、レアジョブ本気塾の公式HP にアクセスします。

    次に、HP内の「無料体験レッスン」をクリックします。

    次に、必要事項を記入します。

    すると、レアジョブ本気塾が送られてきます。この時点では予約は確定していないので注意して下さい。

    後日、レアジョブ本気塾からメールか電話で日程調整の連絡がくるので、日時を調整します。

    私は電話を受けました。

    その際、レアジョブ本気塾を知ったきっかけ、他検討しているスクールなどを聞かれます。

    あとは当日、指定の時間に原宿スタジオに行けばOKです。

    当日レアジョブ本気塾の原宿スタジオに行く

    レアジョブ本気塾のスクールは原宿にあります。原宿駅から徒歩10分弱です。

    KYOCERAビルの2階にスクールがありますが、入口がわかりづらく私は通り過ぎてしまいました。

    隣の”LEE”の看板、通りの向かいの”We Work”を目印にするとよいでしょう。

    スクールの入り口で時間まで待つ

    ビルの2階にあるスクールの入り口はカギがかかっており、内側からしか空きません。

    入口の外に椅子があるので、時間まで座って待機します。少し不安になるかもしれませんが、時間になると担当者が中から出てきて声をかけてくれるので心配ありません。

    一応、タブレットが設置されており担当者と連絡がとれるようになっています。心配な方は、連絡をしてみるとよいでしょう。

    担当者と一緒に入口に入ると、無料体験レッスンを受ける部屋に案内されます。サイズの違うガラス張りの部屋が10部屋程度はありそう、その中の1部屋に通され、体験レッスンが始まります。

    まとめ|レアジョブ本気塾は、ビジネス英会話のプレゼンやディスカッションができるようになりたい人向け

    この記事では実際の体験を元に、他スクールと比較したレアジョブ本気塾の特徴やオススメな人を紹介してきました。

    英語スクールは数多くありますが、実践的なビジネス英語に特化したスクール、英会話力を伸ばすためにライティングを指導、添削してくれるスクールは多くありません。

    名前の通り、2ヵ月間は「本気」で英語学習に取り組む必要がありますが、英語を使って仕事をしたい人には、おすすめできるスクールです。

    ビジネス英語を身に着けたい方、仕事で英語を使っている方は、実際に無料説明会に参加してみて下さい。記事を読むだけより、実感が沸くはずです。

    ⇒【無料体験レッスン】レアジョブ本気塾の公式HP

    無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

     

    「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

    「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

    「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

     

    そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

     

    • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

     

    現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

     

     

    カテゴリー
    記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

    例:

    ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

    ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

     どうしたらよいか知りたいです。

    ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

    ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

     

    もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

    もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

    メールアドレス
    質問など

     

    おすすめの記事