【挫折】瞬間英作文が独学で続かない理由|プログリットで続けた結果

悩む人
瞬間英作文をやるとスピーキング力がアップするって聞いたよ。でも、辛すぎて途中で挫折しまいそう......。何とか学習を続ける方法はないのかな?

 

「瞬間英作文」は、「独学で英会話がスラスラできるようになる」と評判のトレーニングです。しかし、最大の問題点はトレーニングが退屈で続けるのが辛くなること。

 

私は以前、「瞬間英作文が英会話に効果がある」と聞いて独学で勉強しました。しかし、一週間もたたないうちに学習が辛くなって挫折(ざせつ)してしまいました。どうしてもトレーニング続けられなかったのです

 

その後、プログリットいう英語コーチングスクールを受講しました。プログリットでは、瞬間英作文トレーニングを2ヵ月間、毎日1時間続けることができました。その結果、スピーキング力を大幅に伸びてネイティブともビジネスの会話ができるようになったのです。

 

筆者の経験も踏まえ、この記事では以下について説明します。

 

大和博
瞬間英作文は、とても良いトレーニングなのですが、挫折しやすく続かないのが難点です。独学でやるのが難しいと感じたら、英語コーチングを試すのも良い選択。

 

 

 

瞬間英作文とは?

瞬間英作文トレーニングとは?

瞬間英作文とは、日本人の英語スピーキング力向上のために作成したトレーニングです。

 

ビジネスにおいても中学レベルの英文法と単語で、大半の会話は成立します。そのため、学生時代に習った簡単な文章を瞬時に英訳できるようになると、格段に英会話力が上がります。

 

瞬間英作文は、中学レベルの文章を瞬時に口から出るようにするトレーニングです。

 

下の写真のように日本語例文と英語訳がセットになっています。日本語を見て瞬時に英語で発声できるようになることが目標です。


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

英会話がスラスラできるようになる

実際、このトレーニングの効果は抜群です。

 

  • 英語がスラスラ口から出てくるようになった
  • 英語で使う文法やフレーズが瞬間的に頭に浮かぶようになった

など、独学でも英語スピーキング力を鍛えられるとの定評があります。

タイトルの通り「瞬間的に英作文」ができるようになります。

スピーキングの「文章化」を鍛えるトレーニング

ここで英語スピーキング力について簡単に説明します。

英語スピーキング力は3つの要素からなります。

 

スピーキング3つの要素
  1. 概念化(考えを「結論」→「理由」と英語の型にまとめる力)
  2. 文章化(言いたいことを、正しい文法や単語で瞬時に英語化する力)
  3. 音声化(正しい発音や英語らしいイントネーションで発話する力)

     

     

    瞬間英作文は「文章化」を鍛えるトレーニングです。言い換えると、言いたいことを正しい文法や単語で瞬時に英語化する力が身につきます。

     

    ちなみに英会話のレッスンは「概念化」のトレーニングです。そのため、英会話のレッスンを受けるだけでは、文章化と音声化が鍛えられません。

    瞬間英作文トレーニングや発音と併せて英会話レッスン取り組むことでスピーキング力が向上します。

     

     

    瞬間英作文=素振りやハノンなどの基礎練習

    瞬間英作文と英会話レッスンの位置づけは以下の通りです。

     

    野球に例えると瞬間英作文は素振りや守備練習、英会話レッスンは練習試合です。

    ピアノに例えると、瞬間英作文はハノン、オンライン英会話はピアノの先生に曲を披露する練習。

     

    スポーツや音楽をやったことがある人は、上達には基礎練習が欠かせないことがわかっているはず。瞬間英作文トレーニングは、英語スピーキングにおける基礎練習です。

    瞬間英作文の取り組み方5ステップ

    次に瞬間英作文トレーニングの具体的な取り組み方を説明します。以下の5ステップでトレーニングをします。正しい方法で取り組まないと、瞬間英作文の効果が得られなくなってしまうので注意してください。

     

     

    日本語を見て英文を暗唱(1文ずつ)

    書籍の左側のページに日本語の例文が書かれています。この日本語を見ながら、英訳をしてみます。このとき、必ず英語を口に出してみるようにします。

     

    すると簡単な文章でも、意外と英語化できないことに気づきます。

     

    たとえば、次の文章。

    「家族の中では母が一番早起きです」

    すぐに英訳できますか?

     

    私は、「あれ、“早起き“ってなんていうのかな?」と戸惑いました。

    右側のページを見ると英文が載っています。

    “My mother gets up earliest in my family.”

    英文を見ると、「なんだ、簡単じゃないか」と感じるかもしれません。

     

    それでも、英語が口から出てこないんですよね。こういった英語表現が瞬時に出てくるようにするのが、瞬間英作文に取り組む目的です。

     

    英文を見て、文法と単語をチェック

    英文を見て、使われている文法と単語を確認します。わからないものがあれば、辞書で調べます。

    先ほどの例文であれば、最上級にあたる”earliest”が使われているのがポイントです。

     

    英文を見ながら3回音読(1文ずつ)

    次に英文を見ながら1文ずつ、3回音読をします。

    英文を口になじませるイメージで取り組みます。

     

    日本語を見ながら英文を3回暗唱(1文ずつ)

    左ページの日本文を見ながら、英文を暗唱します。1文につき3回暗唱を繰り返します。

    ここでのポイントは、英文を暗記するのではなく、毎回英作文するイメージで取り組むことです。

    瞬間英作文に取り組む目的は、「日本語→英語」の回路を高速化することです。なので、暗記をしてしまっては意味がない。毎回、英作文をすることで、日本語を英語に変える回路を高速化できます。

     

    1ページ(10文)を終えたら、日本語を見ながら通して1文ずつ暗唱

    1ページ全ての例文の暗唱を終えたら、最後に全て通して1文ずつ暗唱します。

    左ページの日本文を見ながら、英訳します。

    ここまでの5ステップで1ページ分のトレーニングは終了です。

     

    慣れてくると1ページを3分くらいでできるようになります。

    一日に6~10ページを目安にトレーニングするとよいでしょう。

    瞬間英作文をくりかえし練習する

    瞬間英作文トレーニングの目標は、日本文を見て瞬時に(3秒以内に)英訳できるようにすること。

    大半の人は、本を一度通して練習しただけでは、瞬時に英訳できるようになりません。

    そのため、一冊の本を2周、3周とくりかえし取り組むことが重要です。

     

    「何周やればよいか?」という明確な数字はありませんが、8~9割の例文が英作文がスラスラできるようになるまで繰り返し取り組むことをオススメします。

    ポイントは、1ページを繰り返しやるのではなく、チャプター単位で繰り返しやることです。なぜなら、1ページを繰り返しやると英文を覚えてしまうから。ある程度まとまった量をひとかたまりにして繰り返すのがオススメです。

     

    私が独学で瞬間英作文に挫折した理由

      トレーニングがつまらない

      瞬間英作文トレーニングは、英語スピーキングの基礎練習だと説明しました。また、このトレーニングの効果も口コミで検証されています。

      実際、瞬間英作文の効果は抜群で、英語が口からスラスラ出てくるようになります。

       

      しかし現実には、独学で瞬間英作文トレーニングを続けて英語が喋れるようになる人は多くありません。

      その理由は、このトレーニングがつまらないからです。

       

      実際にやってみると分かりますが、2~3ページやると飽きてきてしまいます。なぜなら、似たような例文を延々と英訳する必要があるからですね。学生時代ならともかく、大人になってからこのトレーニングを続けるのは結構きつい。

       

      たとえば、大人になってテニスを始めた人が、毎日ずっと素振りばかりをしていたら飽きてしまうのと同じです。

      基礎練習は効果があるとわかっていても、なかなか続けるのは難しい。

       

      そのため、いくらスピーキング上達に効果があるとわかっていても、独学で続けられる人は多くありません。

       

      なぜ、瞬間英作文が続かなかったのか?

      実際、私も以前から瞬間英作文トレーニングの効果は知っていましたし、書籍も購入していました。

      何度か思い立ち、トレーニングをやったことがあります。しかし、毎度数ページで挫折してしまいました。

       

      簡単な文章をひたすら英訳して暗唱する。しかも、全ての文章を3回くりかえし暗唱。

      1ページ終わることには疲れを感じ、数ページ進めると、めんどくさくなり投げ出してしまう......。この繰り返しでした。

       

      なかには、野球の素振りや、ピアノのハノンの練習が好きで苦にならない人もいるかもしれません。

      しかし、大半の人は素振りやハノンを一人で続けるのは苦痛に感じるのではないでしょうか。

       

      瞬間英作文も同じです。効果があるのはわかっているけど、なかなか続けられない......。こんな感じで私は挫折してしまいました。

      成長実感を得られない

      2つ目の理由は、成長実感を得られないことです。下の図は、瞬間英作文の学習時間と英語力の伸びを表すイメージ図です。

       

       

      横軸が、瞬間英作文に取り組む日数で、縦軸が英語力です。

      図中の青色の点線は「期待する英語力の変化」です。私を含め、たいていの人は学習時間に比例して英語力が伸びていくと期待します。

       

      赤色の実線は「実際の英語力の変化」。現実には学習初期は、トレーニングをしてもほとんど英語力は伸びません。しかし、1か月程度トレーニングを続けると一気に英語力が伸び始めますんですよね。

       

      つまり、英語力の伸びはトレーニング時間に比例しません。そのため、学習初期は以下の2つに大きなギャップが生まれるのです。

       

      学習初期に生じるギャップ
      1. 期待する英語力の伸び=瞬間英作文の学習時間に比例して伸びる
      2. 実際の英語力の伸び=ほとんど伸びない

        その結果、「いくら勉強しても成長している気がしない」と感じ挫折してしまうのです。

        実際、私もまさにこのパターンにはまっていました。

         

        今なら分かりますが、1か月程度トレーニングを積むと、成長実感が得られ始めます。勉強するだけ英語力が伸びるため、自分の成長が楽しくなりトレーニングを継続しやすくなります。

         

        すなわち、成長実感を得にくい最初の1か月程度をいかに乗り切るか? が瞬間英作文トレーニングで英語力を伸ばすポイントです。

        プログリットで瞬間英作文を続けられた理由

          プログリットのコンサルタントから瞬間英作文に取り組むことを提案された

          その後、私は仕事で英語を使う必要が生じたため、プログリットという英語コーチングスクールを受講しました。

          プログリットでは、専属のコンサルタントが生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成してくれます。筆者の場合、「スラスラ英語が出てこない」という課題があったので、コンサルタントから瞬間英作文をカリキュラムに取り入れる提案をしてもらいました。

           

          しかし、筆者は不安を感じてしまったのです。「効果があるのはわかるけど、ほんとに瞬間英作文をやりきれるかな......」と。なぜなら、過去に何度も挫折した苦い経験があったからですね。

           

          コンサルタントのおかげで、瞬間英作文を継続できた

          しかし、プログリットでは違いました。なんと、2ヵ月間に3冊も瞬間英作文トレーニングをこなすことができたのです。

          その結果、スピーキング力が大幅に伸び、英語で仕事ができるようになりました。もちろん、他のトレーニングの効果もありましたが、私が苦手だった「瞬時に英語を口にする」ことができるようになったのは、瞬間英作文の効果が大きいと感じています。

           

          では、なぜ独学では続かなかった私が、プログリットでは瞬間英作文をやり切ることができたのでしょうか?

           

          その理由は、コンサルタントの存在です。コンサルタントは生徒にマンツーマンでサポートをしてくれます。学習プランを作るだけでなく、学習進捗管理、生徒の不安へのサポート、学習方法へのアドバイスなど、2ヵ月間フルにサポートしてくれます。

          特に最初の1か月程度、勉強しても英語力の成長実感が得られない時期をこえるため、コンサルタントのサポートはありがたいものでした。

          トレーニングが苦しい時期の不安を解消する

          学習を続けても成長実感が得られずモチベーション下がるとき、このやり方を続けて英語が話せるようになるのか不安なとき、コンサルタントに相談すると親身に話を聞きアドバイスをしてくれます。

          実際、私も成長を感じられないとき、コンサルタントに相談をしました。

          そんなとき、「ご自身では気づかないかもしれませんが、着実に英語力は伸びています。このまま続けていきましょう」とのフィードバックをいただいたため、安心して学習を継続することができました。

          学習しはじめの辛い時期は「承認欲求」をエンジンに使う

          上の図は、プログリットで瞬間英作文トレーニングを続けられた理由を表しています。

          先ほど説明したように、学習によるスキルの伸びは、学習量に比例しません。一定量をこなした後で急にスキルが伸びます。

           

          筆者は過去に挫折した経験から、学習初期はモチベーションの維持が難しいとわかっていました。そのため、あえてモチベーションをすり替えることにしました。

          どういうことかというと、コンサルタントに学習報告し、課題を着実な進行をほめてもらうことをモチベーションにしたのです。つまり、「承認欲求」をエンジンとして使うことにしたのです。

          「承認欲求」とは、人から認められたい、ほめられたいと感じる欲求です。

           

          承認欲求が強すぎると、他人からの評価に左右されることにつながります。しかし、うまく使いこなすと辛い学習やトレーニングを続けるモチベーションとして使うこともできます。成果を感じずらい最初の1か月くらいの間、承認欲求をエンジンに学習を続けることにしました。

           

          1ヵ月続けると「学習→成長を実感→楽しくなりさらに学習」の良いサイクルに

           

          1か月ほど続けると、瞬間英作文によるスピーキング力の成長を実感できるようになり始めました。

           

          以下で具体例を紹介します。

          瞬間英作文を1ヵ月ほど続けた後、仕事で英語の会議に参加しました。

          以前は「えっと、この文法でよかったかな?」と考え、頭の中で英文を完成させた後に発言していました。そのため、英語を話すまでにタイムラグがあり、かなりぎこちない状態でした。

          しかし、このときは違いました。自然と英語が口からついて出るようになっていたのです。言いたいことが、英語でスラスラ出てくるようになったという感覚です。

           

          このとき、瞬間英作文トレーニングの効果を実感しました。

          その後は、「学習する⇒成長を感じる⇒楽しくなりさらに学習する」というよいスパイラルが生まれました。

           

          このタイミングから承認欲求を手放し、「英語がうまくなるから、勉強をしたい」という内発的動機のエンジンに切り替えることにしました。

          このように学習効果が出づらい時期をコンサルタントのサポートと、承認欲求をつかって乗り切り学習を軌道に乗せました。

           

          その結果、2ヵ月で3冊分の瞬間英作文トレーニングを続けることができ、英語スピーキング力を大幅に伸ばすことができたのです。

          まとめ|瞬間英作文で英会話力を伸ばすために必要なこと

          この記事では、私の経験を踏まえて瞬間英作文トレーニングにより、スピーキング力の「文章化」スキル向上の効果があることを解説してきました。

          瞬間英作文は、英語が瞬時に口から出てこない日本人に有効なトレーニングです。

          しかし、瞬間英作文の最大の問題はトレーニングが面白くないこと。野球の素振りやピアノ練習のハノンのように単調なトレーニングを続けられる人は少ないです。実際、私は何度も挫折しました。

           

          一方で、筆者はプログリットではコンサルタントのサポートにより、最初の苦しい1か月を乗り切り、英語力を伸ばす軌道に乗せることができました。

          その結果、仕事の会議でも瞬時に英語が口から出てくるようになり、「英語で仕事ができる」ようになりました。

           

          以下に当てはまる人は、プログリットを検討してもよいかと思います。

          • 独学で瞬間英作文を続ける自信がない人
          • 過去に、瞬間英作文にトライして挫折したことがある人

           

          もちろん、瞬間英作文以外にも英語力アップに効果的な勉強法を教えてくれます。

           

          プログリットの体験談に興味がある方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

          ↓↓↓筆者の体験記事

           

          少しでも気になる人は、無料カウンセリングで自分に合うか試してみるとよいでしょう。

          ⇒【無料カウンセリング】プログリットの公式HPはこちら!【完全オンライン対応】

           

          (2022.02.22追記)

          プログリットの岡田祥吾社長にお話しを伺いました。

          • どのような想いでプログリットを創業したのか?
          • プログリットの社名にこめた誓い
          • プログリットを受講して、英語力だけでなく人生が変わったという人が多いのはなぜなのか?

          詳しくお話していただきました。

           

          筆者自身、インタビューをしながら、

          「このような想い、視点でプログリットを運営されていたのか......」

          と驚きの連続でした。

           

          気になる方は、以下の記事を読んでみて下さい。

          ↓↓↓岡田祥吾社長のインタビュー記事

           

          無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

           

          「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

          「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

          「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

           

          そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

           

          いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

          反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

           

          ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

           

          • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
          • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
          • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

           

          現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

           

           

           

          カテゴリー
          記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

          例:

          ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

          ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

           どうしたらよいか知りたいです。

          ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

          ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

           

          もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

          もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

          メールアドレス
          質問など

           

          おすすめの記事