【卒業生が解説】プログリットの教材やアプリは市販品?テキストを全公開

プログリット(PROGRIT)で使うテキストは市販品と聞いたけど本当?

実際にどんな教材を使っているのか知りたい

自分で参考書を買ってやれば英語力を伸ばせるのでは。

 

プログリットで紹介された教材は、どれも英語力アップに効果がある良質なものです。なぜなら、世の中にある良質な英語教材の中から、本当に効果があるものを選び抜いているから。

私はプログリットを受講して英会話力が大きく伸びました。以前は、外国人と会話をしていても口から英語が出てきませんでしたが、いまでは英語で仕事のディスカッションをできるようになりました。

私の経験も踏まえ、この記事では以下について説明します。

この記事でわかること
  • プログリットで使ったテキストを公開【すべて市販品】
  • プログリットで使う教材を知っただけでは英語力は伸びない

 

⇒【60分のオンライン無料診断あり】プログリットの料金やコースの詳細はコチラ!

 

プログリット(PROGRIT)にはオリジナルテキストや教材はない

プログリットの概要

まず簡単に、プログリットの概要を説明します。

プログリットは2016年に創業した、短期集中型の英語コーチングスクールです。

コンセプトは、「短期間で圧倒的に英語力を伸ばす」です。

サービス開始から3年で、校舎数は12校(関東:9校、大阪:2校、名古屋:1校)まで拡大。さらにオンラインのみで完結するオンラインコースも扱っています(2019年8月現在)。受講生は5500人を超えています。

 

プログリット(PROGRIT)の特徴

プログリットが提供するサービスは主に以下の二点です。

1) 最も学習効率が高い、生徒に合わせた英語学習法を提供

2) 生徒が毎日2時間以上、学習を継続するため万全のサポートを提供

つまり、プログリットは英語を教えません。生徒自身が自習するのをサポートするのです。

もう一つの特徴は、使用する教材やテキストはすべて市販品で、プログリットにオリジナル教材がないことです。

世の中にはすでに良質な英語教材があふれているからです。

テキストや参考書は英語教材をプロに任せ、プログリットは生徒が結果を出すための学習法やコンサルタントによるフィードバックに特化しています。自社の得意分野に特化する戦略です。

プログリット(PROGRIT)で使ったテキスト、教材、アプリを紹介

私はプログリットのビジネス英会話コースを卒業しました。

以下では実際に私が使用したテキストを紹介します。

使用した書籍はプログリットから支給されます。アプリ版は自費で購入しました。

  1. TED音声(シャドーイング用)
  2. 瞬間英作文(スピーキング練習用の書籍)
  3. ラダーシリーズ(多読用の書籍)
  4. キクタン(英単語帳)
  5. オンライン英会話

TED音声(シャドーイング用)

シャドーイングとは英語音声の後について発声するトレーニングです。

英語シャドーイングの効果とやり方【英会話が上達するコツを伝授】で解説しましたが、シャドーイングはリスニングとスピーキングを鍛えるのに効果的です。

シャドーイングの音声にはTEDを使いました。誰でも無料で視聴することができます。

実際に私が使用したのは以下の音声です。

アンジェラ・ダックワースの「Grit」です。

日本語に翻訳された書籍もあるので、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

TEDは音声とスクリプトとも無料で手に入れることができます。

 

瞬間英作文

英語学習法について調べたことがある人は、「瞬間英作文」を知っている人も多いのではないでしょうか。スピーキング力を鍛える書籍として、英語学習業界でベストセラーとなっています。

中学レベルの英語をスラスラ口から出てくるようにするためのトレーニング本です。

瞬間英作文の中身

1ページに10の例文があるため、日本語を見ながら瞬時に英語に訳し口に出すトレーニングです。

2ヵ月間に瞬間英作文シリーズを2冊と「会話できる英文法」を1冊、それぞれ2周ずつ練習しました。

 

瞬間英作文の表紙

 

書籍はプログリットから支給されましたが、通勤時間中に取り組むため、私はアプリを購入して取り組みました。

 

ラダーシリーズ(多読用の書籍)

リーディングのトレーニングとして「多読(速読)」の練習を行いました。

リーディング速度を上げるためのトレーニングです。実はこの練習はリスニング速度を上げるのにも役に立ちます。なぜなら、リーディングとリスニングは脳の同じ回路を使うからです。

この練習には「ラダーシリーズ」を使いました。プログリットで貸し出しを行っているため、毎週本を借りて読みました。

ラダーシリーズは平易な英語で書かれた書籍で、1万語~2万語程度の長さなので1~2時間で読むことができます。

レベル別に分かれているため、自分のレベルに合った本を速く読む練習になります。

ラダーシリーズは書店でも売っていますし、Amazonでも購入できます。

たとえば以下の本です。

 


スティーブ・ジョブズ・ストーリー The Steve Jobs Story (ラダーシリーズ Level 4)

これも英語学習者には有名なテキストです。

 

キクタン(英単語帳)

語彙を増やすためにアルク社のキクタンシリーズに取り組みました。

有名な単語帳です。

私が取り組んだのはTOEIC800とTOEIC990の二冊です。

 

単語帳も通勤時間やスキマ時間に取り組むため、アプリ版を購入しました。

PROGRITで使ったキクタンアプリの写真

 

オンライン英会話

スピーキングのアウトプットの練習のためオンライン英会話を利用しました。

私がコンサルタントから勧められたのはDMM英会話です。

なぜなら、 DMM英会話には「テーマ別ディスカッション」というレッスンがあるからです。

テーマ別ディスカッションとは、あるテーマに対して「賛成か反対」のスタンスを取り、そのあとに理由を説明する練習です。

 

たとえば、「ソーシャルメディアに年齢制限を設けるべきか?」と講師から聞かれます。

これに対して、以下のように答えます(当然英語です)。

「私は不賛成です。理由は2つあります。1つ目は、今後ますますオンラインでコミュニケーションする機会が増えるため、小さい頃から慣れておいた方がよいからです。2つ目は、そもそも規制をしてもイタチごっこになるため効果が薄いからです。」

という感じ。

単なるチャットではなく、あるテーマに対して意見を英語で述べる訓練になります。

もちろん、DMM英会話はプログリットとは関係なく、誰でも受けることができます。

 

このようにプログリットで使用した教材やテキストはすべて市販のものです。オリジナル教材は一つもありませんでした。

 

プログリット(PROGRIT)のテキストを知っても、英語力は伸びない

残念ながらプログリットで使うテキストを知っても英語力は伸びません。

以下でその理由を説明します。

 

理由1|あなたの課題に合わせてテキストや教材を選ばないと効果が出ない

理由2|勉強量をこなすことが大事

理由3|プロからのフィードバックを受けることが重要

 

あなたの課題に合わせてテキストや教材を選ばないと効果が出ない

先ほど紹介したテキストや教材は、私のレベルと課題に合わせてコンサルタントが選んでくれたものです。

当然ながら、一人一人英語力や課題は異なります。そのため、私に効果があったテキストが、あなたに合うとは限りません。

 

自分自身の英語力を分析できる人は、最適なテキストを探すのもよいでしょう。

しかし、もし客観的な視点で英語力のレベルや課題をクリアにしたいのであれば、他者から指摘してもらう方がよいです。

私もそうでしたが、人は自分のことを客観的に見るのが苦手だからです。

 

プログリットの無料カウンセリングでは、プロの視点であなたの英語力の課題を指摘してもらえます。

私が衝撃を受けた無料カウンセリングの詳細はプログリット(PROGRIT)無料カウンセリングの感想【衝撃の一時間】にまとめたので、興味がある方は記事を参照してみて下さい。

 

勉強量をこなすことが大事

仮に自分にマッチした教材を見つけることができても、実践しなくては意味がありません。

短期間で英語力を伸ばすには、学習の量をこなすことが必要になります。

もちろん、独学で毎日2~3時間、2~3ヵ月の学習を続けられれば英語力を伸ばすことができるでしょう。

しかし、英語学習ではPDCAのうち”Do”の継続が一番難しいところです。

 

短期間で英語力を伸ばすには、プロからのフィードバックが欠かせない

英語勉強法の効率が変わる5つのポイント|科学的な英語上達法にも書いたように、短期間でスキルを伸ばすにはプロからのフィードバックが欠かせません。

たとえば、スポーツやピアノを練習するときにはプロの先生から習う人が多いでしょう。

子供にピアノを習わせるときに、独学で覚えさせようとする親はいません。また、大人になってからテニスを始める人は、テニススクールに行き先生からレッスンを受けます。

スポーツや音楽のスキルを伸ばすには、先生からフィードバックを受けた方が効果的だと感覚的に理解しているからです。

 

英語学習も同じです。

効果的に英語力を伸ばしたいのであれば、プロからフィードバックを受けることが必須です。

そのため、テキストや教材を購入して独学で勉強しても、プログリットの受講生のような目覚ましい成果をあげるのは困難なのです。

実際プログリットでは、コンサルタントがシャドーイングのやり方を毎日チャットツールで添削をしてくれました。

私はこのフィードバックのおかげで、リスニングとスピーキングを伸ばすことができました。

反対にフィードバックを受けていなかったら、シャドーイングのやり方を改善できないため、リスニング力もスピーキング力も、それほど伸びなかっただろうと思います。

 

LINEを使ったPROGRITのシャドーイングフィードバック

 

まとめ|プログリット(PROGRIT)の秘密は教材やテキストにはない

この記事ではプログリットで実際に使った教材やテキストを紹介してきました。

いずれも市販品で多くの人が知っている教材です。書店に行けば平積みで置かれているものが大半です。

たしかに、これらの教材は良質なものです。

しかし、プログリットの受講生が短期間で英語力を伸ばす秘訣は、教材やテキストにはありません。

 

そもそも良質な英語教材にあふれているのに、なぜ英語力に悩む人がいるのでしょうか?

この事実をよく考えてみるべきです。

この問いの答えは、以下のように考えられます。

 

  • 自分の英語力の課題を正確に把握できない
  • 必要な学習量を十分な期間、継続できない
  • フィードバックを受けずに、我流でやってしまう

 

このポイントを理解すると、プログリットの秘密は教材やテキストではなく以下にあることがわかります。

  • 生徒一人一人の英語力における課題を分解するスキーム
  • 生徒のモチベーションを維持する仕掛け
  • 毎日、生徒にフィードバックをする仕組み

 

無料カウンセリングを受けるとプログリットの秘密の一端を見ることができます。

少しでも興味を持たれた方は、無料カウンセリングでプログリットの実力を肌で感じてみることをおすすめします。

 

 

⇒60分のオンライン無料カウンセリングでプログリットの秘密を体験してみる

 

↓↓↓筆者がプログリットのビジネス英会話コースを2ヵ月受講した体験記はこちら

⇒【体験談】プログリット(PROGRIT)の効果|英会話が2ヵ月で飛躍した口コミ

 

無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

 

「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

 

そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

 

いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

 

ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

 

  • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
  • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
  • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

 

現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

 

 

 

カテゴリー
記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

例:

・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

 どうしたらよいか知りたいです。

・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

 

もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

メールアドレス
質問など

 

おすすめの記事