【受講生の体験談!】プログリットの2ヵ月で英会話が飛躍した感想

「英語学習に何度も挫折したことがある...」

「英会話スクールに通ったけど、一向に英語が話せるようにならなかった」

これは過去の私です。

 

英語学習に何度も挫折したり、英会話スクールに通っても英会話力が上達しなかった私が、プログリット(PROGRIT)に2ヵ月通った結果、「100人いる部署の中で、一番英語がペラペラですね!」と言われるようになりました。

 

プログリットはプロサッカーの本田圭佑選手も利用したことで知名度が上がっています。

プログリットの秘密は科学的な学習法にあります。実は、学術分野では「どのようにすれば、英語力を短期間で伸ばせるのか?」の答えは出ています。問題は実践と継続が難しいこと。

 

創業者である元マッキンゼーの岡田祥吾さんが、英語で仕事ができずに困った経験をもとに、徹底的に論文や書籍を調べ、誰もが実践できるように作ったのがプログリットのプログラムです。

 

私が実際にプログリットを受講した体験談と、学術的な知見を元にこの記事では以下について解説します。

この記事の結論
  • プログリットの効果:英語で仕事ができるようになった
  • プログリットが最強の英語スクールな理由
  • プログリットの学習内容
  • プログリットのネガティブポイント
  • プログリットがおすすめな人

 

オンライン訴求専用LP

⇒【60分のオンライン無料カウンセリング】プログリットの料金やコースの詳細はこちら!

 

この記事の目次

【体験談】プログリットの効果:2ヵ月でビジネス英語ができるようになった

PROGRITの効果

英語が話せず悔しい思いをした

私は学生時代それなりに英語を勉強してきたこともあり、それなりに英語で読み書きはできていました。TOEICの点数も800点以上でした。

 

しかし、私はほとんど英語を話せませんでした。

そのため、仕事で英語を使おうと思っても、ほとんど使い物になりませんでした。

あるとき、外国のパートナー企業の技術者が来訪し英語でディスカッションをする機会がありました。

私のTOEICの点数が比較的高いことを知っていた同僚から、「こんどの英語でのディスカッションは頼んだよ」と言われていました。

 

ところが、実際に英語で議論をしようとしても、ほとんど話すことができませんでした。

議論の最中に相手の発言を何とか聞き取り、次に何を言おうか頭の中で考えます。そして、何とか言いたいことを口にします。

すると私の言葉を受けて、相手がさらにコメントをしてきます。その時点で私はフリーズしてしまいました。

なぜなら、まったく英語が口から出てこない上に、相手の話のペースについていけなかったからです。

 

結局その日は、ほとんど議論に参加できませんでした。
英語が話せなかったせいで、相手からは「こいつは内容を理解していないし、考えていない」と思われたようでした。

 

私の専門分野に関する議論だったので、日本語ならば言いたいことはいろいろあったのに…と、悔しい思いをしました。

 

自分の英語力は仕事で使えないレベルなのだと痛感しました。

 

そのとき「英語で仕事ができるようになりたい」「自分の専門分野では、外国人と対等に議論できるようになりたい」と思うようになりました。

 

しばらくして、私は海外の学会で発表することになりました。技術者にとって学会発表できるのは嬉しいことですが、私は質疑応答に対応できる自信がありませんでした。

さらに学会と同時に、現地で外国のパートナー企業の方を相手にプレゼンをし、議論することになりました。

準備期間は4か月。

今回は、絶対に前回と同じような目にはあいたくありませんでした。

そこで、英会話力を鍛えよう!と決心したのでした。

私がプログリットを選んだ理由~科学的に効果がある英語学習の原則~

英会話力を鍛えようと思ったとき、どのように学習したらよいか悩みました。

また、学会まで4か月しか時間がなかったので、短期間で英語力を飛躍的に向上させることが必要でした。

当然英会話スクールも検討しました。

しかし、過去の経験から英会話スクールに通っても英会話力は伸びないことがわかっていました。

実際、私は過去に英会話スクールに通っていたことがあります。また、イギリス人のネイティブとマンツーマンレッスンを1年ほど続けたことがあります。

ところが、私のスピーキング力はほとんど伸びなかったのです。

今ならわかりますが、英語力を伸ばすための学習の量も足りていませんでしたし、学習方法も適切ではなかったからです。

 

そこで、本当に効果がある英語学習法を調べました。

すると「英語コーチング」という手法は、効果的な学習法であり結果が出やすいと気づきました。

後で詳細に解説しますが、中でもプログリットは科学的に効果がある英語学習法の原則に忠実です。

そのため短期間で飛躍的に英語力を向上させるには、プログリットが最適との仮説を立てました。

実際に無料カウンセリングを受け確証が得られたので、プログリットを選ぶことにしました。

プログリットを受講した結果|英会話力が飛躍的に伸びた

結果として、プログリットで2か月トレーニングをした結果、私の英会話力は飛躍的に向上しました。

プログリットでは”VERSANT”というスピーキングのテストを、受講前後に受けます。VERSANTは世界中の大手企業や大学で採用されているスピーキング力を測定する信頼度の高いテストです。

通常は1ヵ月に1点伸ばすのも非常に難しいと言われていますが、私はプログリットの2ヵ月で7点伸ばすことができました。そして、通常伸ばすのが難しいと言われる流暢さ」と「発音」が伸びました。

 

 

以下で、実際にビジネスの場で得られた効果を説明します。

予定通り、当初目標としていた国際学会の場で、英語でプレゼンを行いました。当然、質問が出ましたが特に困ることはなく英語で回答。

 

さらに、海外のパートナー企業と会議をしました従業員5万人を超える大企業の副社長が相手です。この場でも、自然体で英語で議論をすることができるようになっていました。

以前は一つのフレーズを言うために、頭の中でさんざん考えて「えいっ!」と発言する感じ。

しかし今回は、あたかも日本語での議論のようにポンポン会話をすることができるようになったのです。

 

また、同席していた他部署の方からも「100人いる開発部門の中で一番英語が上手い」とお褒めの言葉をいただきました。

2か月という短期間で、仕事ができるレベルまで英語力を向上させられたのだと実感しました。

 

オンライン訴求専用LP

→60分のオンライン無料カウンセリングでプログリットの科学的な学習法を体験してみる

プログリットの口コミ|効果が大きな英語スクールだと考える理由

PROGRITの口コミ

理由1|学習プランが効果的な学習法の原則にのっとっているから

理由2|コンサルタントの質が高いから

プログリットの学習プランは「効果的な学習法」にのっとっている

プログリットの学習プランは、科学的に効果が検証されている学習法の原則に忠実です。

英語力を伸ばしたい人にとって、これは非常に重要なポイントです。

なぜなら再現性があるからです。

 

世の中には、「この方法で英語が上達した!」「私はこうやってTOEICを300点伸ばした」という本やノウハウが山ほどあります。

しかし、このようなノウハウにはほとんど価値がありません。

なぜなら再現性がないからです。

単なる体験談では本当にそのノウハウに効果があったのか、その人が偶然うまくいったからなのか判断できません。

体験談は科学的に検証された方法とセットになって、初めて価値が生まれます。

 

ここで科学的な学習法とは2つの観点があります。

1つ目は心理学の研究でわかった、飛躍的に能力を伸ばす「限界的学習」です。

2つ目は外国語をいかに効率的に習得するかを研究した、第二言語習得理論です。

 

詳細は以下の記事を参考にしてみて下さい。

ご参考:英語の効率的な勉強法5つのポイント|上達する人の科学的な学習法

 

これらの学習法の原則をもとに、プログリットと他の英語学習法を比較しました。

(*1)私の経験をもとに記載

(*2)Shibata(2011), 「ビジネスパーソンが抱く英語の基礎力像―アンケート調査の単純集計から―」, ESP Hokkaido Journal Volume1,

 

後で解説しますが、プログリットにはネイティブ講師による英会話レッスンはありません。

なぜなら、英会話レッスンは「科学的に効果がある学習法」に関係がないからです。

その代わり、プログリットはフィードバックの頻度と質にこだわっています。

フィードバックが飛躍的に成果を出す「限界的学習」の重要な要素だからです。

 

下のグラフはフィードバックの頻度と学習効果の関係を示すイメージ図です。フィードバックによる学習効果は「複利」で効いてきます。

その結果、英語のプロからのフィードバックで、改善をすることにより2ヵ月後には飛躍的な効果が得られるのです。

 

このように、プログリットは「限界的学習」と第二言語習得理論の原則の観点から効果が高いことが予想できます。

 

プログリットのコンサルタントはレベルが高い

担当のコンサルタントのレベルが高いです。最低TOEIC800点以上の方を採用しています。

また、プログリットはが学習法の原理原則がしっかりしているので、担当コンサルタントへの教育がやりやすいのだと想像できます。

求人票

*リクナビNEXTより引用

 

実際、私を担当してくださったコンサルタントも非常に優秀な方でした。

海外に住んでいたことがあり、日本で英語を使って仕事をした経験を持っていました。

 

また担当コンサルタントが休暇の日は、別のコンサルタントからフィードバックをいただきました。合計で10人くらいのコンサルタントからフィードバックを受けましたが、どの方も非常にレベルが高くフィードバック内容も適切でした。

 

SNSでのプログリットの口コミ

ここまでは筆者の体験談を元にした口コミを紹介してきました。

他の受講生の口コミはどうなのでしょうか? SNSで調べてみました。

https://twitter.com/Noah_A/status/1223170047872364545?s=20

https://twitter.com/DIANE_MHW/status/1206546243679182849?s=20

 

「英語力が上がった」「TOEICの点数が上がった」という口コミに加え、勉強方法と時間管理のやり方を学べたとの口コミもあります。

オンライン訴求専用LP

⇒プログリットの公式HPで卒業生のインタビューを見てみる

 

プログリットの無料説明会~学習効果の秘密を体感~

PROGRITの無料カウンセリング

無料カウンセリングでは、英語学習の目標設定やレベルチェックを行います。

この説明会は無料とは思えないほど質が高いです。

長年、英語力が伸びずに苦しんでいる人や、過去に英語学習に挫折したことがある人が受けると目から鱗が落ちます。実際、私も無料カウンセリングを受けただけで、自分の課題が明確になりました。

 

「英語学習」をここまで科学的にできるのか! と衝撃を受けました。

後になり、私は第二言語習得論や学習法に関する書籍や論文を調べました。

そして、プログリットはこれらアカデミアで研究されたエビデンスを忠実に英語学習に落とし込んでいたのだとわかりました。

 

たとえば、プログリットのプログラムは以下の内容は、一つ一つに意味があります。すべてデータや研究結果に基づいて決められているのです。つまり、徹底的に「英語学習を科学している」のです。

だからこそ、短期間で圧倒的に英語力を伸ばすことが可能なのです。

  • 毎日、どのくらいの量を勉強するか
  • どのくらいの期間、学習を続けるか
  • どのタイミングで、どんな教材やテキストを学ぶか
  • どうやったら学習を継続できるのか

無料カウンセリングを受けたときは、ここまで意味を理解していませんでしたが、データや研究結果に基づく信頼感や迫力を肌で感じました。

 

プログリットの無料カウンセリングのポイントは以下の5つです。

PROGRIT無料カウンセリング5つのポイント
  1. カウンセリングシートに現状と目標を記入
  2. 生活習慣にまで踏み込むコンサルティング
  3. 精度の高い“レベルチェック”を受ける
  4. 学習プランの案を提案いただく
  5. 押し売りやセールストークは一切なし

     

    具体的に目標を設定する

    なんとなく「英語がうまくなりたい」という目標ではなく、「3か月後にTOEICで800点を取る」など具体的な目標を聞かれました。

    私は「4か月後の学会発表を、質疑応答を含めて成功させる」としました。

    効果的に学習を進めるには、明確に定義された目標設定は欠かせません。

    生活習慣もコンサルタントと共有

    詳細な生活習慣をコンサルタントと共有し、どのように学習時間を作るかを相談しました。

    なぜなら、短期間で英語を上達させるために毎日2~3時間を、英語のために捻出する必要があるからです。

    普通に仕事をしている社会人にとっては、英語学習に毎日2~3時間をあてるのは容易ではありません。実際、私も月の残業時間が60~80時間くらいでしたので、学習時間を確保するのは簡単ではありませんでした。

    コンサルタントと相談の上、私はは通勤時間が長かったので、往復の通勤時間と昼休みなどの隙間時間を活用する作戦がよいだろう、との話になりました。

    このようにカウンセリングシートとヒアリングだけでも、通常のスクールとは一味違うと感じられました。

    “レベルチェックテスト”の質が高い!

    現状の英語レベルを把握するため、リスニングとスピーキングのテストをしました。

    これが想像をはるかに超えてレベルが高い。

    ただ、レベルチェックテストの内容を詳しく書くと長くなるので、詳細を知りたい方はプログリット(PROGRIT)無料カウンセリングの感想【衝撃の一時間】を参照してください。

     

    オーダーメイドのカリキュラムを提案してもらう

    上記のカウンセリングとレベルチェックを元に、一人一人に合わせたカリキュラム案を提案していただきます。私の場合は以下の内容でした。

    トレーニング内容目的
    シャドーイングリスニング、音声認識の自動化
    瞬間英作文スピーキング、文章の組み立てと発話の練習
    オンライン英会話スピーキング、概念化
    英単語基礎力の向上
    多読英語認識のスピードアップ

    このように毎日3時間のトレーニングを続けるカリキュラムを提案いただきました。

    後になり、私は第二言語習得論や学習法に関する書籍を何冊も読み、論文も調べました。

    そして、プログリットはこれらアカデミアで研究されたエビデンスを忠実に英語学習に落とし込んでいたのだとわかりました。

    押し売りやセールストークは一切なし

    カウンセリングが一通り終わった後、「もし申し込みいただけるなら、何月何日までに入金をお願いします」と言われ振込先の紙を渡され終了。

    「あれ、これで終わり?」という感じ。セールストークで売り込まれたらどうしよう…と不安に思っていましたが、心配無用でした。押し売りやセールストークは一切ありません。

    この日はこのまま帰りました。全部で1時間程度です。

     

    プログリットのことが、少しでも気になる方は無料カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

     

    期間

    ⇒押し売りはなし! プログリットで60分のオンライン無料カウンセリングを受けてみる!

    プログリットを受講した感想【プロジェクトマネジメントと同じ】

     

    プログリットの学習の進め方は、いわゆるプロジェクトマネジメントです。

     

    事前にスケジュールを立て、一日ごと一週間ごとに振り返り学習の進め方を改善していくスタイルです。もちろんコンサルタントがサポートしてくれます。

    プロジェクトマネジメントではPDCAが基本です。PDCAとは立てた計画を、実践しながら改善する手法のことです。P(Plan)、D(Do)、C(Check)、A(Action)の頭文字をとったものです。

     

    プログリットでの学習はPDCAサイクルを回し続けるものでした。

    ポイントとなるのは以下の5点です。

     

    PROGRITでの学習法5つのポイント
    1. 個人に合わせた詳細な学習プランの設計
    2. クラウドサービスでスケジュール管理とフィードバック
    3. チャットアプリで日々の学習報告とコンサルタントからのフィードバック
    4. 毎週の面談で一週間の進捗確認と次週の方向性をすり合わせ
    5. 対面の英会話レッスンはない

    以下で詳細を説明します。

    詳細な学習プランの設計

    無料カウンセリングで大まかな学習プランを立てましたが、担当のコンサルタントがついてから、再度詳細に計画を立てました。当然、カウンセリングの情報は共有化されています。

    まず、現状の英語レベルと目標の確認、および英語学習時間をいかに捻出するかを話し合いました。

    私の場合は無料カウンセリング時と状況は変わっていませんでした。そのため、基本的にはカウンセリング時に立てた学習プランに沿って進めることにしました。

    PROGRITのオーダーメイドカリキュラム

    クラウドサービスでスケジュール管理とPDCAを回す

    私の受講時は、Googleスプレッドシートで学習内容とスケジュールを管理しました。
    以下のようなシートです。

    PROGRITの一週間スケジュール表

    週のはじめに、一週間の予定を細かく記入します。

    「月曜日には単語をやる」のようにザックリしたものではなく、「朝7:00-7:30はシャドーイング、夜22:00-22:30は単語」のように詳細な計画です。

    毎晩、その日の学習内容をシートに記入します。実際に記入することで、何ができて何ができなかったかを振り返ることができるようになります。

    そして、学習継続にあたり問題が生じたときに対処できるようになるのです。
    これがPDCAの”Check”と”Action”の機能を担います。

    修正が必要な場合は、コンサルタントからアドバイスが入ることもあります。

     

    また、毎週の面談前に一週間の振り返りを記入します。

    このように毎日、毎週と振り返り、修正することでPDCAを高速で回す仕掛けとなっています。

    日々の学習報告とフィードバックの効果

    上記のスプレッドシートに加え、チャットアプリで毎日の学習内容をコンサルタントに報告します。
    学習開始、および終了時にメッセージを送っている人もいるようでしたが、面倒だったので私はひと塊の学習が終わったタイミングで、学習時間と内容を送りました。

    チャットに記録を残すことで、スプレッドシートに記入する際に思い出しやすくなりました。

     

    また、学習が滞っていると、コンサルタントから咤激励のメッセージがくるようです。幸い私は一定のペースを守れたので、このメッセージを受け取ることはありませんでした。

     

    さらに一日の終わりに、その日トレーニングしたシャドーイングの音声をアプリで録音して送りました。

    すると、次の日の午前中にはシャドーイング音声に対するフィードバックがきます。よかった点、改善できる点をコメントしていただきました。以下のようなフィードバックです。

    LINEを使ったシャドーイングフィードバック例

     

     

    見ていただくとわかるように、非常に詳細ですぐに実行できるフィードバックです。

    毎日フィードバックを受けられるため、翌日のシャドーイングの練習に活かせるのでとても役に立ちました。

     

    プログリットでは”VERSANT”というスピーキングのテストを、受講前後で受けます。VERSANTは世界中の大手企業や大学で採用されているスピーキング力を測定するテストです。

    私は、通常伸ばすのが難しいと言われる「流暢さ」と「発音」が伸びました。このシャドーイングのフィードバックのサイクルを回し続けたおかげです。

    毎週の面談で、一週間の進捗確認と次週の方向性をすり合わせ

    毎週決まった日時に校舎に行き、コンサルタントと面談をします。

    面談では以下の内容を行いました。

    PROGRIT週1回の面談内容
    • 学習の進捗確認と困っていることの相談
    • 瞬間英作文のチェックテスト
    • 単語帳のチェックテスト
    • 来週の課題のすり合わせ

    毎日、進捗を報告しているので面談もスムーズです。

    チェックテストの出来栄えを確認し、取り組んでいる課題がクリアできているとコンサルタントが判断したら、次のレベルの課題に移行する仕組みでした。

    対面の英会話レッスンはない

    対面の英会話レッスンはありません。ネイティブ講師もいませんでした。なぜなら、英語力向上にネイティブとの英会話レッスンは不要だから。

    ネイティブは英語を話せますが、英語を教えるプロではありません。英会話で必要なのは「壁打ち相手」です。

     

    実際、第二言語習得理論のデータを見ても、英語力向上にネイティブとの会話は必要ありません。原則は「大量のインプット、少量のアウトプット」です。

    プログリットでは、少量のアウトプットにオンライン英会話を使いました。

    ※オンライン英会話はコースとは別料金です。

    ここまで、プログリットでの学習の進め方を解説してきました。
    以下では、より詳細な学習内容を使用したテキストも含めて紹介してきます。

    プログリットが使用するテキストと学習内容

    プログリットのHPを見ると市販テキストを使用すると書いてあります。なぜなら、すでに世の中には良質なテキストが数多くあるから。

    実際、書店に行けば大量の良質なテキストがありますし、私が使ったのも市販テキストでした。

    ただしこれらのテキストを購入して独学でやっても、私と同じ効果を得るのは難しいです。

    理由は3つあります。

    理由1|私にマッチしていたテキストが、あなたに合うとは限らないから

    理由2|英語上達に求められる学習の量と質を一人で継続するのは難しいから

    理由3|学習内容を軌道修正するため、フィードバックを受けることが大事だから

    そのため自分にあった学習プランを設計し、継続する仕組みとフィードバックを受ける環境を準備することが重要です。

     

    プログリットで使った教材やテキストの詳細は以下の記事にまとめました。

    ご参考:プログリット(PROGRIT)で使う教材やアプリは市販品?【詳細に解説】

    シャドーイング

    英語特有の音認識を自動化するためにトレーニングを行いました。

    7~8分くらいのTED教材を、2か月で2本こなしました。それぞれのTED教材を、1分くらいの長さに分けて訓練します。その音声を毎日50回くらいシャドーイングしました。

    実際にやってみるとわかりますが50回繰り返すのは結構きついです。一日ならともかく2か月ともなると、めげそうになります。

    一日の最後に自分のシャドーイング音声を録音して送付、フィードバックをもらいました。チャットアプリでのフィードバックは大変励みになります。

    冒頭に、プログリットを受講して、VERSANTというスピーキングテストで「流暢さ」「発音」の点数が大幅に伸びたことを紹介しました。これは、毎日シャドーイングのフィードバックを受けていた効果です。

    瞬間英作文

    英語学習者に有名なスピーキングのトレーニング本です。

    言いたいことを、知っている構文と単語を使って瞬間的に英文化するためのトレーニングとして行いました。2か月で関連本を3冊こなしました。

    2週間くらいで1冊を頭から最後まで実践しました。

    口になじむまで、それぞれの本を2~3周くらいやります。

    これも、効果があるとわかっているのですが、単調で飽きてきます…

    事前に計画を立て、コンサルタントに報告する仕組みがなければ、挫折していたかもしれません。

     

    英単語

    キクタン写真

    語彙のベースラインを高める目的で行いました。
    キクタン TOEIC800、キクタン TOEIC990、の二冊です。

    10日程度で1冊を通して行い、復習を繰り返しました。「単語はとにかく繰り返し出会うことが重要」とのコンセプトのようでした。

     

    実際、人の記憶に定着させるには、「思い出そうとする行為」が一番有効です。

    そのため、復習を繰り返し「あれ、この単語の意味は何だったかな?」と思い出そうとすることで記憶に定着していきます。

    オンライン英会話

    スピーキングの「概念化(思ったことを文章にする力)」を鍛えるために行いました。市販のサービスを使います。いくつか候補がありましたが、コンサルタントと相談し私はDMM英会話を使うことにしました。

     

    なぜなら、DMM英会話にはテーマ別ディスカッションのサービスがあるからです。

    DMM英会話のレッスンはプログリットと直接関係ありません。しかし、概念化のトレーニングに有効なため学習プランに取り入れました。

    具体的には”Agree or Disagree”です。

    ある主張に対して「賛成か反対」のスタンスを取り、そのあとに理由を説明する必要があるからです。つまり、英語でロジカルに話す訓練になります。

    一例を示すと、「ソーシャルメディアに年齢制限を設けるべきか?」と講師から聞かれます。これに対して、間を置かずに答えることが求められます。

     

    たとえば、以下のように答えます(当然英語です)。

    「私は不賛成です。理由は2つあります。1つ目は、今後ますますオンラインでコミュニケーションする機会が増えるため、小さい頃から慣れておいた方がよいからです。2つ目は、そもそも規制をしてもイタチごっこになるため効果が薄いからです。」

    という感じです。

     

    実際は賛成でも不賛成でもどちらでもよいのです。論理的に聞こえる話の組み立てを、英語で瞬時に行うためのトレーニングです。

     

    正直、過去の経験から英会話スクールで先生とチャットするだけでは、ほとんど意味がないと感じていました。しかし、このトレーニングはとても有効だと感じました。

    このトレーニングを、週末中心に週2~3回行いました。

    多読

    英語をインプットするスピードアップのために行いました。1分間に何文字読めるかの指標WPM(Words Per Minutes)を計測しながら読みました。

    仮目標はWPM150です。1分間に150語読む速度です。なぜならTOEICの音声がWPM150程度だからです。

    平易な語彙で書かれた「ラダーシリーズ」を10冊読みました。

    プログリットのよくない評判とネガティブポイント

    ここまでプログリットのよい面を紹介してきました。

    良くない評判やネガティブな点はあるのでしょうか。

    PROGRITのネガティブポイント

    ポイント1|他の受講生との交流がない

    ポイント2|ネイティブとの英会話のレッスンがない

    ポイント3|校舎が少なく遠方の人は通いづらい

    ポイント4|価格が高い

    他の受講生と交流がない

    たしかに、他の受講生との交流はありませんでした。毎週の面談も、個室に直行して終わったらそのまま退出するので他の受講生の顔は見ませんでした。

    私は特に気になりませんでしたが、他の受講生と交流したい人は物足りないのかもしれません。

    ネイティブとの英会話レッスンがない

    「ネイティブとの英会話レッスンがない」のはPROGRITのネガティブポイントの一つです。口コミで見かけることもあります。

    「せっかく英会話力を身に着けたいのに、ネイティブとの英会話レッスンがないのは物足りない」と感じるようです。

     

    しかし、あなたの目的が「英語力を伸ばすこと」であるなら、ネイティブと英会話レッスンをすることはそれ程重要ではありません。

    なぜなら、ネイティブのレッスンを受けても英会話は上達しませんし、もっと効果的に英語力を伸ばす方法があるからです。

    実際、私は過去にネイティブ講師がいる英会話スクールに一年通ったことがありますし、ネイティブ講師とマンツーマンレッスンを一年続けたこともあります。

    しかし、これだけネイティブ講師から英会話レッスンを受けても、ほとんど英会話はできるようになりませんでした。

    つまり、「ネイティブから英会話レッスンを受けると、英語力が伸びる」というのは幻想なのです。

     

    それよりも、科学的なトレーニングに取り組む方が、効率的に英語力を伸ばせます。

    実際、第二言語習得論と呼ばれる、外国語習得のプロセスを研究する学問では、効率的に英語力を伸ばすには「大量のインプットと少量のアウトプット」が大事と言われています。つまり、ネイティブとの英会話レッスンよりも、自習が重要ということです。

    校舎が少ない

    プログリットの校舎は全部で10校です(関東:8校、名古屋:1校、大阪:1校)。近くに校舎がない方は、なかなか通いづらいと感じるかもしれません。

    しかし、プログリットにオンラインコースが開設されました。

     

    ⇒【オンライン無料カウンセリング有り!】プログリットのオンラインコースの詳細はこちら!

     

    ポイントを以下にまとめました。

    PROGRITオンラインコースのポイント
    • 生徒一人に専属コンサルタント一名(通学コースと同じ)
    • チャットアプリで日々の課題に対するフィードバック(通学コースと同じ)
    • オンラインで進捗管理と学習のフィードバック(通学コースと同じ)
    • 毎週の面談→オンライン会議アプリZOOMを使用。ホワイトボード共有や資料共有も可能(オンラインコース特有)

    要は毎週の面談にオンライン会議アプリを使うだけで、他は通学コースと変わりません。

    実は私が実際に受講して感じたのは、毎週の面談も対面ではなくオンラインで実施できるだろうということ。なぜなら、面談内容が体系化されているからです。

    上述したように、面談で実施するのは以下の内容で、担当コンサルタントとマンツーマンです。

     

    • 学習の進捗確認と困っていることの相談
    • 瞬間英作文のチェックテスト
    • 単語帳のチェックテスト
    • 来週の課題のすり合わせ

    このように面談内容が体系化されているため、オンラインでもまったく問題がないでしょう。

    オンライン会議をやったことがある人なら想像できると思いますが、マンツーマンであればほぼストレスなく話ができます。

     

    実際、私もZOOMを使ったことがありますが、マンツーマンの会話に困ったことがありません。

    校舎が少なく遠方の人が通いづらいのは、プログリットの大きな弱点だと感じていました。しかしオンラインコースができたことで、この懸念点が解消されたと言えます。

     

    価格が高い

    たしかにプログリットの価格は安くはありません。

    プログリットの価格体系は以下の通りです。

    コース2ヵ月プラン3ヵ月プラン

    ビジネス英会話コース

    328,000円

    468,000円

    ⇒368,000円

    (一般教育給付金制度利用時)

    TOEIC®コース

    328,000円468,000円

    TOEFL iBT® / IELTS コース

    468,000円

    ※いずれも別途入会金50,000円が必要

     

    しかし、この価格の捉え方は人それぞれ。

    私の場合は過去に英会話スクールや、ネイティブとのマンツーマントレーニングに100万円以上のお金をつぎ込んでいました。そして、効果は散々たるものでした。

     

    学習法の原則にのっとり、多くの受講生の英語力を伸ばしてきた実績があるスクールへの投資は決して無駄にならないと思います。

    英語スクールの料金の考え方について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

    ご参考:プログリットの料金は高い?英語スクールをコスパで比較すべきでない理由

     

    PROGRITは一般教育訓練給付金制度の対象

    (2019.10.17追記)

    2019年10月14日から、プログリットのビジネス英会話コース(3ヵ月プラン)が厚生労働大臣指定の「一般教育訓練給付制度」の対象となりました。

    一般教育給付金制度とは、一定条件を満たす受講生に対し、受講料の20%に相当する額(最大10万円)がハローワークから支給される制度です

    ビジネスパーソンのスキルアップやキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を目的とした制度です。

     

    一般教育訓練給付金制度を利用すると、ビジネス英会話コース(3ヵ月プラン)が以下の料金になります。

    【通常料金】

    入会金5万円+受講料46.8万円=51.8万円(税別)

     

    【一般教育給付金制度利用】

    入会金5万円+受講料46.8万円ー給付金10万円=41.8万円(税別)

     

    一般教育訓練給付金の給付条件

     1.以下のいずれかに当てはまる場合

    • 初めての制度利用者:雇用保険加入1年以上
    • 2回目以降の制度利用者:前回の支給開始日から3年以上

     2. 面談出席率が80%以上(オンラインコースでも可能)

     3.コース終了後、TOEIC L&R TESTを受講すること(無料)

     4.コース終了後、ハローワークで所定の手続きをすること

     

    英語力を伸ばしスキルアップしたい人は、ぜひ利用したい制度です。詳しくは無料カウンセリングで質問してみて下さい。

    ⇒プログリットで一時間の無料カウンセリングを受けてみる

    プログリットがおすすめな人

    ここまで、私の実体験をもとにプログリットのメリット、デメリットを解説してきました。
    私の体験から、プログリットをおすすめできる人をまとめました。

    PROGRITがおすすめな人
    • これまで何度も英語に挫折してきた人
    • 英会話スクールに通っても、英語力が伸びなかった人
    • 昇進準備、海外出張などのため、短期間で英語力を伸ばしたい人
    • いろいろな英語学習法に目移りしたことがある人
    • スキルアップのため、英語力向上を自己投資と思える人

    これらに当てはまる人は、まずはプログリットの無料カウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

     

    プログリットをおすすめしない人

    PROGRITをおすすめしない人
    • 楽に、簡単に英語力を伸ばしたい人
    • 英会話スクールの先生や同級生と話すのが楽しみな人

    反対に、「本気で英語力を伸ばしたい」すべての人は、PROGRITを検討するべきです。

    よくある質問

    以下でプログリットのよくある質問に回答します。

    語初心者でも効果はあるか?

    この質問に関しては、公式HPのFAQにも書かれています。英語初級者でもまったく問題なく、英語力を伸ばすことができます。

     

    英語初級者だからこそ、正しい学習法と習慣を身に着けることで、大きく英語力を伸ばすことができます。

     

    上級者でも効果はあるか?

    上級者が実践的な英語を身に着けられるのは、プログリットの一つの特徴だと思います。

    TOEICが900点以上あっても、スピーキングが苦手で英語を話せないケースはよくあります。

    実際、私もTOEICは900点ありましたが、英語を話せませんでした。しかしプログリットのおかげで、仕事で使える英語が身に着きました。

     

    返金保証はないの?

    プログリットは30日間の返金保証を設けています。ただし、以下4つの条件があります。

    ①返金保証の申請は、初回面談日より30日以内に行う。

    ②返金保証の申請は、必ず来店のうえ書面で手続きをする。電話その他での申請にはできない

    ③返金保証を利用した場合、以降プログリットの諸施設を利用することはできまない。

    ④2018年8月1日にお申込みいただいた方より適用開始。

     

    仕事が忙しくて毎日2~3時間も続けられるか不安

    プログリットの受講生は忙しいビジネスパーソンです。

    しかし、それでもスキマ時間などを活用することで、毎日2~3時間の学習を継続しています。

    実際、私もプログリット受講当時は残業を月60~80時間程度していましたが、通勤時間やスキマ時間を活用して、毎日2時間の英語学習を確保しました。

    また、コンサルタントが2ヵ月間並走してくれます。ときには励まし、ときには厳しいことも言います。

    一人ではないからこそ、毎日2~3時間の英語学習を続けられるのです。

     

    まずはプログリットの無料説明会を受けてみよう

    ここまで実際にプログリットを受講した体験談や、プログリットのメリット・デメリットを解説してきました。

    少しでも気になる方は、無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

    無料カウンセリングの申し込み方は簡単4ステップです。

     

    独学や英会話スクールで、英語力が伸びないと悩んできた方へ。

    以前の私のように、独学で英語を勉強したり、英会話スクールに通ったりしても、なかなか英語力が伸びずに悩んでいる人は多いかとおもいます。たしかに、努力をしているのですがなかなか成果に結びつかない。

    それは、努力の方向性が間違っているからです。

    これまでと同じことをしていても、得られる結果は変わりません。

     

    相対性理論をつくったアインシュタインは、以下のように言っています。

    「同じ行動をして、違う結果を求めるのは精神異常だ。」

     

    いつまで、同じ行動をくりかえしますか?

    本当に英語力を身につけたいと思うのなら、行動を変えてみるべきです。

    オンライン訴求専用LP

    プログリットの校舎一覧

    最後にプログリットの校舎の所在地を紹介します。

    PROGRIT(プログリット)は関東8校、名古屋1校、大阪1校あります。

    また、遠方の方でも受講可能なように、オンラインコースが開設されています(2018年10月18日)
    オンラインコース

    ●関東

    ・PROGRIT有楽町校

    住所東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階
    最寄り駅有楽町駅より徒歩1分
    銀座駅より徒歩3分
    都営三田線 日比谷駅より徒歩5分
    電話番号03-6259-1370

     

    ・Progrit新橋校

    住所東京都港区新橋2-12-17 新橋INビル3階
    最寄り駅新橋駅 西口より徒歩4分
    内幸町駅 A1出口より徒歩1分
    虎ノ門駅 1番出口より徒歩6分
    電話番号03-6550-9277

     

    ・PROGRIT新宿校

    住所東京都新宿区西新宿1丁目19番6号 山手新宿ビル12階
    最寄り駅JR線 新宿駅 南口より徒歩5分
    都営新宿線 新宿駅 7番出口より徒歩1分
    都営大江戸線 新宿駅 7番出口より徒歩1分
    電話番号03-6258-0884

     

    ・PROGRIT渋谷校

    住所東京都渋谷区渋谷1丁目10-1 八千代ビル6階
    最寄り駅

    東京メトロ・JR・東急線各線「渋谷」駅13a出口から徒歩4分

    電話番号03-6803-8925

     

    ・PROGRIT赤坂見附校

    住所東京都港区赤坂3丁目17-1 いちご赤坂317ビル4階
    最寄り駅東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅 11番出口または10番出口から徒歩3分
    東京メトロ千代田線「赤坂」駅 1番出口から徒歩6分
    東京メトロ半蔵門線・有楽町線「永田町」駅 8番出口から徒歩8分
    東京メトロ南北線「溜池山王」駅 7番出口から徒歩8分
    電話番号 03-6441-0595

     

    ・PROGRIT神田秋葉原校

    住所東京都千代田区神田須田町1-14-1 ヒューリック神田須田町ビル 6階
    最寄り駅神田駅 北口より徒歩4分
    秋葉原駅 電気街口より徒歩8分
    淡路町駅 A1出口より徒歩3分
    小川町駅 A1出口より徒歩3分
    電話番号03-6206-9800

     

    ・Progrit池袋校

    住所東京都豊島区西池袋3丁目 27-12 池袋ウエストパークビル2階
    最寄り駅池袋駅 西口より徒歩3分
    池袋駅 1B出口直結
    電話番号03-5904-8010

     

    ・PROGRIT六本木校

    住所

    東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル5階 (SENQ ROPPONGI内)

    最寄り駅

    東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 4b出口より徒歩1分

    電話番号03-6434-5484

     

    ・PROGRIT横浜校

    住所神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル7階A室
    最寄り駅横浜駅西口より徒歩4分
    電話番号045-548-8450

     

    ●名古屋
    ・PROGRIT名古屋校

    住所愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル6階
    最寄り駅JR線「名古屋」駅 太閤通口 徒歩3分
    名古屋市営地下鉄「名古屋」駅 徒歩5分
    近鉄線「近鉄名古屋」駅 徒歩5分
    名鉄線「名鉄名古屋」駅 徒歩5分
    電話番号052-462-8380

     

    ●大阪

    ・PROGRIT阪急梅田校

    住所大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー11階 1号室
    最寄り駅

    阪急「梅田」駅 茶屋町口改札口より徒歩3分

    大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅 北改札口より徒歩6分

    JR線「大阪」駅 御堂筋北口より徒歩7分

    電話番号06-4256-5690

     

    PROGRIT西梅田校(※無料カウンセリングは、阪急梅田校で実施)

    住所

    大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4-20 桜橋IMビル9階

    最寄り駅JR線 大阪駅 中央口より徒歩6分
    JR線 北新地駅 11-5出口より徒歩1分
    大阪市営四つ橋線 西梅田駅 10番出口より徒歩3分
    阪神本線 梅田駅 D-28番出口より徒歩5分
    電話番号06-6484-5621

     

    ⇒【無料カウンセリング】プログリットの公式HPはこちら

    無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

     

    「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

    「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

    「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

     

    そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

     

    • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

     

    現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

     

     

    カテゴリー
    記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

    例:

    ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

    ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

     どうしたらよいか知りたいです。

    ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

    ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

     

    もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

    もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

    メールアドレス
    質問など

     

    おすすめの記事