【英語コーチが解説】プログリットとライザップイングリッシュを比較~全然違う!~

悩む人
プログリットとライザップイングリッシュって、どっちも短期間で英語力を伸ばすらしいけど、どう違うのかな......? どちらがオススメか知りたい。

 

プログリット(PROGRIT)、ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)はともに人気のコーチングスクールです。

どちらも短期間で飛躍的に英語力を伸ばす効果をうたっており、一見すると違いがわかりづらいと感じます。

 

筆者はプログリット、ライザップイングリッシュともに体験し、両者には様々な違いがあることがわかりました。

一言でいうとプログリットは「自習メイン」、ライザップイングリッシュは「学習メイン」です。

 

大和博
プログリットがおすすめな人、ライザップイングリッシュがオススメな人も解説しますね。

 

プログリットとライザップイングリッシュ4つの違い|プログラム内容の比較

ここまで英語スクールの比較の仕方について解説してきました。

次に、プログリットとライザプイングリッシュのプログラム内容の違いについて説明します。

 

プログリットとライザップイングリッシュ4つの違い
  1. プログリットはコーチングのみ、ライザップイングリッシュはティーチングとコーチング
  2. サポート体制、フィードバックシステムはプログリットが充実
  3. プログリットは、生徒一人一人にカリキュラムを作る。ライザップはレベル別のコース。
  4. プログリットは卒業後の学習プラン作成、ライザップは卒業後の継続プランあり

    プログリットはコーチングのみ、ライザップイングリッシュはティーチングとコーチング

    プログリットは生徒に英語を教えません。コンサルタントは生徒が自習をするのをサポートします。

    いわゆるコーチングです。

    一方、ライザップイングリッシュのトレーナーは、コーチングだけでなく英語レッスン(ティーチング)も行います。

    毎週2回のセッション時に、日本人バイリンガルのトレーナーが対面で英語のレッスンをしてくれます。

    毎日の学習サポートはプログリットが充実

    毎日のサポート体制の充実度はプログリットの方が優れています。

    プログリットでは、コンサルタントにチャットツールで連絡を取ります。「恋人よりも連絡頻度が多い」と言われるほど。

    毎日の学習報告、勉強を進める上での悩みをチャットで送るとコンサルタントがフィードバックをくれます。

     

    さらにシャドーイング音声の添削をしてもらえます。シャドーイングとは、英語音声の後に続いて発声するトレーニングで、リスニングやスピーキングに効果があります。

    しかし、我流でやると思うような成果が出なかったり、間違った発音が定着してしまうことがあります。

     

    なので、プロから添削をしてもらうことが重要。添削をしてもらえれば、改善できるからです。

    プログリットでは、シャドーイングの音声を毎日添削してくれます。

     

    プログリットでは担当コンサルタントが休暇の日でも、代理のコンサルタントがフィードバックをくれるため、文字通り毎日フィードバックを受けられます。

     

    ※効果的なシャドーイングについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

    ご参考:英語シャドーイングの効果とやり方【英会話が上達するコツを伝授】

     

    一方で、ライザップイングリッシュでは、勉強内容の報告や学習の悩みを、トレーナーにメールで報告します。

    24時間受け付けていますが、トレーナーが休みの日(週に2日)には、返信が得られません。

    このようにサポート体制とフィードバックシステムはプログリットの方が充実しています。

     

    プログリットは、生徒一人一人にカリキュラムを作る。ライザップはレベル別のコース

    プログリットでは、無料カウンセリングで生徒の課題を細かく分析して、一人一人に合わせたカリキュラムを作成します。教材やテキストも生徒により異なります。

    さらに、学習の進度により柔軟にカリキュラムを修正していきます。

    ご参考:プログリット(PROGRIT)のカリキュラムと内容【スケジュールも公開】

     

    一方、ライザップイングリッシュは無料カウンセリングで、生徒のレベルを判定します。

    そして、そのレベルに応じたコースを提案するシステムです。

    つまり、カリキュラムや教材は決まっており生徒一人一人にカスタマイズするわけではありません。

     

    プログリットは卒業後の学習プラン作成、ライザップは継続プランあり

    卒業後のサポート内容にも違いがあります。

    プログリットは、コンサルタントが卒業時に一年間の学習プランを詳細に作成してくれます。

     

    一方、ライザップイングリッシュには継続プランがあります。通常のプランより少し安く設定されています。

     

    プログリットとライザップの料金や支払い方法の比較

    コース期間プログリットライザップイングリッシュ
    TOEIC対策2ヵ月38.06万円36.08万円
    3ヵ月54.45万円49.5万円(※1)
    4か月なし63.08万円
    6ヵ月106.92万円なし
    英会話2ヵ月38.06万円43.78万円
    3ヵ月54.45万円(※2)58.08万円
    4ヵ月なし72.38万円
    6ヵ月106.92万円(※2)なし
    支払い方法

    現金一括、分割、

    クレジットカード

    現金一括、分割、

    デビットカード

    (注)プログリット、ライザップイングリッシュとも入会金5.5万円が必要。

    (※1、※2)

    ライザップイングリッシュのTOEIC対策コース(3ヵ月プラン、6ヵ月プラン)、プログリットのビジネス英会話コース(3ヵ月プラン)は厚生労働大臣指定の「一般教育訓練給付制度」の対象です。

     

    一般教育訓練給付金制度とは?

    一般教育給付金制度とは、一定条件を満たす受講生に対し、受講料の20%に相当する額(最大10万円)がハローワークから支給される制度です

    ビジネスパーソンのスキルアップやキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を目的とした制度です。

    一般教育訓練給付金制度を利用すると、以下の料金になります。

    一般教育訓練給付金制度を使ったときの料金

    ①ライザップイングリッシュのTOEICコース(3ヵ月プラン)

    【通常料金】

    入会金5.5万円+受講料49.5万円=56万円(税込)

    【一般教育訓練給付金制度利用】

    入会金5.5万円+受講料49.5万円ー給付金10万円=46万円(税込)

     

    ②プログリットのビジネス英会話コース(3ヵ月プラン)

    【通常料金】

    入会金5.5万円+受講料54.45万円=59.95万円(税込)

    【一般教育訓練給付金制度利用】

    入会金5.5万円+受講料54.45万円ー給付金10万円=49.95万円(税込)

     

    一般教育訓練給付金制度の給付条件

     1.以下のいずれかに当てはまる場合

    • 初めての制度利用者:雇用保険加入1年以上
    • 2回目以降の制度利用者:前回の支給開始日から3年以上

     2.コース終了後、ハローワークで所定の手続きをすること

    英語力を伸ばしスキルアップしたい人は、ぜひ利用したい制度です。

     

    一般教育訓練給付制度については、以下の記事も参考にしてみて下さい。

     

     

    ⇒【無料カウンセリング】プログリットの公式HP

    ⇒【無料カウンセリング】ライザップイングリッシュの公式HP

     

    料金の比較

    プログリット、ライザップイングリッシュとも料金は同程度です。TOEICコースはライザップイングリッシュの方が安く、英会話コースはプログリットの方がリーズナブル。

    ライザップイングリッシュの英会話コースは、5つのコースがあります。

    コース期間卒業時の目標
    ①Pattern Speaking 12ヵ月基本的な英語でのやり取りや質疑応答ができる
    ②Pattern Speaking 22ヵ月日常や海外旅行において、様々な表現を用いて自分の気持ちや意見を述べられる
    ③Listening3ヵ月日常や海外旅行において、相手が話している内容を英語のまま聞いて、理解できるようになる
    ④Communication 13ヵ月仕事など身近なトピックにおいて、意思表明や情報交換など会話のやり取りを続けることができる
    ⑤Communication 23ヵ月ビジネスなどのシチュエーションにおいて、問題解決のための議論を行ったり、詳細な報告ができる

    ①、②は2ヵ月プランのみ、③~⑤は3ヵ月プランのみしか選べないので注意が必要です。

    支払い方法の比較

    プログリットは、銀行振り込み、クレジットカード払いに対応しています。クレジットカードのみ分割払いにも対応、最大24回払いまで可能です(金利はカード会社によって変わります)。

     

    ライザップイングリッシュは、銀行振り込み、デビットカード払いに対応しています。クレジットカード払いができない点に注意してください。ライザップは自社割賦払い(金利19.8%)を利用して分割払いも可能。支払い回数は3、6、12、18、24、36、48、60回から選べます。審査が必要なので、分割払いを希望する方は、無料カウンセリングの場で聞いてみるとよいでしょう。

     

    プログリットとライザップイングリッシュの無料カウンセリング内容比較

    プログリットとライザップイングリッシュの無料体験内容を以下の表にまとめました。

     プログリットライザップイングリッシュ
    体験の申し込み方

    公式HPから申し込み

    ⇒必要に応じメールで日程調整

    公式HPから申し込み

    ⇒必要に応じメールで日程調整

    身に着く英語力(ビジネス英語・日常会話)

    ビジネス英語

    ビジネス英語

    英語力診断リスニングとスピーキングのテスト⇒一人一人の課題を詳細に診断英文法、リスニング、スピーキングのテストとレベルチェック
    カリキュラムの提案一人一人の課題に応じたカリキュラムの提案ありレベルに応じたコースの提案あり

    体験、説明会の時間

    約1時間約1時間
    体験会の持ち物なしなし

     

    どちらのスクールの無料体験(無料カウンセリング)とも手ぶらでOKです。また、無料カウンセリングに行っても強引なセールスはないので、気軽に参加できます。

    気になるスクールの無料カウンセリングを受け、あなたの目で好みと合うかをチェックすることをおすすめします。

     

     

     

     

    プログリットとライザップイングリッシュのスクール(校舎)比較

     

    次にプログリットとライザップイングリッシュのスクールの所在地、営業時間を比較します。

     

     プログリットライザップイングリッシュ
    スクール所在地

    【東京7校】

    有楽町、新橋、新宿、渋谷、神田秋葉原、池袋、六本木

    【横浜1校】

    【名古屋1校】

    【大阪2校】

    【東京9校】

    銀座、渋谷、池袋、新橋、新宿御苑、日本橋、新宿、秋葉原、赤坂見附

    営業時間

    平日:12:00~21:00

    土日:9:30~19:00

    7:00~23:00
    オンライン受講あり

     

    スクールの通いやすさは一長一短です。

    プログリット、ライザップイングリッシュとも、オンラインで受講が可能です。そのため、家や職場の近くに校舎がない方でも受講しやすいです。

     

    結局どちらがおすすめ? プログリットとライザップイングリッシュ

    ここまで様々な角度でプログリットとライザップイングリッシュを比較してきました。

    結局のところ、どちらがおすすめなのでしょうか? どちらも良いスクールですが、結論としては筆者はプログリットを推します。

     

    「英語力の伸びやすさ」の要素は、スキルを伸ばすために重要な「限界的学習」の要素と、外国語を身につけるプロセスを研究する第二言語習得論を元にしました。

     

    ⇒ご参考:【重要!】科学的な英語学習法5つのポイント|効率的な勉強法の秘訣

     

      プログリットライザップイングリッシュ
    英語力の伸びやすさ総合判断
    明確な目標〇無料カウンセリング時に設定〇無料カウンセリング時に設定
    集中した学習〇集中しないと課題をこなせない〇集中しないと課題をこなせない
    フィードバック◎充実のサポート体制△メール対応+週2回のセッション
    コンフォートゾーンを超える〇大量の課題〇大量の課題
    大量のインプット、少量のアウトプット〇課題の大半はインプット〇課題の大半はインプット
    口コミ〇短期間で英語力アップした口コミ多数〇短期間で英語力アップした口コミ多数
    通いやすさ営業時間

    〇平日12:00~21:00、土日9:30~19:00

    ◎7:00~23:00
    オンラインコースあり

    あり

    料金の納得性料金に大きな差なし
    好みとのマッチング

    あなた次第。

    無料カウンセリングでフィーリングを確認すべき。

    卒業後のサービス一年間の学習計画を作成(無料)継続プランあり

     

    どちらのスクールも短期間でビジネス英語力を伸ばすのに効果的です。しかし、プログリットの方が、より英語力を伸ばしやすいと考えられます。

    なぜなら、フィードバックシステムが充実しているからです。

     

    通いやすさに関しては一長一短です。

    プログリットにはオンラインコースがあるため、近くに校舎がない人でも受講しやすい。

    一方、ライザップイングリッシュは店舗の営業時間が長いため、近くに校舎がある人には通いやすいです。

    最後に、好みとのマッチングに関してはロジックでは比較できません。あなた自身が、無料カウンセリングを受け体感してみることが重要です。

    卒業後はどうなる?

    プログリット、ライザップイングリッシュとも2~3ヵ月で卒業です。卒業後に英語学習を続けられるか、続けられなくなるかも大事ですよね。

    プログリットには生徒が自習を継続するための年間プランを作成するサービスがあり、ライザップイングリッシュには割安の継続プランがあります。

     

    ここにも「自習メインのプログリット、学習メインのライザップイングリッシュ」の特徴が表れています。

    どちらでも英語力を継続して伸ばすことをできますが、自習力が身に着くプログリットの方がコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

     

    【無料】

    プログリットは卒業後にも自習できるようにするため、年間プランを作成

    プログリットは卒業時に、コンサルタントと一緒に卒業後一年間の学習計画を立てます。具体的で詳細な計画です。

    プログリットは「生徒の自習」を重視しています。そのため、卒業する頃には英語勉強の自習の仕方のコツや習慣が身に着いていきます。

    年間プランに従って自習を進めれば、いつまでもプログリットに通わなくても、継続して英語力を伸ばすことができます。

     

    ライザップイングリッシュは卒業後に継続プランあり

    卒業後に割引の継続プランがあります(入会金不要)。

    通常のコースは、16回で328,000円(2ヵ月)、24回で450,000円(3ヵ月)なので継続プランの方がやや割安です。

    セッション回数料金(税別)
    4回74,500円
    8回149,000円
    16回290,000円
    24回420,000円
    32回544,000円
    48回792,000円
    64回1,024,000円

     

    プログリットがおすすめな人、ライザップイングリッシュがおすすめな人

    これまでの比較をもとに、プログリットがおすすめな人、ライザップイングリッシュがおすすめな人をまとめます。

    学習効率にこだわるならプログリットがおすすめ

    プログリットがおすすめな人
    • 効率よく英語学習を身につけたい人
    • 生活習慣を見直し、時間を有効に使いたい人
    • 英語の学び方を身につけたい人

    ライザップイングリッシュと比べ、プログリットは「科学的な学習法」の原則に忠実です。

    そのため、効率よく英語を身に着けたい人にはプログリットがおすすめ。

     

    プログリットでは、コンサルタントと一緒に日々の生活習慣を見直し、英語学習の時間を捻出(ねんしゅつ)します。なので、生活習慣を見直して、有意義に時間を使えるようになりたい人にもおすすめです。

     

    また、プログリットでは英語を学べるだけでなく、「英語の学び方」が身につきます。卒業後も一生役立つスキルを習得したい人にもおすすめできます。

     

    早朝や夜の時間に通いたい人は、ライザップイングリッシュがおすすめ

    ライザップイングリッシュがおすすめな人
    • コーチングとティーチングの両方を受けたい人
    • ライザップブランドに魅力や安心感を覚える人
    • 東京都内に住んでいて、早朝や夜の時間にスクールに通いたい人

    ライザップブランドに魅力や安心感を覚える人には、ライザップイングリッシュがおすすめです。スクール受講期間中、スクールのカリキュラムに素直に従って学習を進める人は英語力を伸ばせます。「このスクールで本当に大丈夫だろうか?」と不安を感じている状態だと、素直に学習ができません。

    そのため、ライザップブランドに安心感を覚えるのであれば、英語学習にもプラスになるでしょう。

     

    また、ライザップイングリッシュは営業時間が長いので、家や職場の近くに店舗があり、早朝や仕事の後にスクールに通いたい人にはおすすめです。

    まとめ|無料カウンセリングで自分とスクールのマッチングを確認しよう

    この記事では、プログリットとライザップイングリッシュの違いを解説してきました。

    一言でいうとプログリットは「自習メイン」、ライザップイングリッシュは「学習メイン」。

     

     

    筆者は実際に両方のスクールを体験し、どちらのスクールもカリキュラム通りに学習を進めれば短期間で英語力を伸ばせるとわかりました。

    少しでも気になったら、実際に無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。小さな一歩を踏み出すことが、あなたのビジネス英語力を伸ばすことにつながります。

     

    筆者のプログリット体験談↓↓↓

     

    ライザップイングリッシュ体験談↓↓↓

     

     

    無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

     

    「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

    「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

    「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

     

    そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

     

    • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

     

    現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

     

     

    カテゴリー
    記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

    例:

    ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

    ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

     どうしたらよいか知りたいです。

    ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

    ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

     

    もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

    もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

    メールアドレス
    質問など

     

    おすすめの記事