産経オンラインコーチングの評判と口コミ|コスパの良い英語コーチング

 

英語コーチングを受けてみたいけど、どこも料金が高い。産経オンラインは料金が安いって聞いたけど、質は大丈夫なのかな......?

結論から言うと、産経オンラインコーチングは月4.2万円で質の高いコーチングを受けられます。

他社スクールのように派手な広告を出していませんが、中身はしっかりしています。

初心者からTOEIC高得点の上級者まで、実践で「使える英語」を身につけたい人におすすめ。

 

この記事では、実際に無料カウンセリングを受けた体験をもとに、産経オンラインコーチングについて詳しく解説します。

 

⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

 

産経オンラインコーチングの基本情報

最初に産経オンラインコーチングの基本情報を紹介します。

基本情報

サービス名コーチング型英会話 短期集中プログラム
受講期間2ヶ月/3ヶ月
入会金 無料
コーチング受講料金82,500円(2ヶ月)/107,800円(3ヶ月)
オンライン英会話受講料金12,760円(2ヶ月)/19,140円(3ヶ月)
合計金額95,260円(2ヶ月)/126,940円(3ヶ月)
サービス内容

・オリジナル学習プラン作成

・スピーキングレベルチェックテスト

・週1回の定期面談

・毎日チャットサポート

・オンライン英会話のおすすめ講師リスト

・成長実感保証

 

産経オンラインPlus(オンライン英会話)の基本情報

産経オンラインコーチングの受講者は、産経オンラインPlus(オンライン英会話)を受ける必要があります。学んだことをアウトプットするためです。

ここでは、産経オンラインPlusの基本情報を紹介します。

レッスン体系マンツーマン
レッスン時間1レッスン25分
受講可能時間早朝5時〜深夜1時
(レッスン開始5分前まで予約可能)
レッスン内容日常会話、ビジネス英会話など様々なトピックに対応
講師フィリピン人講師、ネイティブ講師、日本人講師
料金

月額6,320円
*毎月620コイン付与。
1レッスン20コイン×31日=620コイン

(フィリピン人講師の場合)

 

翌月に持ち越し可能なコイン制

産経オンラインPlusは「コイン制」です。毎月コインが付与されて、そのコインを使ってレッスンを受けられます。

コイン制の特徴は、1月の間に受けられなかった場合、翌月に持ち越せること。

忙しくて思ったようにレッスンが受けられないことってありますよね。オンライン英会話スクールの中には、レッスン枠を消化仕切れなかった場合、翌日に持ち越せずレッスンを受けられなくなってしまうこともある。

せっかくのレッスンが無駄になってしまいます。

産経オンラインPlusの「コイン制」であれば、レッスン枠を無駄なく使えるので安心です。

 

講師によって1レッスンのコイン数が異なる

一点、注意が必要なのが講師によって1レッスンのコイン数が異なることです。

1レッスンあたりのコイン数
  • フィリピン人講師:20コイン
  • ネイティブ講師:300コイン
  • 日本人講師:300コイン

フィリピン人講師を選ぶと、1ヶ月当たり620コイン÷20コイン=31日(=毎日)レッスンを受けられます。

ただしネイティブ講師や日本人講師のレッスンを受けると、1ヶ月で受けられるレッスン数が少なくなるので注意が必要です。

 

    なぜ、英語コーチングが必要なのか?

    産経オンラインは、オンライン英会話(産経オンラインPlus)を提供しています。

    なぜ、わざわざ英語コーチングが必要なのでしょうか?

    それは英語コーチングを受けると、短期間で英語力を伸ばしやすくなるからです。

     

    下の表は英語コーチングとオンライン英会話の比較です。

    英語コーチングは専属のコーチ(カウンセラー)が、生徒一人ひとりの学習を徹底サポートしてくれます。

    だから、無駄なく学習を進められ短期間で英語力が伸びます。

     

    とはいえ、すべての人に英語コーチングが必要なわけではありません。

    最初に、オンライン英会話のみでOKな人の特徴を見ていきましょう。

    オンライン英会話のみでOKな人

    中には英語コーチングが必要なく、オンライン英会話だけでOKな人もいます。

    具体的には次の条件に当てはまる場合ですね。

     

    オンライン英会話のみでOKな人
    • 自分のレベルや課題を把握している
    • 必要な学習法、正しい勉強法がわかる
    • コツコツ地道に学習できる

     

    自分のレベルや課題を把握している

    英語力を伸ばすには、自分のレベルや課題を正確に把握することが重要です。なぜなら、自分のレベルや課題に合った勉強をしないと英語力が伸びないから。

    言い換えると英語力の「現在地」を知るということ。

     

    山登りをするとき、最初に地図で現在地を確認しますよね?

    現在地が分からないと、迷子になってしまうからです。

     

    英語学習も同じで、現在地を把握しないと遠回りをしてしまい、いつまで経っても英語力を伸ばせません。

    しかも、ざっくりとではなく細かく現在地を捉えることが大事。

    たとえば「リスニングが苦手」というのはザックリすぎます。

    • 英語の音の繋がりを聞き取るのが苦手
    • 英語の音は聞けるけど、瞬時に意味を理解するのが苦手

    など、ピンポイントで自分の課題を知る必要があります。

     

    必要な学習法、正しい勉強法がわかる

    自分の課題がわかったら、必要な学習法を実践するのが大事です。

    たとえば「英語の音の繋がりを聞き取るのが苦手」な場合。

     

    「ネイティブがどのように音を繋げて発音するか」と言うルールを覚えたり、シャドーイング(※)で英語らしい発音に慣れたりするのが効果的。

    (※)シャドーイング:英語音声の後に続いて発音するトレーニング

     

    反対にひたすら英語を聞き流すだけでは効果が薄い。なかなか英語を聞き取れるようになりません。

    このように正しい学習法を実践するのが大事です。

     

    コツコツ地道に学習できる

    英語力を伸ばすには、コツコツ学習を続けることが重要です。なぜかと言うと、新しい言葉を身につけるにはどうしても時間がかかるからですね。

    大人が英語を身につけるには、最低でも1,000時間の学習が必要とも言われています。仮に毎日1時間の勉強をしても3年かかります。

     

    たしかに3ヶ月の英語コーチングで飛躍的に英語力を伸ばせます。ですが英語を習得するには、卒業後も継続して学ぶことが欠かせません。

    なので、英語学習を生活に取り入れて習慣化するのが効果的。

     

    逆に習慣化できないと、せっかくやる気になっても三日坊主で終わってしまいます。

    仮に1ヶ月間、頑張って英語学習をやったとしても、燃え尽きてしまい続かなくなってしまいます。

     

    まとめると、英語力を伸ばすには次の3つが重要です。

    • 自分のレベルや課題を把握している
    • 必要な学習法、正しい勉強法がわかる
    • コツコツ地道に学習できる

    これら3つを無理なくできる人は、英語コーチングに頼らずオンライン英会話と独学で英語力を伸ばせます。

     

    英語コーチングがおすすめな人

    逆に、先程紹介した3つのどれか一つでも不安な場合は、英語コーチングがおすすめです。

    その理由は、3つのうちどれか一つでも欠けると英語力が伸びないから。

     

    たとえば次のようなケースです。

    • 自分のレベルや課題はわかるけど、正しい学習法ができているか自信がない
    • 正しい勉強法はわかるけど、かつて英語学習に挫折したことがある

    こういった場合は、英語コーチングがおすすめ。

     

    なぜなら、専属のパーソナルコーチが学習を徹底サポートしてくれるからです。

    英語コーチングのサポート内容
    • 生徒一人ひとりの課題をピンポイントで発見
    • 科学に基づく正しい学習法の提案
    • 学習のモチベーション維持

    これらのサポートがあるので「ちょっと一人で英語学習を続けるのは不安......」という人でも、着実に英語力を伸ばせます。

    さらに正しい勉強法と学習習慣が身につくので、卒業後も継続的に英語力を伸ばして自分の理想に近づくことができます。

     

    ⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

     

    産経オンラインコーチングのプログラム内容

    続いて産経オンラインコーチングのプログラム内容を紹介します。

    プログラム内容
    1.  スピーキングのレベルチェックテスト
    2.  初回カウンセリングの内容
    3.  週一回の定期面談
    4.  アプリを使った日々の学習サポート
    5.  おすすめ英会話講師リストを紹介
    6.  成長実感保証

    スピーキングのレベルチェックテスト

    産経オンラインコーチングに申し込むと、スピーキングのレベルチェックテストを受けます。

    CASEC SPEAKING(キャセック・スピーキング)と呼ばれるものです。20分くらいのテストで、喋った音声をアメリカ人のネイティブがチェックして採点する仕組みです。

     

    このテストを受けると「単語力」、「文法力」、「流ちょうさ」など細かく分類して採点してもらえます。なので、自分のスピーキング力の課題がわかります。

     

     

    産経オンラインコーチングでは、このテストを受講開始時と終了時に受け、成長度合いを測ります。

     

    初回カウンセリングの内容

    日本人専属カウンセラーとの初回カウンセリングでは、次のことを行います。

    初回カウンセリングの内容
    • 簡単な英語レベルチェックと学習目的の確認
    • 1日の時間の使い方の確認
    • 学習プランの作成

     

    簡単な英語レベルチェックと学習目的の確認

    最初にコーチが簡単な英語レベルチェックを行います。

    事前にCASEC SPEAKINGのテストを受けているので、確認の位置付けです。

    単語や文法などのチェックをします。

     

    続いて学習目的を確認します。

    • ビジネス英語を身につけたいのか
    • 日常会話ができればOKなのか

    など、英語を学ぶ目的をコーチとすり合わせます。オリジナルカリキュラムを作るのに必要になるからですね。

     

    1日の時間の使い方の確認

    英語コーチングを受けるにあたり、1日の学習時間は重要です。

    特に仕事をしている社会人は、英語学習の時間を作るのは簡単ではありません

    スクールによっては「毎日3時間の勉強をしてください」と言うところもありますが、特に忙しい人にとっては現実的ではありませんよね。

     

    生活スタイルを大きく変えたり、家族との時間を削らないといけなくなったりしてしまうからです。

    たとえ英語力を伸ばすため出会っても、生活が崩れてしまったり燃え尽きてしまったりしては、本末転倒です。

     

    英語学習は無理なく続けることが大事。

    だから、今の生活を無理して変えない範囲で捻出(ねんしゅつ)できる学習時間をカウンセラーとすり合わせるのです。

     

    人によっては1日1時間確保できる人もいますし、1日30分の人もいます。

    理想的な姿はスクール受講中に正しい学習法と習慣を身につけて、卒業後は自力で英語学習を続けることです。

     

    学習プランの作成

    これらの情報を踏まえて、カウンセラーが一人ひとりの学習プランを作成します。

    市販の教材と、オンライン英会話レッスンを組み合わせるオリジナルカリキュラムです。

     

    たとえば次のような学習プランです。

    1週間の学習プランの例

    1週間の学習プランの例
    • オンライン英会話:週4回以上
    • 英検2級 英作文の過去問:1題
    • Basic(英単語帳):Part1 65, 66
    • Daily(英単語帳):Skit89-91 ※速読を意識して、派生語まで頑張る
    • Grammar master(文法):ここまでの復習。ミスした文法をノートにまとめる。

    このように、かなり細かく学習プランを作ってもらえます。

    だから、毎日何をやれば良いかが明確です。

    「今日は何をやろうかな......」、「次は何をやったらいいんだろう......」と迷うことがないので、無駄な時間がなくなり学習に集中できます。

     

    週一回の定期面談

    カウンセラーと毎週オンラインで面談を行います。

    内容は次の通り。

     

    定期面談の内容
    • 一週間の学習内容の確認テスト
    • 次週の学習プラン見直し

     

    最初に一週間で学んだことが定着しているか、チェックテストを行います。勉強した範囲の構文や単語などの理解度チェックをします。

    このときに重要なのは「勉強した英語を使えているか? 話せているか?」ということです。

     

    なぜなら単に「知っている知識」を増やしても英語を使いこなせるようにならないから。「知っている知識」を「使える知識」にするのが英語力を伸ばす秘訣です。

     

    単に生徒に教材をやらせるだけならコーチングはいりません。

    学習した内容をきちんと定着させ、実践で使えるようにすることにコーチングの価値がある。

     

    もし身についていない構文や単語があったら、次週の課題にもう一度組み込むなど進捗を調整していきます。

    そうすることで「勉強して新しい知識を得る→実際に使えるようになる」という流れを作れるというわけです。

     

    アプリを使った日々のサポート

    定期面談だけでなく、アプリを使って日々の学習をサポートしてくれます。

    具体的には“Study Plus”というアプリ。このアプリを使うと、学習内容や勉強時間を「見える化」することができます。

     

     

    また、学習状況をカウンセラーと共有するので、毎日ちゃんと課題をこなせているかをチェックしてもらえます。

    「カウンセラーが見ている」と思うと、「頑張らなきゃ」という気持ちになりますよね。

     

     

    さらに、Study Plusにはチャット機能がついているので、カウンセラーに質問をすることができます。

    • 教材の解説を読んでも分からない箇所を質問
    • オンライン英会話を受けて、分からなかったことに対する質問

    など、どんな質問でもOKです。

     

     

     

    さらに、カリキュラムに関係ない質問をしてもOKです。

     

    たとえばアメリカ在住で子供の学校を探している生徒がいたそうです。ただ、学校の先生とのやりとりが難しくて理解ができずに困っていました。

    そこでカウンセラーに学校の先生からのメールを見てもらい意味を教えてもらったり、学校に送るメールの添削をしてもらったりしたとのこと。

    プロに質問をして、日々感じる疑問点を解消できるのは良いですよね。

     

    おすすめ講師リストを紹介

    産経オンラインコーチングは、カリキュラムの一環としてオンライン英会話を受講します。

    筆者も経験したことがありますが、オンライン英会話は講師の数が多く誰を選べば良いか分からなくなってしまいます。

     

    「自分のレベルに合った講師を選ぶにはどうしたらいいんだろう......」という感じです。

    色々考えて講師を選んでも、レッスンを受けると「なんかイメージしていたレッスンと違った......」というケースも多々あります。

     

    産経オンラインコーチングでは、カウンセラーから「おすすめの講師」を紹介してもらえます。

    • 受講時間
    • レベル
    • 学習目的

    などを踏まえて提案をしてもらえます。

    自分に合った講師を教えてもらえると、オンライン英会話を有効に活かせます。

     

    成長実感保証

    産経オンラインコーチングには「成長実感保証」と呼ばれる制度があります。

    きちんとプログラムを受講したのに最終のレベルチェックテストで、受講前のレベルより上がらなかったら、1ヶ月無料で延長する制度です。

     

    「本当に英語力が伸びるのだろうか......?」という人も保証制度があると安心ですね。

     

    ただし「成長実感保証」を受けるには条件があります。

    成長実感保証の条件
    • カウンセラーから出される全ての課題を予定通りに実施
    • 月間20回以上のオンライン英会話を受講
    • すべての定期面談に出席

    上記の条件を満たせば成長実感保証を受けられます。

    逆に言うと、プログラム通りに実践すれば生徒の英語力をレベルアップさせる自信があるということです。

     

    ⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

     

    産経オンラインコーチングの評判と口コミ

    続いて産経オンラインコーチングの評判と口コミを紹介します。

    部署異動のため、会議や来日顧客のアテンドといった業務が発生しました。急に英語の使用頻度が上がってしまいました。聞くことより話すことに極端な苦手意識がありました。英語でのコミュニケーションをもっとスムーズにするために受講。当時はTOEIC485点でした。

    TOEIC600レベルを目標にして、オンライン英会話の他、基礎構文集や単語集に取り組みました。思った以上に結果が出てよかったです(TOEIC685点)!自分一人では思いつかない勉強法を教えてもらいました。正しい語順で話すことを身につけるのは大事ですね。

    産経オンラインコーチング 公式HP

     

    最初にカウンセリングを受けた際に、学習コンサルタントには、「基礎文法は問題なく習得できているけれど、語のつながりやイントネーションの付け方の習得が必要。会話に活かせていない」点を指摘されました。


    自分としては、文法が弱点で理解できていないと思っていましたが、最低限の文法は理解できているのだと気づかせてもらえたと同時に、実際に口に出して練習することで会話のスキルが上がったと思います。

    過去に、単発のカウンセリングを受けて学習方法のアドバイスを頂いたことがあるのですが、学習を進めるなかで出てきた疑問を解決できる場が欲しくて、今回は集中プログラムを受講しました。

     

    集中プログラムでは学習コンサルタントへアプリを通して、無制限に質問することができ、疑問をそのままにせずに学習を進められたので大変助かりました。

    また、CASEC SPEAKINGというテストを受講前後に受けることで,成長を実感できたことも良かったです。

    受講前:160点→受講後:200点(満点)

    産経オンラインコーチング 公式HP

     

    口コミをまとめると
    • TOEICスコア200点アップ
    • スピーキングテストのスコアアップ(満点獲得)
    • カウンセリングで、自分の現状レベルを的確に指摘してもらえた。自分の想定していた課題は実際にはできており、課題は別のところにあると分かった

    カウンセラーが的確に課題を見つけ、最適な学習カリキュラムを作ってくれるからこそ、短期間で英語力を伸ばせるわけです。

     

    ⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

    産経オンラインコーチングと他社の比較

    産経オンラインコーチングプログリットイングリッシュカンパニーライザップイングリッシュトライズレアジョブ
    スマートメソッド
    受講期間3ヶ月3ヶ月3ヶ月3ヶ月12ヶ月4ヶ月
    合計料金
    (入会金+受講料金)
    12.69万円59.95万円59.95万円63.58万円158.45万円55万円
    1月当たり料金4.2万円20万円20万円21.2万円13.2万円13.8万円
    英会話レッスン毎日なし週2回週1回週3回週5回
    サービス内容-オリジナルカリキュラム作成
    -週1回面談
    -チャットサポート
    -オリジナルカリキュラム作成
    -週1回面談
    -チャットサポート
    -オリジナルカリキュラム作成
    -週2回面談
    -メールサポート
    -レベル別コース
    -週2回面談
    -メールサポート
    -オリジナルカリキュラム作成
    -2週に1回面談
    -メールサポート
    -レベル別コース
    -4ヶ月に5回面談
    -メールサポート

    料金が安い理由

    他社のコーチングスクールと比べると、料金の安さが目を引きます。

    なぜ産経オンラインコーチングは料金が安いのでしょうか?

     

    その理由は、完全オンラインで校舎を持たないからです。

    都心部など利便性の良い場所に校舎を構えるスクールの場合、どうしても土地代や校舎の賃料がかかってしまいます。そうするとコストがかさみ、受講生の料金も高くなりがち。

    産経オンラインコーチングは校舎を持たないため、リーズナブルな料金で英語コーチングを提供できるわけです。

     

    ⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

    よくある質問

    産経オンラインコーチングについて、よくある質問をまとめました。

     

    仕事が忙しくて続けられるか不安です

    英語力を伸ばすには、どうしてもある程度の時間の学習を続けることが必要です。目安としては毎日1時間程度。

    とはいえ、仕事が忙しい社会人が無理をして英語学習すると、生活や体調が崩れてしまう恐れがあります。

    なので、産経オンラインコーチングではカウンセラーと相談しながら、隙間時間などを使って無理なく学習できるようプランニングします。

     

    過去にオンライン英会話に挫折してしまったことがあります

    オンライン英会話に挫折した経験がある人は多いはず。一人で計画して学習を進めないといけないからです。

    コーチングプログラムでは、カウンセラーが生徒一人ひとりに合わせた学習計画を作成してくれます。

    オリジナルカリキュラムにそって勉強すると、学習に対する迷いがなくなり着実に成長を感じられるようになります。

     

    また、チャットを通じてサポートを受けられるので学習習慣も身につきます

     

    カウンセラーはどんな人ですか?

    色々な人がいますが、英語の専門家ばかりです。

    • 通訳や通訳ガイドを本業にしている人
    • 塾の講師をしていた人
    • 産経オンラインPlusでオンライン英会話の講師もしている人

    英語の専門家なので安心して学習サポートを任せられます。

     

    初心者でも大丈夫ですか?

    もちろん大丈夫です。

    中学レベルの単語や文法から始めるので問題ありません。

    もともと産経オンラインコーチングは初心者向けに作られたプログラムなので、初心者でも着実に英語力を伸ばせます。

     

    中上級者でも受講できますか?

    はい、受講できます。

    「TOEICスコアは高いのに英語を話すのが苦手」という中上級者に特におすすめです。

     

    ⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

     

    産経オンラインコーチングがおすすめな人

    実際にカウンセリングを受けた経験も踏まえ、産経オンラインコーチングがおすすめな人をまとめました。

    おすすめな人
    • 確実に「今」、英語力を伸ばしたい
    • 転勤や部署異動で急に英語が必要になった
    • 外国人が同僚になった
    • 過去に英語学習に挫折した経験がある
    • コーチングに興味があるが、費用を抑えたい

    リーズナブルに、短期間で英語力を伸ばしたい人は無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

     

    まとめ|産経オンラインはコスパの良い英語コーチング

    産経オンラインコーチングでは、リーズナブルな料金で質の高いコーチングとオンライン英会話を受けられます。

    たしかに英語コーチングは、短期間で英語力を伸ばせる良いサービスです。しかし、50万〜100万超の料金をポンと出せる人は多くありません

     

    産経オンラインなら月4.2万円で質の高いコーチングを受けられます。

    「コーチングを受けて短期間で英語力を伸ばしたいけど、コスパも重視したい」という場合は、産経オンラインコーチングがおすすめです。

     

    まずは無料カウンセリングで相談してみてください。実際に話を聞くと、記事を読むだけでは分からない雰囲気や自分との相性がわかりますよ。

     

    ⇨【無料カウンセリング】産経オンラインコーチングの公式HPを見る

    カテゴリー
    ビジネスで成果を出せる英語力とは?

    あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

    TOEICの勉強をしたり、英会話スクールに通ったりしても、一向に英語で仕事ができるようにならない。

     

    あなたも薄々気づいているのではないでしょうか。いくら英語ができても、仕事で成果を出したり収入をあげたりできない真実に。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり英語が流暢になっても、”ビジネスで成果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    もし、あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいと少しでも思うのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

    メリット
    • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語力アップが仕事の成果につながる。

       

      現在7通の無料メール講座を実施中です。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

       

      /期間限定! 無料PDFプレゼントあり/

      7通の無料メール講座
      おすすめの記事