プログリットのカリキュラム内容とスケジュールを全公開|継続できる3つの理由

「プログリットのカリキュラムはどんなもの?」

「プログリット受講生の学習スケジュールや勉強法を知りたい」

 

この記事では、このような疑問にお答えします。

私はプログリットを卒業して、英会話力を大幅に伸ばすことができました。

受講生の私が、プログリットのカリキュラムや実際のスケジュールについて解説します。

 

↓↓↓筆者のPROGRIT体験談はこちら

この記事でわかること
  • プログリットのカリキュラムは一人一人にカスタマイズされる
  • 自分でスケジュールを立て、振り返る
  • プログリットで実践するPDCAサイクル~3つの時間軸~
  • 毎日フィードバックを受けることの重要性【複利の効果】

    ⇒【一時間の無料診断あり】プログリット料金やコースの詳細はコチラ

     

    プログリット(PROGRIT)のカリキュラムは、生徒一人一人に異なる

    プログリット(PROGRIT)の概要

    プログリットは2016年に創業した、短期集中型の英語コーチングスクールです。

    コンセプトは、「短期間で圧倒的に英語力を伸ばす」です。

    サービス開始から3年で、校舎数は12校(関東:9校、大阪:2校、名古屋:1校)まで拡大。さらにオンラインのみで完結するオンラインコースも扱っています(2019年8月現在)。受講生は5500人を超えています。

    プログリット(PROGRIT)の特徴とカリキュラム

    プログリットが提供するサービスは主に以下の二点です。

    1) 最も学習効率が高い、生徒に合わせた英語学習法を提供

    2) 生徒が毎日2時間以上、学習を継続するため、万全のサポートを提供

    つまり、プログリットは英語を教えません。生徒自身が自習するのをサポートするのです。

     

    従来の英語スクールと異なり、生徒一人一人にコンサルタントがマンツーマンでつき、英語学習をサポートします。

    そのため、プログリットには決まったカリキュラムはありません。

    生徒により英語のレベルや苦手分野が違うからです。

     

    無料カウンセリングでコンサルタントが生徒の英語力をレベルチェックした上で、一人一人に合わせたカリキュラムを作成します。

    プログリット(PROGRIT)のカリキュラムを公開

    私はプログリットのビジネス英会話コースを受講しました。

    コンサルタントが私に合わせて考えてくれたカリキュラムを紹介します。

    詳細は、プログリット(PROGRIT)無料カウンセリングの感想【衝撃の一時間】に書きましたが、無料カウンセリングで英語のレベルチェックをしてくれます。

    その結果を踏まえて、コンサルタントの方が、私向けに2ヵ月のカリキュラム案を作成してくれました。

    この時はまだ入会していなかったので、仮に私がプログリットを受講したら、このようなスケジュールになるというカリキュラムのたたき台です。

     

    コンサルタントと相談してカリキュラムを作成してもらう

    この後、私はプログリットを受講することに決めました。

    プログリットの受講を開始すると、担当のコンサルタントさんがついてくれます(無料カウンセリング時と違う方でしたが、情報は引き継がれていました)。

    下の図は担当のコンサルタントと再度相談し、最終的に作成してもらったカリキュラムです。

    基本的には無料カウンセリングの時に作ってもらったカリキュラム案に沿っています。

    具体的に、スケジュールを立ててもらいました。

     

    学習の進捗を見ながらカリキュラムを修正

    プログリットでは、学習の進捗を見ながらカリキュラムを修正していきます。

    当初立てたカリキュラムより進捗が速ければ前倒しをしますし、遅ければ調整を入れることもあるようです。

    私の場合は、当初の予定より早く課題を進められたので、途中でカリキュラムを修正してもらい、課題を前倒しで進めることにしました。

    受講開始後、2~3週目くらいに見直しました。

    このように柔軟にカリキュラムを修正できるのは、マンツーマンでコンサルタントがついているためです。

    途中でカリキュラムを修正してもらったことで、受講期間を最大限に活かして英語学習を進められました。

     

    自律して学習できるようになる仕組み

    プログリットは、生徒自身が自律して学習できるようになることを目標としています。

    そのため、受講期間中も生徒が自律して学習する仕組みを準備しています。

    たとえば、週の最初に次週の学習計画を詳細に立てます。

    漠然と計画を立てるだけでなく、日々学習する時間帯、場所、やることを細かく計画を立てます。

    そして、一日の終わりに実際の学習時間と内容をシートに記録していきます。振り返りをしながら、気づいたことがあれば随時修正していきます。

    PROGRITの一週間スケジュール

     

    このシートはコンサルタントと共有しますが、基本的には自分で学習を管理するための仕組みです。

    仕事でプロジェクトマネジメントをしたことがある人はわかると思いますが、プログリットの学習管理はプロジェクトマネジメントと同じです。創業者のお二人が一流のビジネスパーソンだったため、プロジェクトマネジメントの考え方を英語学習に取り入れたのだと思います。

    最初は「コンサルタントに報告するため」にシートを記入していましたが、次第に自分の振り返りのためにこのシートを活用するようになりました。

    プログリット(PROGRIT)受講中のスケジュール

    次にプログリット受講中のスケジュールを紹介します。

    週の始めにスケジュールを立てる

    先ほど述べたように、週の始めに一週間のスケジュールを立てます。

    もう一度、先ほどの図を見てください。

    コンサルタントが上の欄に、今週取り組む課題を記載します。

    そして、シートの左側に今週の計画を詳細に記入します。予定時間、場所、学習内容を細かく書き出します。

    PDCAのPlan(計画)に当たります。

    次に、一日の終わりに毎日の学習内容を振り返り記入します。Check(評価)に当たります。

    もちろん計画通りに学習できないこともあります。むしろ、予定通りに進まないことの方が多かったです。

    しかし、それはそれで構いません。

    なぜ、計画通りに進まなかったのか? もっと効果的に学習するには、どのように工夫すればよいか? を考えればよいからです。もちろんコンサルタントもサポートやアドバイスをしてくれます。

    仕事でPDCAサイクルを回している方は多いかと思います。普段、仕事で実践しているPDCAを英語学習に当てはめてみるのです。

    プログリットのPDCAサイクルに関しては、あとで詳細に解説します。

     

    毎日の学習をコンサルタントに報告

    LINEを使ったPROGRITの学習報告

    毎日の学習内容と時間をコンサルタントにチャットで報告します。

    毎日報告する効果は3つありました。

     

    報告義務があるため、学習を頑張ろうという気になる

    プログリット受講中は、基本的に自習を続けることになります。確かに効果はあるのは分かっていても、2ヵ月間の中にはさぼりたくなるときもあります。

    そんなときに、「今日もコンサルタントに報告しないとな」と思うと、「もうひと踏ん張り、頑張ろうか」という気になりました。

    コンサルタントに進捗を把握してもらうことで、学習へのフィードバックをもらいやすくなる

    毎日学習の進捗を報告するため、どの程度課題が進んでいるかをコンサルタントに把握してもらうことができます。

    学習スピードや、課題に費やす時間の配分など修正した方がよいことがあれば、フィードバックをもらえます。

    私の場合は、当初の予定より早く課題をこなせたため、コンサルタントがカリキュラムを修正してくれました。

    進捗を把握してもらっていたおかげです。

    一日の終わりにシャドーイングの音声を提出

    先ほどの図の最後に、音声ファイルを送信した記録があります。

    これはシャドーイングの音声を録音して送信したものです。シャドーイングとは、英語音声をモノマネして発生するトレーニングでリスニング力とスピーキング力の強化に役立ちます。

    コンサルタントが、この音声を聞き毎日添削をしてくれました。このフィードバックを翌日のシャドーイングの練習に活かしました。

    英語シャドーイングの効果とやり方【英会話が上達するコツを伝授】にも書いたように、日フィードバックを受けてシャドーイングのやり方を改善したことにより、2ヵ月間で英会話力を格段に伸ばすことができました。

    このように毎日PDCAサイクルを回すことで、どんどん英語力を伸ばすことができるのです。

     

    一週間を振り返りシートに記入する

    一週間の終わりに、その週の学習で良かったこと、改善点を振り返りシートに記入します。

    毎日の振り返りよりだけでなく、1週間という少し長期のスパンで振り返り改善点を抽出していきます。

    振り返ると学習の進め方に迷いが出てくることもあります。

    このシートもコンサルタントと共有するため、シートに記入しておくことで、コンサルタントとの面談でスムーズにフィードバックやアドバイスを受けることができるようになります。

    週に1回の面談で学習内容を確認し、次週の計画を立てる

    プログリットでは週に一回コンサルタントと面談があります。

    面談は一回一時間で、学習の進捗確認と理解度テストを行い、翌週の計画を立てます。このときにカリキュラムを見直すこともあります。

    コンサルタントが立ててくれた翌週の課題に対して、自分で一週間の学習スケジュールを立てるサイクルを回していきます。

    プログリット(PROGRIT)で実践するPDCAサイクル

    ここまでプログリットのカリキュラムと学習スケジュールについて紹介してきました。

    先ほども述べたように、プログリットの英語学習はPDCAサイクルを重視しています。

    PDCAサイクルとは

     

    PDCAサイクルとは、仕事やプロジェクトの生産性を高めるための進め方で4つの要素があります。

     

    Plan(計画)   進め方の計画を立てる

    Do(実行)   立てた計画に従い実行する

    Check(評価)   実行してみて、よかった点、改善点を抽出する

    Action(改善)   Checkの過程で抽出した内容を踏まえて、計画を改善する

     

    PDCAサイクルは一度回して終わりではなく、何度も何度も循環させることで、どんどん生産性を高めることができます。

    プログリットでは3つの時間軸でPDCAサイクルを回す

    ここまで紹介してきた内容を整理すると、プログリット受講中は3つの時間軸でPDCAサイクルを回していることが分かります。

    プログラム全体のカリキュラムのPDCA

    受講開始時にコンサルタントが、一人一人に合わせたカリキュラムを作成してくれます。

    しかしこれは、あくまで”Plan(計画)”であって決定事項ではありません。

    2~3週間、カリキュラムに沿って学習を進めてみて(Do)、進捗を確認しつつ(Check)、必要に応じてコンサルタントがカリキュラムを修正します(Action)。

    このように、プログラム全体のカリキュラムでPDCAを回しています。

     

    一週間の英語学習のPDCA

    一週間の始めに、学習スケジュールを立ててシートに記入します(Plan)

    自分で立てた計画に沿って学習を進めます(Do)。

    一週間の終わりに振り返りシートに記入しながら、よかった点と改善点をかき出します(Check)。

    この結果をもとに、コンサルタントと相談して学習の進め方を改善していきます(Action)。

     

    これが、一週間単位でのPDCAです。

     

    毎日のPDCA

    プログリットは毎日PDCAサイクルを回すことに徹底的にこだわっています。

    具体的には以下の3点です。

    • チャットツールで毎日の学習内容の報告とコンサルタントからのフィードバック
    • 一日の学習内容をシートに記入して振り返る
    • シャドーイング音声をチャットツールで送り、コンサルタントから24時間以内にフィードバックをもらう

     

    他にも英語コーチングスクールはありますが、ここまで一日のPDCAサイクルにこだわっているところはありません。

     

    毎日PDCAサイクルを回すことの重要性

    実際にプログリットを受講してみて、特に毎日のPDCAサイクルが英語力アップに効果的だったと実感しています。

    かなりラフですが、その理由をイメージ図に表してみました。

    仮に1回のPDCAサイクルで、学習効果を5%改善できるとします。

    2ヵ月の間に、毎日PDCAサイクルを回すと改善できるチャンスは60回あります。一方で週に一度PDCAサイクルを回すだけだと、8回しかチャンスがありません。

    その結果、毎日PDCAサイクルを回した人と、週に1度だけPDCAサイクルを回した人では、2ヵ月後には12倍の差がつくのです。投資の世界で有名な「複利効果」と同じものです。

    あくまでイメージ図ですが、頻繁にフィードバックを受けて改善することで、指数関数的に英語力と英語学習の生産性を高められたと感じています。

    プログリットが毎日フィードバックサイクルを回すのにこだわっている理由は、2ヵ月後に大きな差が出ることが分かっているからです。

    まとめ|プログリット(PROGRIT)のカリキュラムとスケジュールの秘密

    この記事では実際に私が取り組んだプログリットのカリキュラムとスケジュールを紹介してきました。

    プログリットのカリキュラムは生徒一人一人にカスタマイズするものです。

    また、カリキュラムやスケジュールは固定のものではなく、PDCAサイクルを回しながら改善していきました。

    実際に受講して、プログリットが生徒の英語力を短期間で伸ばす秘密は、

    ① プログラム全体
    ② 一週間
    ③ 毎日

    の時間軸でPDCAサイクルを回す仕組みにあると感じました。

     

    特に毎日コンサルタントからフィードバックを受け、改善することが、2ヵ月後に大きな変化を生んでいるのだと思います。

    プログリット(PROGRIT)無料カウンセリングの感想【衝撃の一時間】にも書きましたが、無料カウンセリングだけでもプログリットの凄さに触れることができます。

    少しでも興味を持った方は、無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。きっと驚くはずです。

     

     

    ⇒プログリットでオーダーメイドの英語学習カリキュラムを作ってもらう

    ↓↓↓筆者の体験談はこちら

    “ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたくありませんか?

    「なぜTOEICの点数は、ビジネスに関係ないのご存知ですか?」

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

    あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

    • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語力アップが仕事の成果につながる。

    現在、7通の無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力をお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

    無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

     

    「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

    「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

    「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

     

    そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

     

    • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

     

    現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

     

     

    カテゴリー
    記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

    例:

    ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

    ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

     どうしたらよいか知りたいです。

    ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

    ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

     

    もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

    もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

    メールアドレス
    質問など

     

    おすすめの記事