イングリッシュカンパニーとトライズの特徴を具体的に分かりやすく比較

イングリッシュカンパニーとトライズは、どちらも英語コーチングスクールですが、どのような違いがあるのでしょうか?

両方体験したTOEIC900の筆者が、両者の特徴やおすすめな人を解説します。

 

結論を先に言ってしまうと、以下の通り。

どちらもよいスクールですが、筆者の個人的意見では、英語の学習効率が高いイングリッシュカンパニーを推します。なぜなら、忙しいビジネスパーソンにとって、時短で英語力を伸ばせるのは魅力的だから。

とはいえ、好みや重視ポイントは人それぞれなので、両社の特徴を詳しく解説します。

 

ちなみに、イングリッシュカンパニーとトライズの特徴とおすすめな人をまとめると以下の通り。

イングリッシュカンパニーは科学的な英語学習が特徴。3ヵ月の短期間で、効率よく英語力を上げたい人におすすめ。

トライズは1年間でみっちり1000時間の英語勉強をするのが特徴。特に英会話力をイチから伸ばしたい人におすすめ。

 

イングリッシュカンパニーとトライズのコンセプトと歴史を比較

イングリッシュカンパニーとトライズは英語学習に対するコンセプトや、会社のなりたち(歴史)が違います。

両社のコンセプトと会社の成り立ちを見ることで特徴が見えてきます。

イングリッシュカンパニートライズ
コンセプト

・科学的トレーニングで、効率よく生徒の英語力を伸ばすことを重視

・日本人トレーナーは第二言語習得研究の専門家か、英語を教えるプロ

・根性で勉強するのではなく、「行動科学」の知恵で合理的に続ける仕組みを提供

・ミッションは「Study Smart(学びに合理性を)」

・1年間かけて1000時間の英語勉強することを重視

・日本人コンサルタントはコーチング担当、外国人講師が英会話レッスン担当

・コーチが伴走して英語学習をサポート

会社の成り立ち

・もともと、京都の予備校

・医学部や難関大学受験生向けの学習塾

・社長は元ソフトバンク秘書室

・自身が英語に苦しみ英語力アップした経験をベースに設立

 

 

イングリッシュカンパニーは英語学習効率重視

イングリッシュカンパニーの効率化

イングリッシュカンパニーの最大の特徴は、「科学の力を使って、最高の効率で英語を勉強できる」ということ。

以下の社長インタビュー記事に詳しく紹介しましたが、イングリッシュカンパニーのはじまりは京都の学習塾。医学部や難関大学受験生向けの予備校です。理系の学生が、少ない勉強時間で英語力を伸ばせるように、効率的な英語学習法を開発しました。

⇒ご参考:【社長インタビュー】スタディーハッカー岡健作氏~ENGLISH COMPANY~

 

学習塾で、生徒の英語力を短期間で飛躍的に伸ばした経験を活かして、社会人向けに始めたのがイングリッシュカンパニー。効率よく英語を習得できるため、常時500人待ちともいわれています。

イングリッシュカンパニーの科学的学習法については、「マンガでわかる 最速最短! 英語学習マップ」を読むとイメージが沸きます。

⇒ご参考:「マンガでわかる最短最速!英語学習マップ」の書評【低レビューの理由は?】

 

トライズは英語勉強量を重視|1年で1000時間

トライズ1000時間

トライズは1年間で1000時間の英語勉強することを重視しています。社会人が英語習得するのに必要な時間は1000時間程度と言われているからです。

⇒ご参考:ビジネス英語習得には1000時間必要?

 

トライズのプログラムは創業者 三木雄信社長の経験がベースになっています。三木社長は元ソフトバンク、孫正義社長の秘書室を務められた方です。入社時は英語ができず「このままではクビになる!」と思い、一年間必死に勉強して英語で交渉ができるようになったとのこと。

このときの経験をベースにして、トライズを設立しています。

 

詳しく知りたい方は、「人生最後の英語鬼速やり直し」を読んでみるとトライズの成り立ちが分かります。

 

イングリッシュカンパニーとトライズのコース内容比較

イングリッシュカンパニートライズ
代表的なコース90日間集中プログラム1年間英語マスタープログラム
受講期間3ヵ月(90日)1年
レッスン回数週4回(レッスン+コンサルティング)

週3回(レッスン)

2週に1回(コンサルティング)

グループレッスン受け放題

レッスン内容

完全カスタマイズレッスン

(弱点の強化に特化)

ネイティブとの英会話
レッスン外の自習1日1~1.5時間程度1日3時間程度
講師

日本人専属トレーナー

(英語習得や英語を教える専門家)

日本人専属コンサルタント

ネイティブ講師

学習サポート

・チャットサポート

・「行動科学」をベースに合理的に継続する仕組みを提供

・メールサポート

・コンサルタントによる学習モチベーションサポート

重視する指標TOEICVERSANT(リスニング、スピーキング力を測定するテスト)

 

受講期間、自習時間、講師、学習サポートの考え方、重視するテストの指標などに違いがあります。

一番大きな違いは、受講期間と自習時間。

 

イングリッシュカンパニーは、「学習効率」を重視しており、「無駄な勉強は一切させず英語力を伸ばす」。その結果、1日あたりの勉強時間はトライズの半分程度。

なぜ、この効率が実現できるのか? それは、講師として英語習得や英語を教える専門家を厳選しているから

後ほど詳しく解説しますが、単に「英語ができる」レベルではなく、大学や大学院で専門知識を学んできたばかり。だからこそ、生徒がつまづいているポイントが分かり、効果的なトレーニングができるという仕組み。

 

一方、トライズは「1000時間の英語勉強をする」ことを目指しています。そのため、1年間英語漬けの生活を送り、基礎から英語力を伸ばす思想。独学だと挫折してしまいますが、コンサルタントがフォローをしてくれるので続けられる、という仕組みです。

 

イングリッシュカンパニーとトライズの講師を比較

講師のことを、イングリッシュカンパニーでは「トレーナー」、トライズでは「コンサルタント」と呼びます。両社の募集要項と、講師プロフィールを比較します。

 

イングリッシュカンパニートライズ
募集要項

・大卒以上

・TOEIC850点以上または同等以上の英語スキル

<求める人物像>

・英語の専門的な知識がある方(大学等で専門的に英語を学んだ方は特に歓迎)

学校、塾等での英語の指導経験がある方歓迎

・TOEIC800点以上 (スコアは目安です。コミュニケーション能力を重視します)

・他業種からコンサルタントになったメンバーがほとんど。

 

コンサルタント、トレーナーの募集要項

イングリッシュカンパニーは、トレーナーに英語力の専門性や、指導経験を求めていることがわかります。

イングリッシュカンパニーの募集要項

反対にトライズは他業種から転職する方が多い様子。生徒に寄り添ったコーチングをするため、コミュニケーション能力を重視しています。

トライズの募集要項

 

コンサルタント、トレーナーのプロフィール

また、イングリッシュカンパニーはトレーナーのプロフィールを公式HPで紹介しています。どのトレーナーも、大学で言語学や第二言語習得研究を学んだ方が大半。その他の方は、英語の指導経験があります。募集要項通り、トレーナーの専門性が高いことがわかります。

トレーナー紹介

トライズは、公式HPにコンサルタントのプロフィールを掲載しておらず、詳細は分かりませんでした。

両社を比較すると、イングリッシュカンパニーはトレーナーの専門性にこだわっていることがわかります。

イングリッシュカンパニーとトライズの料金比較

(税抜き価格、2020年3月)イングリッシュカンパニートライズ
入会金50,000円50,000円
コンサルティング費なし185,000円
受講料495,000円1149,100円
合計金額545,000円1384,100円
受講期間3ヵ月1年
ひと月当たりの受講料181,667円115,342円
一般教育訓練給付金対象コース(*)〇あり×なし
保証制度30日間返金保証

1ヵ月全額返金保証

途中解約保証

無料延長保証

分割払い手数料3回まで:無料、6回、10回:3,500円、15回以上:要問合せ最大48回:年率7.9%(オリコンローン)

※トライズは定期的に割引キャンペーンを行っています。最新情報は公式HP を参照ください。

 

トライズの受講料は100万オーバーと、イングリッシュカンパニーの2~3倍の料金です。一方、ひと月当たりの料金を比べると、トライズの方がリーズナブル。一年間かけてじっくりと英語学習を進めたい人に向いています。

また、トライズは受講料金が高額なだけあり、各種の保証制度が充実しています。具体的には以下の制度。

  1. 1ヵ月の返金保証制度(受講後、1ヵ月までは無条件で全額返金)
  2. 途中解約保証制度(1ヵ月過ぎた後の途中解約した場合、残りの期間ー解約手数料を返金)
  3. 無料延長保証(万一英語力が伸びなかったら、最大3ヵ月の延長保証)

 

一方、イングリッシュカンパニーは分割手数料が低コストに抑えられています。

また、イングリッシュカンパニーには一般教育訓練給付金制度の対象コースがあります(90日間集中パーソナルトレーニング)。一般教育訓練給付金制度とは、厚生労働大臣が定めるスクールにおいて、所定の条件を満たす生徒に対し最大10万円がハローワークから支給される制度です。

多くの会社員は一般教育訓練給付制度の対象です。もし、イングリッシュカンパニーを検討する人は、活用した方がお得です。詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

⇒【社会人必見】一般教育訓練給付制度の対象英語スクール~最大10万円~

 

イングリッシュカンパニーとトライズを通いやすさ(営業時間、スクール所在地、オンライン対応)で比較

イングリッシュカンパニートライズ
営業時間

平日 10:00~22:00

土日祝 9:30~22:00

火~金 13:00~21:15

土 10:00~17:00

※日祝、月は休み

スクール所在地

全15校

(東京10校、横浜、埼玉、大阪、京都、兵庫)x

全13校

(東京9校、横浜、大阪、兵庫、愛知)

オンラインコース〇あり〇あり

イングリッシュカンパニーは土日も含め営業していますが、トライズは日祝月が休みなので注意が必要です。特に休日の遅い時間にレッスンを受けたい方は、イングリッシュカンパニーの方が通いやすいです。

両社とも完全オンラインに対応するコースがあります。そのため、地方にお住まいで近くにスクールがない方も受講可能です。

 

イングリッシュカンパニーとトライズの口コミと評判を比較

次にイングリッシュカンパニーとトライズの口コミを比較します。スクールの良し悪しを見極める最もよい方法は口コミを見ることだからです。

⇒ご参考:おすすめ英会話スクールの選び方|エビデンスで知る口コミと評判の見方

イングリッシュカンパニートライズ
インタビュー掲載件数57件17件
卒業生の成果、インタビュー内容

・TOEICスコアアップ実績多数

665→870点、735→935点、665→830点 、315→790点など多数(いずれも3ヵ月)

・1日1時間で効率的に学習

・育児をしながら通い、TOEICスコア665→895点に伸びた

・VERSANTスコアアップ実績多数

32→56点、41→55点、20→49点

(※海外赴任レベル目安は47点)

・海外の留学経験あるのですか? と聞かれた

・社内公募で海外転勤のチャンスをものにできた。

 

公式HPに掲載されている、卒業生インタビューの件数はイングリッシュカンパニーの方がトライズより3倍以上多いです。多くの卒業生が、イングリッシュカンパニーでの成果に満足している様子がうかがえます。

 

卒業生の成果に関しては両者とも目覚ましいものがあります。

イングリッシュカンパニーはTOEICのスコアアップ(200~300点アップ)、トライズはVERSANTスコアアップ(海外赴任レベルの英語力超え)。

 

イングリッシュカンパニー卒業生のインタビューで注目すべきは、忙しい生徒さんが1日1時間の勉強で大きな成果を出されていること。

たとえば、以下のインタビュー記事に掲載されている方は、2児の育児をしながら(0才児と3才児)、イングリッシュカンパニーの3ヵ月でTOEICスコアを665点から895点に230点もスコアアップされています。

⇒インタビュー記事

科学的トレーニングのおかげで、少ない勉強時間で成果を挙げている様子がよくわかります。

 

どちらがおすすめ?

筆者の個人的意見としては、英語の学習効率の観点でイングリッシュカンパニーを推します。ぜなら、忙しいビジネスパーソンにとって、少ない勉強時間で英語力を伸ばせるのは魅力的だからです。

とはいえ、人により好みは異なりますので、イングリッシュカンパニーがおすすめな人、トライズがおすすめな人をまとめておきます。

 

イングリッシュカンパニーがおすすめな人

こんな人にオススメ!
  • 効率よく英語力を伸ばしたい人
  • 3ヵ月の短期間で、TOEICスコアを伸ばしたい人
  • 海外出張、異動があり、短期間で英語力を伸ばしたい人
  • 根性に頼らず、合理的に英語学習を続けたい人

    根性で勉強するのではなく、科学の知見を使って合理的に英語学習を進めたい人にはオススメです。

    ⇒【30日間返金保証あり!】イングリッシュカンパニーの無料体験レッスンの詳細はこちら!

     

    トライズがおすすめな人

    こんな人にオススメ!
    • 一年間かけて、じっくり英語を勉強したい人
    • ビジネス英会話を身につけたい人
    • コーチに英語学習のモチベーションを高めてほしい人
    • 資金面で余裕がある人

    英語勉強にじっくり時間をかけられ、資金面にも余裕がある人はトライズがおすすめです。

    ⇒【30日間返金保証あり!】トライズのコースや料金の詳細はこちら!

     

     

    まとめ|気になるスクールは無料体験レッスンを受けてみよう

    イングリッシュカンパニーもトライズも、卒業生は成果を挙げている質の高い英語コーチングスクールです。この記事で紹介してきたように、両社はコンセプト、サービス内容、得られる成果に違いがあります。

    記事を読んでなんとなく違いが分かったかもしれませんが、実際にスクールに訪れ、体験レッスンを受けたりコンサルタントと話をしたりしないと、実際の雰囲気の違いはわかりません。

     

    少しでも気になる方は無料説明会、無料体験レッスンに参加されることをおすすめします。なぜなら、スクール選びに失敗するとお金と時間を無駄にしてしまうからです。

     

    ⇒【無料体験レッスン】イングリッシュカンパニーの公式HPはこちら

    ↓↓↓筆者のイングリッシュカンパニー体験談はこちら

     

    ⇒【無料カウンセリング】トライズの公式HPはこちら

    ↓↓↓筆者のトライズ体験談はこちら

     

     

    他の英語コーチングスクールも比較してみよう

    イングリッシュカンパニーやトライズの、他にも英語コーチングスクールがあります。

    自分に合ったスクールを選ぶためには、情報を収集し、実際に体験レッスンを受けてみることが重要。

    以下の記事で、筆者が厳選したスクールを紹介していますので、よかったら参考にしてみて下さい。

    ⇒英語コーチングとは? おすすめコーチングスクール9社【表で徹底比較】

     

    以下の記事は、目的別におすすめスクールをランキング形式でまとめています。こちらも参考にしてみて下さい。

    ⇒効果のある英語コーチングスクールをTOEIC900が本気で解説【学習目的別】

     

    “ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたくありませんか?

    「なぜTOEICの点数は、ビジネスに関係ないのご存知ですか?」

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

     

    • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語力アップが仕事の成果につながる。

     

    現在、7通の無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力をお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

    無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

     

    「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

    「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

    「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

     

    そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

     

    • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

     

    現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

     

     

    カテゴリー
    記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

    例:

    ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

    ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

     どうしたらよいか知りたいです。

    ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

    ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

     

    もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

    もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

    メールアドレス
    質問など

     

    おすすめの記事