【納得】英語習得には1000時間必要?仮説を検証~社会人の英語学習時間~

 

悩む人
社会人が英語を身につけるのにどのくらい勉強時間がいるんだろう? 1000時間かかるという話を聞いたけど、本当にそんなに時間がかかるのかな......?

 

「社会人がビジネス英語を習得するのに、どのくらいの時間がかかるのだろう?」

1000時間の英語学習が必要と言われることがあります。

 

私がビジネス英語コーチとしてサポートする中、次のように聞かれることがあります。

  • 本当にビジネス英語を身につけるのに、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?
  • 英語学習をコツコツ続けるのが良いのですよね?

 

この記事では、以下について説明します。

この記事でわかること
  • 英語習得に1000時間必要と言われる根拠と問題点
  • コツコツより短期集中がオススメな理由

 

大和博
外国語を身につけるのには、どうしてもある程度の勉強時間が必要となります。

なぜビジネス英語習得には1000時間必要なのか?

 

英語習得に時間がかかる理由~言語間の距離~

日本人が仕事で英語を使えるレベルになるには1000時間の学習時間が必要と言われることがあります。

以下で、1000時間が必要とされる根拠を説明します。

根拠となっている元データは、アメリカ人が日本語を習得するのに必要な時間です。

アメリカの外交官を育成するFSI(Foreign Service Institute)という機関が過去70年間の教育経験を元に、アメリカ人が外国語を習得する難易度と必要となる学習時間をまとめています。

カテゴリー言語習得にかかる時間
カテゴリーⅠイタリア語、デンマーク語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、など600~700時間
カテゴリーⅡドイツ語、インドネシア語、スワヒリ語、マレーシア語、など900時間
カテゴリーⅢクロアチア語、チェコ語、フィンランド語*、ロシア語、ベトナム語* など1100時間
カテゴリーⅣアラビア語、中国語、韓国語、日本語*2200時間

*マークは同じカテゴリーの中で、他の言語より習得が難しい。

 

このように、日本語は英語ネイティブにとって一番難しい言語とされています。

 

ちなみに、カテゴリーⅡのドイツのTOEICの国別スコアを見ると、世界で2位の好成績を収めています。このことから、英語ネイティブ→外国語習得の難易度と、上述した外国語ネイティブ→英語習得の難易度にはある程度相関があると考えられます。

 

そして、日本人が英語を習得するのはそもそも難易度が高く時間もかかると予想できます。アメリカ人が日本語を習得するのに必要とされている2200時間が一つの目安になります。

 

大和博
調査の対象は外交官の候補で言語のプロフェッショナルです。一般人の場合は、2200時間より多くの学習時間が必要になるかもしれません。

 

学校教育での英語勉強時間は意外と少ない

日本人は中学、高校の6年間に英語を学習しています。実際には、どのくらいの時間学習しているのでしょうか。

中学校:50分授業を週4回×1年35週×3年=350時間

高校: 50分授業を週5回×1年35週×3年=437時間

合計: 787時間

 

自習時間を含めても1200時間程度と推定されます。

そのため、2200時間―1200時間=1000時間の学習が必要と言われています。

 

要点をまとめると、以下のロジックです。

 

英語習得1000時間理論のロジック
  • アメリカ人が日本語を習得するのに2200時間程度必要
  • 同様に、日本人が英語を習得するには2200時間程度必要だろう
  • 一方、日本人の中学、高校時代の英語学習時間は1200時間程度
  • したがって、日本人が英語を習得するには1000時間(2200時間ー1200時間)の学習が必要

いろいろと推定が入っていますが、一つの目安になります。

 

1000時間仮説の問題点

ただし上記の1000時間仮説には問題点があります。

それはアメリカFSI調査の「学習時間」は授業を受ける時間で、「自習時間」が抜けているからです。

Their schedule calls for 25 hours of class per week with three or four hours per day of directed self-study.

(彼らのスケジュールは、週25時間の授業と毎日3~4時間の自習が必要です。)

出典:Language Learning Difficulty for English Speakers

 

つまりアメリカ外交官が日本語を習得するには、本当は以下の時間がかかります。

真の学習時間

授業時間:25時間×88週間=2,200時間

自習時間:3時間×88週間(616日)=1848時間

合計:4048時間

仮に学生時代に1200時間勉強したとすると、4048時間ー1200時間=2848時間の学習が必要となります。

 

英語習得には3000時間や5000時間必要との説も

学者の中でも様々な説が提唱されていて、英語習得に何時間必要かはハッキリしていません。

英語を身につけるのに必要な学習量には諸説ある。 目標とするレベルによっても大きく異なるが,1320 時間、4400 時間、5000 時間など、平均すると 2000~3000 時間という時間になる。

出典:英語学習ポートフォリオの導入意義と開発に関する一考察

 

5000時間の根拠になっているのは、カナダでのフランス語教育の事例です。

幼稚園からフランス語漬けの教育を受けると、5000時間の学習でネイティブレベルのフランス語を身につけられるとの結果。

出典:母語以外の言葉を子どもが学ぶ意義ーバイリンガル教育からの視点ー

 

 

英語習得に最低1000時間の学習が必要

様々な調査結果を踏まえると、社会人が英語を習得するための学習時間として1000時間は最低ラインだと考えられます。

 

では1000時間の勉強時間を確保するには、どのくらいの期間が必要になるのでしょうか?

1日の学習時間1000時間学習に必要な期間
10分16年5ヶ月
30分5年6ヶ月
1時間2年8ヶ月
2時間1年4ヶ月
3時間1年

かなりの時間がかかりますよね。

 

「そんなに続けられない」と感じる方も多いのではないでしょうか?

もちろん、学習の量は大切ですが、学習の質や戦略を工夫することも重要です。

 

ビジネス英語習得には2~3か月の短期集中がオススメ

実際に英語学習をするときには、毎日コツコツ10分を続けるより、2~3か月の短期集中を繰り返すのがオススメです。

理由は3つあります。

 

2~3か月の集中的な学習で、英語力アップの効果が示されている

「短期」とはいっても2~3か月、毎日2~3時間継続することが大事です。なぜなら、データで効果が示されているからです。

 

たとえば留学生を対象に英語力の伸びを調査した結果があります。これらの結果によると、2~3週間の留学では英語力はほとんど向上せず、2~3か月継続すると有意に英語力が向上することがわかっています。

参考:短期語学留学プログラムの効果測定

 

 

実際、私もプログリットという英語コーチングスクールで、2か月の間2~3時間の学習を続けたことで、英会話力が飛躍的に向上しました。

2〜3ヶ月間の集中した学習が、英語力アップの変化を感じられる最低ラインです。

 

⇒ご参考:【人生激変】プログリットの評判と口コミ|2ヵ月でビジネス英語力が伸びた体験談と感想

コツコツ短時間を続けても英語習得しづらい

英語に限らず、毎日10分でもコツコツ学習を継続することが推奨されることがあります。しかし英語学習に関しては、毎日10分を継続する学習法では結果を出しづらいです。

理由は3つあります。

 

累積時間を稼ぐのに膨大な期間が必要

1つ目の理由は、毎日10分の学習だと、累積時間を稼ぐのに、膨大な期間が必要だからです。

たとえば、毎日10分の学習を1年続けても、10分×365日=3650分(~60時間)です。

毎日10分の学習で、1000時間を稼ごうとすると17年近くかかってしまいます。

 

成長実感を感じづらく、やる気が続かない

また、1日10分の学習では、英語力の変化を実感できるまでに時間がかかります。

人にもよりますが、1年近く継続しないと目に見える変化は出てこないでしょう。

つまり、学習を続けていても成長実感が得られません。

その結果、学習に対するやる気が落ちて、学習を継続できなくなってしまうことが多いです。

 

記憶のメカニズムから考えても1日10分の学習は非効率

3つ目の理由は、人の記憶のメカニズムに関係します。

人は覚えたことをすぐに忘れてしまいます。

人の記憶の定着率をモデル化した「エビングハウスの忘却曲線」が知られています。このモデルによると、せっかく覚えても1日たつと7割近くを忘れてしまいます。

 

 

また、記憶を定着させるためには、繰り返し復習することが有効だと知られています。たとえば、英単語を覚えようとするとき、毎日10分の学習では復習だけで終わってしまい、なかなか学習を進めることができません。

そのため、毎日10分をコツコツ続けても学習内容が定着しないのです。

人生には、英語以外にも優先事項がある

たしかに毎日3時間の学習を1年続ければ1000時間をあてることができ、英語力は伸びることでしょう。しかし、現実的には仕事をしながら1年間ずっと3時間を英語に費やすのは大変なことです。

 

なぜなら、人生には英語以外にも優先事項があるからです。

たとえば、読書をしたり、趣味やスポーツをしたり、家族との時間を過ごしたりすることも、人生を有意義にします。あるいは、仕事に活かす専門力を磨くことも大事かもしれません。

 

実際、私も2か月間2~3時間の英語学習を続けたあとは、さすがに疲れました。

その後は、小説をむさぼるように読みましたし、他に興味のあることを学び始めました。

 

「この一年は、仕事以外を英語に費やす!」という意気込みがあったり、英語が趣味のようなものであったりするなら構いません。しかし、他にも大事にしたいことがあるのならば、人生の中で2~3か月を英語に集中してあてる時期を複数回つくる方が効果的です。

 

まとめ|英語習得には1000時間が必要、短期集中を繰り返すのがおすすめ

この記事のポイントをまとめておきます。

この記事のポイント
  • 日本人が英語を習得するのは簡単ではない。なぜなら言語間の距離が遠いから
  • 目安となる学習時間の最低ラインは1000時間。学校教育では意外と勉強時間が短いため
  • 毎日コツコツ10分勉強するより、毎日2~3時間の学習を2~3ヵ月続けるのがオススメ

     

    では、効率的に英語を学ぶにはどうしたらよいか? を知りたい人は以下の記事を参考にしてみて下さい。

    ご参考:英語勉強法の効率が変わる5つのポイント|科学的な英語上達法

     

    独学で英語学習を継続する自信がない人には、短期集中のスクールがオススメ

    独学で1,000時間の英語勉強するのは簡単ではありません。モチベーションを維持するのが難しいからです。

      • 独学で英語学習を続けるのが難しい
      • 過去に挫折したことがある 

      という場合はスクールを活用するのもアリです。

       

      スクールには、短期集中で英語力を伸ばすノウハウがあります。多くの受講生が2〜3ヶ月の短期間で飛躍的に英語力を伸ばした実績もあります。

       

      • 3ヶ月でTOEICスコアを300点アップ
      • 3ヶ月でビジネス英会話をマスター

      このような成果を挙げている受講生は一人や二人ではありません。

       

       

      以下の記事には筆者が実際に体験したおすすめの短期集中型のスクールを紹介しています。各スクールとも、無料体験を実施しています。

      「これから英語を頑張ろうかな......」という場合は、ぜひ読んでみてください。

      ⇨短期集中型でガチで伸びる英会話スクールおすすめ7選

      無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

       

      「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

      「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

      「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

       

      そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

       

      いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

      反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

       

      ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

       

      • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
      • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
      • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

       

      現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

       

       

       

      カテゴリー
      記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

      例:

      ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

      ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

       どうしたらよいか知りたいです。

      ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

      ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

       

      もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

      もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

      メールアドレス
      質問など

       

      おすすめの記事