英会話ができるようになる必須マインドと最短で身に付く勉強法を解説

英会話ができれば、外国人と友達になったり、英語を使う仕事に就いて海外赴任して大きな収入を得るのも夢ではありません。

人生の可能性が広がるので、「英会話ができるようになりたい!」って思いますよね。

 

とはいえ実際には、「どうしたら英会話ができるようになるのかわからない......」という人も多いはず。

 

そこで今回は、英会話ができるようになるには、どうすれば良いのかを解説します。

 

この記事で紹介する「重要なマインド」と「必須な要素」を身につければ、あなたも英会話ができるようになりますよ。

今日からできる勉強法やおすすめのアプリ・サイトも紹介するので、ぜひ英語学習に取り入れてみてください。

 

英会話ができるようになるにはマインドが重要

勉強を始める前に、まず知っておいてほしいことがあります。

それは、英会話ができるようになるためには、マインドが重要だということです。

 

「どうせ私なんかに英語は話せない」というネガティブな気持ちは、上達の妨げになってしまいます。

英会話ができる人が持っている3つのマインドを紹介します。

 

英語は間違えて当たり前!

日本人が英語を間違えるのは当たり前です。

なぜなら日本語と英語はまったく異なる言語だからです。発音、単語、文法、どれをとっても違いますよね。

 

特に会話は反射的に行うものなので、書き言葉よりミスが多くなります。

英語上級者はもちろん、ネイティブだって言い間違いや文法ミスは日常茶飯事です。日本語でも、常に完璧な文法で話している人はいませんよね。

そう考えると、日本人が英語を間違えるのは当たり前なんです。

 

なので「完璧に話さなくちゃ」とプレッシャーを感じる必要はありません。

間違えたら言い直せばいいだけですし、間違ったままでも意外と内容は伝わるものです。

 

英語を話すのは恥ずかしくない!

英語を話そうとすると、恥ずかしくて会話に集中できないということはありませんか?

「見るからに日本人で、完璧に話せるわけでもないのに、英語を話すなんて恥ずかしい」という気持ちになってしまうんですね。

 

しかし恥ずかしがっていると、いつまでたっても初心者英語から抜け出せません。

 

そういう時はこう考えてみてください。

世界の英語話者は15億人にものぼると言われており、そのうち10億〜11億人がノンネイティブ。つまり10人のうち7人は、外国語として英語を身に着けた人なんです。

 

欧米人だけでなく、中国やインドの人も英語を話していますが、別に恥ずかしがっていませんよね。

なぜなら英会話は特別なことではないからです。

 

日本人であるあなたが英語を話していても、周りの人はなんとも思いません。

いちいち「日本人なのに英語を話してる」とジロジロ見られることはないので、人目を気にせず堂々と英語を話しましょう。

 

伝えようとする努力が大切!

英会話はコミュニケーション手段なので、相手に伝えようとする努力が何より大切です。

間違えてもいいですし、難しい単語や文法が使えなくても大丈夫。自分が知っていること、できることを総動員して、とにかく伝えようと頑張ってください。

 

たとえば「蛇口から水漏れしています」と言いたいけれど、英語で「蛇口」も「水漏れ」もわからない場合、どうしますか?

 

知っている簡単な単語を並べて「water, trouble, don’t stop, bathroom」などと言えば、正確にではなくてもある程度伝わりますよね。

 

ボディランゲージをしたり、メモに絵を描いたりして、言葉を補うこともできます。

英会話の目的は「相手に伝えること」です。そのために努力することを忘れないでください。

 

 

「どうしても英語を話せない......」という人はメンタルブロックと呼ばれる心の足枷を持っている可能性があります。以下の記事では、ここで紹介した3つのマインド以外も含めて詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

⇨英語を話せないイライラを解消する4つの方法【メンタルブロック解消法】 

 

英会話ができるようになるために必要な3つの要素

ビジネスで英語の文書を読んだり英文メールのやりとりをしたりできても、英会話が苦手という人もいます。

それは英会話に必要な要素がリーディングとは少し違うからです。

 

ここでは、英会話ができるようになるために必要な要素を解説します。

 

 

正しい発音

英会話ができるようになりたいなら、まず正しい発音を身につけるべきです。

なぜなら正しい発音がわかっていないと、相手が言っていることを聞き取って理解することができないからです。

カタカナ読みで英語を覚えていると、ネイティブの発音が別モノに聞こえて全く聞き取れません。

 

また、リスニングだけでなくスピーキングにも正しい発音が必須です。

間違った発音を続けていると、聞き返されたり誤解されたりするリスクが大きくなります。

最初は大変かもしれませんが、発音記号や音声変化をしっかり学んでおくことで、スムーズに英会話ができるようになりますよ。

 

発音の学習法の詳細を以下の記事にまとめています。「もっと発音をよくしたいけど、具体的にどうしたら良いかわからない......」という場合はチェックしてみてくださいね。

⇨英語の発音をよくする方法!3のコツと勉強法を解説 

 

語彙力

会話の中で難しい言葉を使う必要はありませんが、やはり語彙力はあったほうが有利です。

英会話はテンポが大切ですから、いちいち辞書を引いていたら話が進みませんよね。

 

たくさん単語を知っていれば、相手が言ったこともすんなり理解できますし、自分が言いたいことも正確に表現できます。

とはいえ無数にある単語を全て暗記するのは無理があるので、「自分がよく使う単語や言い回し」を優先的に覚えるのがおすすめです。

 

英単語の覚え方について、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね。

⇨英単語を覚えられなくてストレスを感じる理由を解説【脳をだます覚え方とは?】 

 

アウトプットする力

英会話でのスピーキングには、学んだ知識をアウトプットする力も重要です。

いくら単語や文法を知っていても、文章にして口に出さなければ相手に何も伝えられないからです。

 

アウトプットは条件反射のようなところがあるので、思ったことがすぐ口から出てくるよう練習を積む必要があります。

スポーツと同じで、繰り返し練習していると体が覚えてくれます。

 

何か言いたいことがあったら、どんどん英語で言ってみましょう。

「どう言えばいいんだろう?」と疑問にぶつかったら、調べて覚えれば効率的なインプットもできます。

 

とはいえ「アウトプットの練習ってどうやったらいいんだろう......?」と思う人もいるかもしれません。

次の章では一人でもできるアウトプット学習法を紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

最短で英会話ができるようになる3つの勉強法

ここからは具体的な勉強法を3つ紹介します。

最短で英会話ができるようになりたい人は、ぜひ3つとも実践してみてくださいね。

 

 

オンライン英会話

少し費用はかかりますが、効率的に学習したいならオンライン英会話がおすすめです。

英会話はとにかく場数を踏むことで上達しますが、日常生活の中で英語を話す機会はほとんどありませんよね。

 

オンライン英会話なら自宅で好きな時間にレッスンができるので、忙しい社会人でも続けやすいです。

実際にネイティブと話せるので、どうやったら伝わるのかという感覚もつかめますし、自分では気づけない発音のクセなども指摘してもらえます。

 

ネイティブキャンプ 」など比較的安価でたくさんレッスンを受けられるサービスもあるので、無料体験レッスンで自分に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

 

他にも数ヶ月の短期間で英会話を身につけられる次世代型のオンライン英会話があります。以下の記事に詳しく解説したので、気になる方はチェックしてみてください。

⇨次世代型オンライン英会話おすすめ17選を比較|英語学習に科学を
 

 

英語で日記を書く

オンライン英会話と並行してチャレンジしてほしいのが、英語で日記を書くことです。

この勉強方法は、自分が体験したことや考えたことを英語にする訓練になります。

 

日記に残しておくことで、勉強ノート代わりにもなるので、オンラインレッスンなどでネイティブと会話する前に復習することもできます。

要するに「自分だけの英会話ネタ帳」が作れるというわけですね。

 

できれば日記を書いた後、音読もすると効果がアップします。誰かに話しかけるつもりで読むと会話の練習になりますよ。

 

英語でひとりごと

アウトプットする力を強化するためには、ひとりごとが効果的です。

ふと思ったことを、とにかく全部英語で口に出してみましょう。

 

最初は「眠いなぁ」「おいしい!」など短い言葉でOK。慣れてきたら少しずつ長い文章にしていきます。

 

思ったことだけでなく、「10分歩いたら図書館に着きました」のように行動を説明してみるのもおすすめです。

やってみるとわかりますが、頭を使うので結構疲れます。それだけトレーニングになっているということなので、習慣になるくらい続けてみてくださいね。

 

スピーキングの学習法については以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

英会話ができるようになる|おすすめのアプリや教材

最後に、英会話の練習におすすめなアプリとサイトを紹介します。

アプリなどを活用すると飽きずに楽しく勉強を続けられますよ。

最近はたくさんのアプリや教材があるので、迷ったら次の3つから試してみてください。

 

 

スピークバディ(アプリ)

スピークバディ」はAIキャラクターと会話の練習ができるアプリです。

有料(12ヶ月プランで1,983円/月)ですが、1週間の無料体験もあります。

 

筆者は実際に使ってみて、この料金なら安いくらいのクオリティだと感じました。

特に音声認識の性能が素晴らしいので、独学でも正しい発音を身につけることができます。

 

このアプリのメリットは、AIが相手なので「恥ずかしくない」という点です。

 

最初はどうしても「間違えたらどうしよう」「英語を話すのは恥ずかしい」という気持ちがありますよね。

「スピークバディ」ならどれだけミスしても誰にも見られていないので、安心して練習ができます。

AIとの会話で自信がついたら、オンライン英会話などを使ってネイティブとの会話にもチャレンジしてみてください。

⇨スピークバディの公式HPを見る

 

スタディサプリ ENGLISH(アプリ、サイト)

スタディサプリ」は初心者でも続けられるよう工夫されているので、忙しい人や飽きっぽい人におすすめです。

新日常英会話コース」ではドラマ仕立てでストーリーが進んでいくのですが、ありきたりの教科書とは違ってストーリーが面白く、自然とアプリを起動したくなるんですよね。

 

クイズ感覚でサクッとできるディクテーションなどでリスニング力を鍛えつつ、リアルな会話表現を学ぶことができます。

「スピークバディ」と比べると音声認識はイマイチなので、発音改善のためにはオンライン英会話などと併用するのがいいかもしれません。

なお、料金は月額2,178円(新日常英会話コース)で、7日間無料体験があります。

 

⇨【7日間無料体験】スタディサプリENGLISHの公式サイトを見る

 

English Central(サイト)

アプリはスキマ時間に手軽に使えるのが魅力ですが、しっかり腰を据えて学習したい人にはPCで閲覧するサイトが向いています。

中でも英会話学習に最適なのが、1万本以上の動画を配信している「English Central」。

 

有料プランにするとオンラインレッスンを受講できますが、自習だけなら無料で使えます。

 

「Engish Central」はなんといっても動画素材が豊富なので、自分の興味やニーズに合った教材を見つけることができます。

 

学習は「見る(リスニング)」「学ぶ(単語を学習)」「話す(セリフを音読)」「チャット(動画について語る)」の4ステップです。

 

英会話に必要な、

  • 正しい発音
  • 語彙力
  • アウトプットする力

全てを鍛えられます。

 

ひとつの動画は数分程度なので、毎日1〜2本のトレーニングを習慣化してみましょう。

 

まとめ|誰でも英会話ができるようになる

英会話は一日や一週間でできるようにはなりませんが、正しい方法で勉強すれば短期間でも上達します。

「英会話ができるようにならない」と諦めかけていた人も、まずはマインドを変えるところから始めてみてください。

 

心構えができたら、「正しい発音」「語彙力」「アウトプットする力」という3つの要素を意識して学習に取り組みましょう。

毎日やっていると、自分では上達がわからなくて不安になるかもしれませんが、確実に英会話力はアップしています。

コツコツ続けていれば、いつの日かスラスラ会話ができるようになりますよ。ぜひ、実践してみてくださいね。

 

短期間で英会話を身につけたい人へ

数ヶ月の短期間で英会話を身につけたい人は英語コーチングがおすすめです。

英語コーチングとは、受講生一人ひとりの学習を専属コーチがフルサポートしてくれるサービス。

 

  • 英語を全然話せない......
  • TOEICはハイスコアだけど喋れない......

という場合は、検討してみることをお勧めします。

 

各スクールとも無料体験を実施しているので、ぜひ試してみてくださいね。

⇨【保存版】英語コーチングスクール16社を比較~おすすめランキングあり~ 

 

 

カテゴリー
ビジネスで成果を出せる英語力とは?

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

TOEICの勉強をしたり、英会話スクールに通ったりしても、一向に英語で仕事ができるようにならない。

 

あなたも薄々気づいているのではないでしょうか。いくら英語ができても、仕事で成果を出したり収入をあげたりできない真実に。

 

いくらTOEICでハイスコアを取ったり英語が流暢になっても、”ビジネスで成果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません

反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

 

もし、あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいと少しでも思うのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

メリット
  • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
  • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
  • 英語力アップが仕事の成果につながる。

     

    現在7通の無料メール講座を実施中です。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

    /期間限定! 無料PDFプレゼントあり/

    7通の無料メール講座
    おすすめの記事