“on the same page”の意味と使い方を解説|ビジネス英語で使えるイディオム

英語の会議で、“on the same page”という表現を聞くことがあります。

「相手の意見に賛成」といった意味合いです。“agree”と似た意味合いですが、“on the same page”を使いこなすと、プロフェッショナル感を出すことができます。反対に“agree”を連発すると、幼稚な印象を与えかねません。

ネイティブもよく使うイディオムですので、使い方を覚えておくと便利です。

“on the same page”の意味と使い方

“on the same page”の意味

“on the same page”は、直訳すると「同じページの上に乗っている」となります。

そこから転じて、「何かについて自分が他人と同じ意見や情報を持っている」ことを表します。

 

このイディオムを使うときは、必ず「be動詞」が必要です。つまり「be」+「on the same page」となります。

また、このイディオムを使うとき、主語は複数形を使います。

“on the same page”の使い方

英語の会議で相手の見解に同意するときや、会議の冒頭で足並みがそろっているかを確認するときなどに使います。特にWeb会議では、相手の意見が見えづらいので、使われる頻度が高いです。

 

“We are on the same page.”(私たちも同じ意見です。)

 

“We agree to you.”ということもできますが、“on the same page”を使うと相手から「この人は知的だな」と認めてもらいやすくなります。

 

“Are we on the same page?”(同じ意見ですか?)

“I took a look at the proposal you sent yesterday, and I’m not sure that we’re on the same page.”(昨日あなたが送ってくれた提案を見ましたが、私たちの意見は違うように思います。)

“I think it’s important to make sure we are on the same page before we move on to the next topic.”(次のトピックに移る前に、私たちが同じ意見かを確認するのが重要だと思います。)

ビジネスのイディオムを使いこなす

“on the same page”のように、イディオムを覚えておくと、ビジネスの現場で役立ちます。相手が使ったときに戸惑わなくなりますし、自分が使うと相手に知的な印象を与えられるからです。

ただし、単に辞書を見たり記事を読んだりするだけでは、イディオムは身につきません。実際に自分でイディオムを使って文章を作る練習をしないと、とっさの場面でイディオムが出てこないからです。

ビジネス英語表現を覚える課題に毎日取り組む

英語レベルが中級者以上の方にオススメしたいのが、HinativeTrek(ハイネイティブトレック) という英語添削サービスです。ビジネス英語に特化したイディオムや表現に関する課題を1日1題取り組み、ネイティブ講師からフィードバックを受けられます。スマホアプリに対応しているので、いつでもどこでも取り組むことができます。

 

たとえば、“on the same page”がお題の日は以下のような課題が出ます。

 

課題

1) 慣用句「on the same page」を使って、相手があなたと同じ意見を持っているかを確認する質問を書いてください。
2) 以下の文章はメールの返信になります。なぜ自分がAnnと「on the same page」ではないと思っているかを説明するように、文章の続きを書いてください。

Dear Ann,
I took a look at your ideas for the group presentation, but I don’t think we’re on the same page. [続きの文章]

回答例
1) Do you think we are on the same page about the proposal for the next meeting?
2) You propose that plan A is better, but I think that we should suggest plan B.

 

1日1題の課題を提出すると、ネイティブ講師から非常に丁寧な添削とフィードバックを受けることができます。

 

ただし、ネイティブ講師からのフィードバックは英語で行われます。ある程度、英語を読みこなせる中級者以上で、ビジネス英語表現を身につけたい人にはオススメのサービスです。

「英語のイディオムを使いこなせるようになりたいな......」という方は試してみる価値があります。

 

↓筆者の体験談です。

⇒【評判】HiNativeTrekで実践的なビジネス英語が身につく【体験談】

 

まとめ|ビジネスの実践で“on the same page”を使いこなしてみよう

Web会議などで、相手の意見に賛成するとき、“We agree.”ではなく、“We are on the same page.”と言うと、相手に「この人は知的だな」、「ビジネスパーソンとして、しっかりしているな」との印象を与えることができます。

ネイティブもよく使う表現ですので、ぜひ実践で使ってみてください。

 

⇒HinativeTrekの公式HP

無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

 

「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

 

そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

 

いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

 

ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

 

  • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
  • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
  • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

 

現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

 

 

 

カテゴリー
記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

例:

・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

 どうしたらよいか知りたいです。

・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

 

もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

メールアドレス
質問など

 

おすすめの記事