【失敗談あり】英語スピーキングを効率的に伸ばす勉強法6選~1日30分~

英語を話すのが苦手で嫌になる......。スピーキング力を伸ばす良い勉強法を知りたい。
  • 英語を話せるようになりたい
  • 効率良いスピーキング勉強法を知りたい
  • 伸び悩みを解消したい

    こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

    この記事で紹介する「英語スピーキングを効率的に伸ばす勉強法6選」を実践すると、初心者でもスピーキングが上達しますよ!

     

     

    なぜなら、実際に筆者もこの方法で「英語が話せない」悩みを解決できたからです。

    以前は英語を話すのに苦労していましたが、今ではアメリカ企業と毎週英語のWeb会議を行っています。

     

    記事前半ではスピーキングが伸び悩む間違った勉強法を筆者の失敗談を交えて解説します。後半では効率的なスピーキング学習法を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

    ※すぐに「スピーキング勉強法を知りたい!」という人は、「スピーキングを効率的に伸ばす勉強法6選」へどうぞ。

    大和博
    誰でも英語を話せるようになりますよ。

    【失敗談】伸び悩む間違ったスピーキング勉強法

    最初に、筆者の失敗談を交えて、スピーキング力が伸び悩む間違った勉強法を紹介します。

      とりあえず英会話スクールに通う

      スピーキング力を伸ばしたい→たくさん英語で話そう→英会話レッスンを受ける

      こう考える人もいるかもしれません。かつての筆者もそう思っていました。

      それで、3~4人の少人数グループレッスンを行っている英会話スクールに通うことにました。比較的リーズナブルな料金設定だったからです。

       

      毎週1時間のレッスンでは、さまざまなトピックについて話をします。人数が少ないので、レッスン中に英語を話せる時間は多かったですね。このスクールには1年間通いました。

      それで、スピーキング力はどうなったのか?

       

      “Nice to meet you.”みたいな挨拶は流暢(りゅうちょう)になったのですが、肝心のスピーキング力はほとんど伸びませんでした......。

      大和博
      挨拶だけ上手になっても実戦で使えませんね......。

       

      「1年も英会話スクールに通ったのに、スピーキングができない自分はなんてダメなんだろう......」と自己嫌悪に陥ったのを覚えています。

      オンライン英会話のレッスンを受けまくる

      その後、しばらく経ってから。

      「やっぱり、英語を話せるようになりたい!」と思い、今度はオンライン英会話を受けることにしました。

      今度は週に2回のレッスンです。ビジネス英語に特化したカリキュラムでした。

      • オフィスでの同僚との会話
      • 会議で質問の仕方

        上記のように、毎回のレッスンに想定シーンが決まっていて、そのシーンの会話に慣れる形式でした。

        半年ほどレッスンを続け、順調にカリキュラムをこなしていき、「これで英語を話せるようになったかな」と思っていました。

         

        しかし、現実はそう甘くありません。

        ちょうどこの頃、仕事で英語のミーティングに参加する機会がありました。オンライン英会話で鍛えているので、「スピーキング力を試すチャンス!」と思い、意気込んでミーティングにのぞみました。

        相手はアメリカベンチャ―企業の役員であるジョン(仮名)。ジョンはアメリカの名門大学MIT卒で修羅場をくぐり抜けてきた大物感のあるオーラがある人でした。

         

        筆者はジョンに対して、自分が検討して分析した結果を説明しようと試みました。

        ですが、ジョンは怪訝(けげん)な顔をしています。

        「これはマズい!」と思って、オンライン英会話で習った表現を思い出そうとします。しかし、パッと出てこず気まずい沈黙が流れます。

         

        そのとき、「あ!こう言えばいいのか!」とひらめきました。

        必死の想いで、英語で伝えようとします。

        恐る恐るジョンの顔を見ると、鬼の形相をしていました。

         

        さらに説明を試みようとする私をジェスチャーで遮って、ジョンは冷たく言い放ちました。

        「もういい。もっと分かりやすく説明してもらえないか。」

        目の前が真っ暗になりました。

        こんなに英会話を頑張ってきたのに、まったく歯が立たなかった。

        「自分は英語スピーキングができるようにならないのではないか......」と絶望を感じました。

        大和博
        このときはショックでしたね......。

         

        英会話レッスン=練習試合

        なぜ筆者は英会話スクールに通ったり、オンライン英会話のレッスンを受けたりしてもスピーキング力が伸びなかったのでしょうか?

        それは、漫然とレッスンを受けるばかりで、基礎学習をしていなかったからです。

         

        初心者のゴルファーが、素振りなどの基礎練習をせずにコースに出ても上達しませんよね?

        打ったボールを追いかけまわすのが関の山です。

         

        英語スピーキングも同様です。

        レッスンを受けるのは、いわば練習試合でゴルフコースに出るのと同じ。なので「自分がなぜ話せないのか?」と把握して、必要な勉強をしないとスピーキング力を伸ばせません。

         

        ネイティブからしか習わらない

        筆者はさらにその後、イギリス人のネイティブから毎週1時間個人レッスンを受けたこともあります。

        元大手英会話スクールの人気講師で、教えるのが上手と評判でした。知的な方でこちらが質問すると、丁寧に教えてくれました。

         

        英語オンリーなので質問ができない

        しかし英語オンリーなので、疑問点があってもうまく質問できませんでした。

        • ビジネスの会議の最初のスモールトークは、どんな話をしたら良いのだろう?
        • 英語で「よろしくお願いします」ってどう表現すればいいのだろう?

          こんなことを聞きたかったのですが、そもそも英語を話せないのでどのように聞けばよいか分からず、結局質問をできませんでした。

           

          日本人がどうしたら英語を話せるようになるか分からない

          それでも単刀直入に「どうしたら英語を話せるようになるのでしょうか?」と聞いてみたこともあります。

          講師からは次のように言われましたが、いまいち腑に落ちません。

          何度も話していれば、英語を話せるようになるよ。

          それもそのはず。

          ネイティブは最初から英語環境に育っているので、特に苦労せずとも英語を話せます。

          なので「日本人が外国語として英語をマスターするのに苦労している」という難しさが感覚的に理解できないのです。

           

          大和博
          「どうやったら日本語が上手くなるの?」と外国人に聞かれても困ってしまいますよね。

           

          また、別の機会に前置詞の使い方を質問してみたこともあります。

          “in”, “on”, “at”をどう使い分けているのか? 

          という感じです。

           

          色々と事例を挙げて説明してくれたのですが、結局いまいち違いが良く分かりませんでした。

          その理由は、ネイティブは感覚で前置詞を使い分けているからです。

           

          たとえば次の日本語の違いについて外国人から質問された場面を想像してみてください。「が」と「は」の違いを、ロジカルに説明できますか?

          「あの人が生徒の代表です」。

          「あの人は生徒の代表です」。

          ニュアンスが微妙に違いますが、この違いを外国人に説明するのは難しいはずです。私たちは日本語ネイティブとして無意識に感覚で「が」と「は」を使い分けているからです。

          同様にネイティブが日本人に英文法の違いを解説するのは困難なのです。

           

          英語を聞き流す

          英語を聞き流しても、スピーキング力は伸びません。

          たしかに、英語の音に慣れる効果はあるかもしれませんが、いわゆる「英語脳」にはなりませんし、話せるようにもなりません。

           

          なぜなら、スピーキング力は意識的にトレーニングしないと伸びないからです。

          「赤ちゃんは自然と英語を話せるようになるじゃないか」と言う人もいます。しかし赤ちゃんも自然と話せるようにはならないんですよね。

          周囲の大人からフィードバックを受けることで、少しずつ言葉を覚えていくわけです。

           

          そもそも聞き流すだけで英語を話せるようになるのだとしたら、多くの日本人はスピーキングができるようになっているはずですよね?

          なので、残念ながら英語を聞き流しても話せるようになりません。

          大和博
          スピーキング力を伸ばすことを意識した勉強をすることが大事です。

          英語スピーキングの3ステップを解説

          英語を話すプロセスを分解すると、次の3ステップになります。

            この3ステップを理解することで、スピーキング力を伸ばす方法がわかるようになります。

            言いたいことをまとめる

            頭の中で「●●について話そう」と考えるプロセスです。

            英会話のレッスンで、講師から次のように聞かれた場面を想像してみてください。

            あなたの仕事について英語で話してください。

             

            「何の話をしようかな? どんな順番で説明しようかな?」

            と考えをまとめますよね。

             

            これが「言いたいことをまとめる」プロセスです。

             

            日本語の場合は無意識にやっている場合が多いですが、英語を話すときは意識して考えをまとめる必要があります。

            なぜなら、考えを整理しないと話が難しくなりすぎて英語で話せなくなってしまうからです。

             

            英語にする

            言いたいことがまとまったら、次のプロセスで英語に翻訳します。

            知っている単語や構文を当てはめて、「どう言えば伝わるかな?」と考えるプロセスです。

             

            「おなかがすいたな......」という気持ちを、どのように英語にしたらよいでしょうか?

             

            「おなかがすいた」は“hungry”なので、“I’m hungry”と言えばよいかな? 

            と考えるわけです。

             

            こんな感じで、言いたいことを英語にするのが2番目のプロセスです。

             

            「英語にする」プロセスで大事なのが、日本語→英語に変換するスピードです。日本語→英語の変換が遅いと言葉に詰まってしまうからです。

             

            発音する

            言いたいことを英語にしたら、最後に声に出して発音します。

            発音が悪すぎると英語らしく聞こえず、相手に伝わらないケースがあります。

             

            とはいえ、ネイティブレベルの発音を目指す必要はありません。

            なぜなら、世界中で英語を話す人がいますが70%以上はノンネイティブだからです。ノンネイティブの英語はなまっていますし、ネイティブのような発音をする人はむしろ少数派です。

             

            下の元ソフトバンクCEOの孫正義氏のプレゼン動画を見てみてください。

             

            1. 孫氏の英語の発音はジャパニーズイングリッシュですが、十分に想いが伝わりますし、実際に世界を股にかけ活躍しています。相手に伝わるレベルの発音を身につける必要がありますが、ネイティブレベルを目指す必要はありません。

            英語スピーキングを効率的に伸ばす勉強法6選

            次に英語スピーキンググを効率的に伸ばす勉強法6選を紹介します。

              中学英語をマスターする

              スピーキング力を伸ばすには、まず中学英語をマスターするのが有効です。

              なぜなら大抵のビジネス英会話は中学英語で対応できるからです。シンプルな英語で話せば、相手に伝わります。

               

              たとえば以下の表現。

              “We believe that we should solve the issue.”
              (その課題を解決すべきだと思います。)

              中学英語レベルですが、ビジネスでも使える表現です。このように、ビジネス英語の大半は中学英語でカバーできます。

               

              逆に中学文法をおろそかにして、難しい単語や表現を覚えても、英語の文章がしっかりしていないので相手に伝わりません。

              中学英語を学び直すには以下の書籍がおすすめです。

               

              中学文法の学びなおし

              中学文法の学びなおしにおすすめなのは、「中学英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」

              タイトルの通り分かりやすく、英文法を解説してくれています。


              中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

               

              この本を一通り読むと、中学文法をマスターできます。

              著者のYouTube解説動画もあるので、本と併せて動画を見ると効果的です。

               

              中学単語の学びなおし

              単語の学びなおしにはDUO 3.0がおすすめです。
              英単語は例文とセットで覚えるのが効果的で、通常の単語帳は1つの単語と1つの例文がセットになっています。

              DUO3.0は1つの例文の中に、3~4個の単語が詰まっています。つまり、少ない例文で多くの単語をカバーできます。

               


              DUO 3.0

              小学生にもわかる日本語に置き換える

              「言いたいことをまとめる」プロセスで重要なのが、小学生にもわかる日本語に置き換えることです。

              なぜなら複雑なことを英語で言おうとすると、何と言ってよいか分からず口から英語が出てこなくなってしまうからです。

               

              たとえば次のように言いたいとき。

              「その二つの選択肢は甲乙つけがたく選ぶのが困難だ。」

              いざ英語にしようとすると「甲乙つけがたいってなんていうのだろう......」となってしまいがちです。

               

              これを小学生にもわかる日本語に置き換えてみます。

              「その二つは、どちらも良いところと悪いところがあります。だから選ぶのが難しいです。」

              こうすれば、英語にできそうですよね?

               

              こんな感じで、小学生にもわかる日本語に置き換えるスキルは、英語スピーキング力アップに重要です。

               

              日常生活の中で、小学生にもわかる日本語に置き換える練習をしてみてくださいね。

              普段の仕事で報告やプレゼンをするときに、小学生にもわかる日本語に置き換える練習をしてみるのもアリです。難しい単語や表現を使わないので、ものごとの本質を捉える力も身につきます。

              瞬間英作文トレーニング

              ある程度、単語や文法の知識を持っていても英語を話せない人もいます。

              その理由は「知っている」知識を「使える」知識に変えられていないからです。

               

              瞬間英作文トレーニングは、知っている英語を使える英語に変える学習法です。

               

              このトレーニングをすることで、日本語→英語の変換が早くなります。

              具体的には、次に示す5ステップでトレーニングを行います。

              瞬間英作文のやり方
              1. 左ページの日本語を見て英文を暗唱する
              2. 英文を見て、文法と単語をチェック
              3. 英文を見ながら3回音読する(1文ずつ)
              4. 日本語を見ながら、英文を3回暗唱する(1文ずつ)
              5. 1ページ(10文)終わったら、日本語を見ながら通して10文を英語で暗唱する

                瞬間英作文トレーニングの注意点は、例文を覚えるのではなく毎回英作文することです。

                何度も繰り返し同じ例文に取り組みますが、暗記をすると効果が薄れてしまいます。なぜなら、このトレーニングは瞬時に英作文することが目的だからです。

                 

                瞬間英作文トレーニングを繰り返すことで、日本語→英語に変換する回路が速くなり、瞬時に英語が口からが出てくるようになります。

                 

                ↓の記事に瞬間英作文の取り組み方と注意点をまとめたので、参考にしてみくださいね。

                 

                 

                フレーズ暗記

                よく使う英語フレーズを覚えてしまうのも効果的です。

                • 仕事でよく使うフレーズ
                • 言葉に詰まってしまうとっさの場面で使えるフレー

                  こういったフレーズを暗記しておくと、実践の場で余裕が生まれます。

                   

                  たとえば、次のようなフレーズです。

                  “I’ll get back to you.”
                  (折り返しご連絡します。)

                  “Could you say it more slowly?”
                  (もう少しゆっくり話していただけますか?)

                  “I’m in charge of sales.”
                  (私はセールスを担当しています。)

                   

                  このように、使える英語フレーズを暗記しておくと、英語をパッと話せるようになりとっさの時に沈黙しなくてすむようになります

                   

                  もしビジネス英語のフレーズを身につけたいのであれば、HiNative Trekというスマホアプリがオススメです。

                  有料の英作文添削サービスで、平日毎日お題が出てビジネス英語フレーズを使って英作文をします。

                  すると、翌日にネイティブ講師が添削をしてくれるので、「この表現は、こういう風に使うのか!」と理解でき、実際に実践で使えるようになります。

                   

                  上の図を見るとわかるように、ネイティブ講師の添削はメチャクチャ丁寧です。このフィードバックを読むだけでも、英語の勉強になりますね。

                  フィードバックを見ながら、新しい表現の使い方を覚えるのでメキメキと英語力が伸びるわけです。

                   

                  たとえば、”on the same page”(相手と同じ意見を持っている)などです。

                   

                  “We are on the same page.”
                  (私たちも同じ意見です)

                   

                  このようにビジネスでネイティブがよく使うフレーズが出てきます。

                  • 実際にフレーズを使って英作文をする
                           ↓
                  • ネイティブ講師から添削してもらう

                    というステップを踏むことで、着実に使えるフレーズを増やせます。

                    ワンランク上の英語力を目指したい人にはオススメです。

                     

                    \スマホ一台で本格ビジネス英語をマスター/

                    60秒で簡単に登録

                     

                     

                    英語で独り言

                    アウトプットの練習として、独り言を英語に変えてしまうのも有効です。

                    「今日は歩いてオフィスに行こう。」
                    (I’ll walk to the office today.)

                    「資料の締め切りが明日なので、今日は集中して仕事に取り組もう。」
                    (I’ve got a document due tomorrow, so I’m going to concentrate on my work today.)

                    こんな感じでブツブツつぶやいたり、頭の中で考えたりしてみる感じです。

                    声に出さずに頭の中でリハーサルするだけでも効果があるので、試してみてくださいね。

                     

                    目的を持ってオンライン英会話を受ける

                    「独り言をつぶやくのは苦手......」という場合は、オンライン英会話をアウトプットに使うのもアリです。

                    ただし、漫然とレッスンを受けるだけではスピーキング力は上達しません。目的を決めてレッスンを受けることをオススメします。

                     

                    たとえば以下の感じです。

                    1. 文法やフレーズの練習をする
                    2. 英語の話し型を練習する

                       

                      文法やフレーズの練習に使う

                      • 今日は、前置詞の”at”, “on”, “in”を使い分けてみよう
                      • 現在完了形を使ってみよう
                      • 新しく覚えた”on the same page”というフレーズを使ってみよう

                        みたいな感じです。

                         

                        レッスンの最初に、講師に自分の目的を伝えてしまうのも良いです。

                        「今日は前置詞の使い方を意識するので、間違っていたら指摘してください。」と伝えておくと、レッスンを有効活用できます。

                         

                        英語の話し方を練習する

                        日本語は「起承転結」のように、結論を最後に話すことが多いです。

                        しかし、英語は違います。

                        英語の話し方
                        1. 結論を最初に言う
                             ↓
                        2. 続いて、理由や根拠を伝える
                             ↓
                        3. 最後に再度結論を言う

                        上記が英語の話し型です。最初に結論を述べるので「結論ファースト」とも呼ばれます。

                         

                        多くの日本人は日本語の型に慣れてしまっているので、結論ファーストで話せないことが多いです。

                        なので、オンライン英会話のレッスンを「結論ファーストで話す練習の場」として使うのが効果的です。

                         

                        具体的には、講師から質問をされたとき必ず次のように話すようにするわけです。

                        1. 結論を最初に言う
                             ↓
                        2. 続いて、理由や根拠を伝える
                             ↓
                        3. 最後に再度結論を言う

                         

                        このトレーニングをすることで、次第に英語の型で話せるようになっていきます。

                         

                        「何かお題があった方が話しやすい」という場合はDMM英会話のテーマ別会話がおすすめです。

                        一つのトピックについて講師とディスカッションをしたり、質問に答えたりします。

                         

                        たとえば次のようなトピックです。

                        「ソーシャルメディアに年齢制限を設けることにあなたは賛成ですか? 反対ですか?」

                         

                         

                         

                        このようなトピックについて、「結論→理由や根拠→結論」の順で話す練習をしていきます。トピックが決まっているので、あらかじめ内容を考えておくこともできます。

                         

                        DMMのテーマ別会話は、英語の話し方を身につける良いトレーニングになります。3回の無料体験レッスンを受けられるので、気になる場合は試してみてください。

                        ⇒DMM英会話のHPを見る

                         

                        スピーキングにおすすめの教材、アプリ

                        続いてスピーキング力アップにおすすめの教材やアプリを紹介します。

                        瞬間英作文

                        日本語→英語の変換を早くする瞬間英作文トレーニング用の教材です。

                        書籍だけでなくスマホアプリもあるので、机に向かって勉強する時間を確保できない人でもスキマ時間に取り組めます。

                        アプリで瞬間英作文に取り組むメリットは以下の3つです。

                        3つの長所

                        3つの長所
                        1. 通勤などのスキマ時間に取り組める
                        2. 英語の音声を確認できる
                        3. ポーズ時間の制約があるので、トレーニングに負荷をかけられる

                          1ヵ月くらい続けると、「英語が浮かぶスピードが速くなったな」と感じられるようになります。ぜひ、試してみてくださいね。

                          アプリの使い方などについては以下の記事を参考にしてみてください。

                           

                          スタディサプリENGLISH

                          リクルート社が手掛けるスマホアプリのスタディサプリENGLISHです。スタディサプリENGLISHのアプリで英会話を学べるんです。

                          以下の2種類のコースで、スピーキングの練習ができます。

                          1. 新日常英会話コース
                          2. ビジネス英語コース

                           

                            新日常英会話コース

                            新日常英会話コースの特徴
                            • 1日3分からスキマ時間で気軽に学べる
                            • 「ごくせん」「ナースのお仕事」などを手掛けた有名脚本家によるドラマ式
                            • 海外旅行やおもてなし英語で使える表現が身につく
                            • 1日2分の「神授業」でわかりやすい解説

                            英語を学べるスマホアプリは多くありますが、内容が単調でどうしても飽きてしまいがちです。

                            スタディサプリの新日常英会話コースのレッスンは、有名脚本家が練ったストーリーなので、飽きずに続けることができます。

                            時間がなくてスキマ時間にちょっとずつ学習を進めたい人にオススメです。

                             

                            ↓こちらの2分の動画を見ると、スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースの特徴がわかります。

                            7日間の無料体験が受けられるので、試してみてくださいね。

                             

                            \7日間の無料体験!/

                            スキマ時間に英会話を

                             

                            ビジネス英語コース

                            本格的なビジネス英語を身につけたい人には、スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースがおすすめ。

                            スマホ一台でディクテーション(英語音声の聞き取り)やシャドーイング(英語音声に続けて発声)など、本格的なトレーニングに取り組めます。

                            スキマ時間に取り組めるので、忙しいビジネスパーソンでも続けられます。

                             

                            ビジネス英語コースのレッスンもストーリー仕立てになっています。「下町ロケット」など大ヒットドラマを手掛けた脚本家、稲葉一広氏が監修をしています。続きが気になる内容なので、飽きずに取り組めます。

                            ↓ビジネス英語コースのレッスン動画を見ることができます。

                            ビジネス英語コースも7日間の無料体験を受けられるので、気になる場合は試してみてくださいね。

                             

                            \7日間の無料体験!/

                            スマホ一台でビジネス英語を習得

                             

                            英会話セットプランもあり

                            スタディサプリは優れたアプリで、スマホ一台で英会話の基礎となるトレーニングをすることができます。

                            ただ、実際に英会話の練習をするわけではないので、本格的にスピーキング力を伸ばしたい場合は、別途アウトプットの場を作ることが必要です。

                            2021年からスタディサプリENGLISHの新日常英会話コースとビジネス英語コースに、「英会話セットプラン」ができました。

                            大手オンライン英会話スクールのNativeCampと提携し、スタディサプリENGLISHで学んだ英語を使ってレッスンを受けられるようになりました。インプットとアウトプットをセットで取り組みたい人にオススメです。

                            ⇒スタディサプリENGLISH 英会話セットプランの詳細はこちら

                             

                             

                            ENGLISH COMPANY MOBILE

                            科学的トレーニングを取り入れ時短で受講生の英語力を伸ばす、英語パーソナルジムENGLISH COMPANY。実績が評判を呼び、600人待ちになるほどの人気スクールです。

                            このENGLISH COMPANYが自習用にリリースしたのがENGLISH COMPANY MOBILEです。

                             

                            ENGLISH COMPANY MOBILEは、スマホ一台でENLGISH COMPANYがこれまで秘密にしてきたトレーニング「速読Reading」に取り組めます

                            「速読Reading」をやることで、英会話の基礎となる語彙力、リスニング力、英語の瞬発力などが身につきます。基礎からスピーキング力を伸ばしたい人にオススメです。

                             

                            \600人待ち人気スクールのトレーニングをスマホ一台で!/

                            英会話の基礎が身につく

                             

                            短期間でスピーキング力を伸ばしたい人へ

                             

                            • 勉強法はあるけど、結局何に取り組めばよいか分からない
                            • 短期間でスピーキング力を伸ばしたい

                            このように感じる人もいるかもしれません。

                            短期で伸ばすなら英語コーチングがオススメ

                            結論を言ってしまうと短期間でスピーキング力を伸ばしたいなら、英語コーチングがオススメです。

                            英語コーチングとは、専属のコーチが受講生一人ひとりにオーダーメイドカリキュラムを作り、日々の学習サポートをして目標を達成するサービスです。

                             

                             

                            スピーキング力アップにおすすめの英語コーチングスクール

                            英語コーチングスクールは数多くありますが、ここではスピーキング力を短期で伸ばすのにおすすめのスクールを紹介します。

                            1. ENGLISH COMPANY|初心者におすすめ
                            2. プログリット|TOCEIスコアは高くても話せない人へ
                            3. レアジョブ スマートメソッド|ビジネス英会話におすすめ
                            4. トライズ|オールインワンでスピーキング力アップ
                            5. NLPE英語コーチング|英語で挫折経験がある人へ

                              ENGLISH COMPANY|初心者におすすめ

                              ENGLISH COMPANYは科学的トレーニングで有名な英語パーソナルジムです。ここの卒業生は3ヵ月でTOEIC300点伸ばすなど、短期間で目覚ましい成果を挙げています。

                              もちろんTOEICスコアだけでなく、総合的な英語力を伸ばすことができ、自然とスピーキング力も身につけられます。

                               

                              筆者がENGLISH COMPANYを初心者にオススメする理由は、正しい英語学習法が身につくからです。初心者のうちから効率的な英語学習法を身につけると、スピーキング力アップに必要な時間を大幅にショートカットすることができます。

                               

                              ⇒ご参考:【衝撃】イングリッシュカンパニーの評判と口コミ!科学的トレーニングの体験談

                               

                              特に初心者は、英会話レッスンを受けるよりも、スピーキングに必要な基礎的なスキルを身につけるのが効果的と言われています。ENGLISH COMPANYの3ヵ月間で基礎力を一気に身につけられます。

                               

                              無料体験レッスンを受けるだけでも、「こんな英語学習法があったのか......」と目からウロコが落ちるはずです。気になる場合は、無料体験レッスンを受けることをおすすめします。

                              \600待ちの人気スクール/

                              完全オンライン対応、最大10万円割引

                               

                               

                              プログリット|TOEICスコアは高くても話せない人へ

                              TOEICのスコアが高くてもスピーキングに苦手意識がある人っていますよね。

                              この原因は、「知っている」英語の知識はたくさんあるのに、「使える知識」が少ないことです。

                               

                              プログリットのビジネス英会話コースでは、知っている知識を使える知識に変えるトレーニングに取り組みます。

                              実際、筆者もプログリットのビジネス英会話コースを受講し2ヵ月でビジネス英語を話せるようになりました。スピーキングスキルを伸ばすには、スポーツや筋トレのように繰り返しトレーニングをする必要があります。

                              ⇒ご参考:【人生激変】プログリットの評判と口コミ|2ヵ月でビジネス英語力が伸びた体験談と感想

                               

                              で、このトレーニングは単調なので、どうしても飽きてきます......。

                              「これをやればスピーキング力を伸ばせるのは分かるのけど、つまらないので続けられない。

                              こういう状態になりがちです。

                               

                              プログリットでは、専属のコンサルタントが毎日チャットでサポートしたり励ましたりしてくれるので、トレーニングが辛くなったときでも続けることができました。逆に一人でトレーニングに取り組んでいたら、挫折していたはずです。

                               

                              実際、プログリットには経営者や忙しいビジネスパーソンが通い、スピーキング力を伸ばしている実績があります。

                              無料カウンセリングを受けるだけでも、自分の英語力の課題が見えてきます。課題が見えると、その後の英語学習を効率化することができます。まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。

                               

                              \オンライン完全対応、最大10万円割引/

                              初心者向けコースあり

                               

                              スマートメソッド|ビジネス英会話におすすめ

                               

                              レアジョブ スマートメソッドは、大手オンライン英会話レアジョブが手掛ける短期集中型のスクールです。

                              スマートメソッドでは、4ヵ月でビジネス英語に特化したスピーキング力を鍛えることができます。

                               

                              通常はオンライン英会話を受けるだけだと、なかなかスピーキング力を伸ばせません。

                              なぜなら自分が得意な表現ばかり使ってしまい、新しい言い回しが身につかないからです。

                               

                              スマートメソッドでは、質の高い講師が生徒一人ひとりの弱点を指摘し、徹底的にトレーニングすることができます。

                              このレッスンに取り組むことで、着実にスピーキング力のレベルアップを達成できます。

                              実際、スマートメソッドには「レベルアップ保証」がついています。プログラムを修了しても、スピーキングレベルが上がらなかったら、無料で延長できるシステムです。プログラム内容に自信があるからこそ、できる保証ですね。

                               

                              それで、ここからが重要です!

                              スマートメソッドの無料カウンセリングに申し込むと、無料でスピーキングのテストを受けられるんです。20分のテストを受けると、あなたのスピーキング力がどのレベルにあり、どのような課題があるか具体的に細かく採点してもらえます。

                               

                              スピーキングに苦手意識を持つ日本人が多い理由の一つとして、スピーキング力を客観的に測る機会がないことがあげられます。

                              リーディングやリスニングであれば、TOEICなどの試験を受けるので、自分がどの位のレベルかがだいたい分かります。ですが、スピーキングを測る機会は少ないので、一口に「スピーキングが苦手」と言っても次のことが分かりません。

                              • 客観的に見て、スピーキング力がどのくらいのレベルか
                              • スピーキング力の6つのスキルのうち、何が得意で何が苦手か

                              スマートメソッドの無料カウンセリングに申し込んで、スピーキングテストを受けると上記のことがよくわかります。無料のスピーキングテストを受けるだけでも価値があるので、「これからスピーキング力を伸ばしたいな」という場合は無料カウンセリングに申し込んでみてください。

                              \無料スピーキング診断!/

                              成果保証!

                              トライズ|オールインワンでスピーキング力アップ

                              トライズは英語初心者が1年間でビジネス英語をマスターすることを目指すスクールです。

                              英語コーチングスクールの中には、自習メインで英会話レッスンの場がないスクールが多いです。

                              トライズは効率的な自習のサポートと、質の高いオンライン英会話レッスンの両方を受けられます。オールインワンでインプット→アウトプットの学習が進められます。

                               

                              つまり、他のことは一切やらなくてもトライズのプログラムに沿って学習を続ければ、自然とスピーキング力を伸ばすことができるわけです。

                               

                              筆者がトライズを体験して感じたのは、専属コンサルタントの温かさです。

                              もちろん日々の課題はラクではありませんし、コンサルタントも甘いことは言いません。それでも常に見守っていて優しくサポートしてくれるのがありがたかったです。

                               

                              あるとき、筆者はコンサルタントへの報告メールに「英語学習に根をつめすぎて好きな本を読めなく辛い」と学習報告に書いたことがありました。

                              そのときには、コンサルタントは次のようにアドバイスをしてくれました。

                              「好きなだけ本を読んでよいですよ。むしろ、一回英語学習のペースを落として好きなことを思いっきりやって、もう一度英語学習をやった方が効果的です。」

                              実際に、週末は英語学習を無理に詰め込まないようにしてリフレッシュすることで、平日の英語学習の効率を高められました。

                              コンサルタントのアドバイスがなければ、途中で燃え尽きていたかもしれません。

                              ⇒ご参考:【最悪!?】トライズは効果なし? 受講生が7つの悪い口コミを検証 

                               

                              トライズの無料カウンセリングを受けると、実践で英語を話せるようになる道筋が見えてきますよ。

                              \1年でビジネス英語をマスター/

                              返金保証あり!

                               

                              NLPE英語コーチング|英語で挫折経験がある人へ

                              NLPE英語コーチングスクールは、他のスクールと一味違います。

                              実は英語習得において、勉強法や勉強量よりずっと大切なことがあります。

                               

                              それは「信念」や「思考」です。

                              いま持っている「思考」や「信念」を手放さないと、いくらスパルタ式で英語学習をしても身につきません。反対に「思考」や「信念」を変えると、自然と英語学習を継続して英語力を伸ばすことができるようになります。

                               

                              それで、英語で挫折経験がある人は次のような信念や思考を持っています。

                               

                              これらの信念や思考を変えない限り、いくら努力してもなかなか英語力が伸びません。NLPE英語コーチングでは、英語アレルギーの人が持つ信念や思考を変えて、英語力を伸ばすポテンシャルを引き出してくれます。

                               

                              • 自分は英語が苦手だ
                              • どうせ自分は英語ができるようにならない

                              これらの信念や思考を変えない限り英語を身につけることはできません。逆にこのような信念、思考を手放すと英語を身につけられます。

                               

                              「え? どういうこと? なんか胡散臭そう......。」って思いますよね。実は筆者も最初はそう思っていました。って思いますよね。実は筆者も最初はそう思っていました。

                              しかし、これは脳科学や心理学の研究に裏打ちされているんです。実際に、何度も英語学習に挫折した受講生が、勉強を継続できるようになったり、英語を話せるようになったりしています。

                              ちなみにスクール名は「NLP(Neuro-Linguistic Programming:神経言語プログラミグ)」と呼ばれる心理学分野を元にしています。

                               

                              ⇒ご参考:NLPE英語コーチングスクール|英語学習法より大事なこととは?【南山代表インタビュー】

                               

                              以下がNLPE英語コーチングの南山代表のプロフィールです。英語を教えるプロであるだけでなく、心理学をベースにした本格的なコーチであることがわかります。

                              NLPE英語コーチングスクール代表。NLPE英語コーチングプログラム開発者、翻訳家、マルチリンガル(日本語、英語、フランス語、スペイン語)。米国認定NLP上級プロフェッショナルコーチ、TESOL上級過程修了。

                               

                              気になる場合は、ぜひ無料カウンセリングを受けることをオススメします。「こんな英語の学び方もあるのか!」と衝撃を受けるはずです。

                               

                              \英語アレルギーを解消!/

                              人生が変わる真のコーチング

                              まとめ

                              この記事の内容をまとめておきます。

                               

                              英語スピーキング勉強法6選
                              1.  中学英語をマスターする
                              2.  小学生でもわかる日本語に置き換える
                              3.  瞬間英作文トレーニング
                              4.  フレーズ暗記
                              5.  独り言を英語にする
                              6.  目的を持ってオンライン英会話に取り組む

                              短期間にスピーキング力を伸ばすには、英語コーチングがおすすめです。この記事で紹介したスクール2~3校の無料体験を受けるだけでも、自分のスピーキング力の課題がクリアになり、その後の学習に活かせますよ!

                              無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

                               

                              「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

                              「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

                              「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

                               

                              そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

                               

                              いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

                              反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

                               

                              ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

                               

                              • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
                              • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
                              • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

                               

                              現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

                               

                               

                               

                              カテゴリー
                              記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

                              例:

                              ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

                              ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

                               どうしたらよいか知りたいです。

                              ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

                              ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

                               

                              もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

                              もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

                              メールアドレス
                              質問など

                               

                              おすすめの記事