英語スピーキング力を伸ばすオススメ練習サイトを詳細に解説

最近はアプリを利用した英語学習が主流になってきていますよね。たしかにスマホだと手軽に勉強できます。

でも自宅でPCを使っていると「サイトを使って学習できたら便利なのにな」と思うことはありませんか?

 

実際、筆者はアプリも活用していますが、自宅ではPC用のサイトを利用してスピーキング練習をすることが多いです。

そこで今回は、スピーキングの練習に役立つおすすめのサイトと、サイトを利用した勉強法をご紹介します。

サイトにはアプリとは違った良さがあるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

大和博
サイトを使うと集中してスピーキングの練習ができます。

 

英語スピーキング力を上げるのに必要なこと

そもそも、英語のスピーキング力はどうしたら上がるのでしょうか?

スピーキングの上達には、会話に使える表現を覚えて、どんどんアウトプットすることが必要です。それぞれ詳しく説明しますね。

スピーキング力を伸ばすのに必要なこと

 

使える表現を覚える

あなたがスピーキング力を伸ばしたい理由は、英語で自由に話せるようになりたいからですよね。

それなら、まずはインプットをしましょう。ある程度の語彙力がないと、伝えたいことを言葉にすることができないからです。

 

始めは丸暗記で構わないので、便利な会話表現を頭の中にストックしていくことが大切です。

知識が増えてきたら、単語を入れ替えるなどして自力で作文できるようになりますよ。

自力で英作文ができるようになると、パッと口から英語が出てくるようになります。

 

アウトプットを増やす

インプットが貯まってきたら、覚えたことを実際に使ってみましょう。

アウトプットは、なるべく毎日、長期間にわたって継続することが大切です。なぜなら、英語はスポーツと同じだからです。

スポーツは繰り返し練習して体に覚えさせますよね?

 

英語のスピーキングも同様です。反射的に英語が口から出てくるようにするには、練習を繰り返して体に覚えさせることが重要です。

 

とはいえ、「周りに外国人がいないからアウトプットの練習はできない......」と思うかもしれませんが、心配は要りません。英語でひとり言を話したり日記を書いたりするのも立派なアウトプットです。

 

一人でもできるスピーキング練習法について詳しく知りたい場合は、【必見】一人のスピーキング練習で英語力を伸ばす2つの方法〜英会話を習得〜を読んでみてください。

英語スピーキングの練習におすすめのサイト

スピーキング力を伸ばすためには英語学習を習慣にすることが大切です。たしかにスピーキングの練習にはオンラインレッスンや英会話教室も有効ですが、費用も時間もかかるので、頻繁に受講できないという方もいると思います。

 

そこで、サイトを使った自習をおすすめします。会話で使える表現を覚えるのに役立ちますし、一人でもアウトプットを増やすことができますよ。

実際に筆者が利用して気に入っている英語学習サイトを厳選して2つご紹介します。

 

 

 

English Central

 

サイトの概要

アメリカ発祥の「English Central」は、動画を使った自習とオンラインレッスンを組み合わせた英語学習サイトです。

数分程度の短い動画を教材として、英語字幕・日本語字幕をオン・オフしながら学習を進めます。

 

  • 見る(リスニング)
  • 学ぶ(単語を学習)
  • 話す(セリフを音読)
  • チャット(動画について語る)

という流れが推奨されており、スピーキングだけでなくリスニングやライティングを鍛えることもできます。

 

動画教材が豊富

教材となる動画は1万本以上。セレブニュースからビジネスのヒントまで、さまざまなジャンルの動画が公開されており、時事ネタも定期的に追加されます。

 

  • 『いいね!』が人を愚かにする
  • ソフトウェア開発者の謎めいた生活

など興味深い話題が多く、次々と聞きたくなるんですよね。

 

以前はYouTubeで英語学習のための動画を探して見ていました。ですが、「English Central」に動画がまとまっているので動画を探す手間が省けるようになりました。

 

さらに、文法や発音を解説する動画もあり、映画のワンシーンやアニメーションを使った実例が紹介されています。比較級や過去完了進行形といった初心者がつまずきやすい文法も、「実際はこういう場面で使うんだ!」と理解することができますよ。

 

音声認識が優秀

「English Central」の動画学習では、PCのマイクを使った発音練習ができます。

この音声認識が優秀で、飛ばしてしまった単語や間が空いた箇所をきちんと拾って指摘してくれるんです。

 

フレーズごとに自分の発音の正確さが表示されるのですが、低い点数が表示されると悔しくて何度も練習してしまいます。100%(満点)になると達成感があって嬉しいんですよね。

どのセリフの音読を練習するか選べるので、動画の中の全てのセリフを練習することもできますし、ポイントとなる数個のセリフのみで済ませることも可能です。

 

⇨English CentralのHPを見る

 

東京外国語大学言語モジュール|英語

 

サイトの概要

外国語教育に精通した東京外国語大学(以下「外大」)が運営している語学学習サイトです。英語だけでなく、中国語やフランス語からラオス語まで、全27言語を学ぶことができます。

 

  • 挨拶する
  • 提案する
  • 招待する

などシチュエーションごとに短い会話が用意されているので、ネイティブスピーカーが実演している動画を見ながら学習しましょう。

語彙と発音のポイントが別ページに掲載されているので、辞書を使わずにサイトだけで学習が完結します。

 

実際に大学で使われている教材

外大は日本唯一の国立外国語大学で、言語学や国際研究のプロフェッショナルを多数輩出しています。

サイトで公開されている動画は、大学の授業で実際に使うために開発されたもの。語学に特化した大学の教材なので、無料で使えるのが不思議なくらいクオリ

ティが高いです。

開発したのは外大の教員や大学院生など一流の研究者たちですから、内容にも信頼が置けますよね。

 

多様な英語が学べる

このサイトの特徴は、多様な英語が学べる点。アメリカ英語はもちろん、イギリス英語、オーストラリア英語、インド英語、マレーシア英語など、10種類の英語でそれぞれ動画が用意されているんです。

 

日本の英語教育はアメリカ英語が主流なので、他の国の英語を学べる教材は少ないですよね。

しかし、実際にはアメリカ以外の国の人と英語で話す機会もありますし、TOEICでは5カ国の英語が使用されています。

日頃から多様な英語に親しんでおくことは重要なので、ぜひ外大のサイトを活用してください。

 

⇨東京外国語大学モジュールのサイトを見る

 

 

サイトを使った英語スピーキングの勉強法

サイトを使った学習が良いのはわかったけど「どうやって勉強を進めたらいいんだろう?」と迷ってしまう方もいるかもしれません。

基本的には、サイトで公開されている動画の内容をひとつずつ勉強していくのがおすすめです。

具体的にどのような流れで学習すればいいのか説明しますね。

 

 

まずは耳から入る

最初は字幕をオフにして、英語を聞くことに集中しましょう。

スピーキングの練習では「話す」ことに気を取られがちですが、実際の会話ではリスニングも同じくらい重要です。

また、耳を鍛えれば正しい発音を聞き分けられるようになります。自分の発音にも気をつけるようになるので、結果としてスピーキング力も向上しますよ。

 

単語と文法を確認する

英語の音を聞き取れるようになったら、分からない単語を調べ、文法の構造を理解しましょう。

面倒に感じるかもしれませんが、きちんと下調べしておくと、暗記が楽になります。

 

たとえば、日本美術に「いろえかちょうもんろっかくつぼ」という有名な作品がありますが、音だけで覚えようとしても、よく分かりませんよね。

「色絵・花鳥文・六角・壺」つまり「色つきの絵で花と鳥の模様を描いた六角形の壺」だということが分かれば、名前を覚えられそうな気がしませんか?

 

英語の長い文章も、分解してひとつずつ意味を理解すれば、意外と簡単に覚えられるんです。

 

この記事で紹介した「English Central」と外大のサイトでは、各教材ごとに難しい単語の訳がまとめて掲載されています。

100%を目指さなくてもいいので、ポイントだけでも頭に入れておくといいですよ。

 

同じ内容を繰り返し復習する

エビングハウスという心理学者の研究によると、人間は一度覚えても1時間後には56%忘れ、1日経つと74%忘れてしまうそうです。

せっかく一所懸命学習しても次の日にはほとんど忘れてしまうなんて、悲しいですよね......。

 

しかし、適切なタイミングで復習すれば記憶が定着し、長期にわたって忘れにくくなると言われています。

なので、会話表現が体に染み込むまで繰り返し練習しましょう。

 

筆者は1日、3日、1週間、と少しずつ間隔を延ばして、最低3回は同じ動画の復習をします。

「同じ教材だと飽きてしまう」という時は、別の動画を見たり、アプリや参考書での勉強を挟んだりして、気分転換をしてもOKです。

 

英語スピーキング練習のサイトとアプリの比較

最近は、英語学習に役立つスマホアプリもたくさん登場しています。

この記事ではサイトを使った勉強法を紹介しましたが、それぞれどんなメリットがあるのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、以下の違いがあります。

アプリとサイトの違い
  • しっかり時間をとって学習したい人にはサイト
  • 英語学習の習慣が身についていない初心者にはアプリ

詳しく見ていきましょう。

 

サイトを利用したスピーキング練習のメリット

スマホから利用できるサイトもありますが、基本的にPCでのアクセスを前提にお話ししますね。

 

サイトを利用すると、アプリよりも学習に集中しやすいです。

なぜなら、寝そべりながらでも使えるアプリと違ってデスクに向かう必要があるため、自然と「勉強モード」に入れるからです。

 

無駄な動作が少なくなることも集中できる理由のひとつ。

アプリだと一度に表示できるものが限られているため、いちいち画面の切り替えをしなければいけませんよね。

PCを使ってサイトで学習する場合、画面が大きいので、動画とテキストを同時に表示できますし、気になるフレーズをメモ帳にコピペする作業も素早く行えます。

 

初心者は「英語を勉強するために机に向かう」という点にハードルを感じるかもしれませんが、習慣になってしまえば、アプリよりもサイトのほうがストレスなく学習することができます。

 

アプリを利用したスピーキング練習のメリット

アプリのメリットは、なんといっても手軽に学習できることです。

スマホひとつでいつでもどこでもアプリを起動できるので、家事や仕事の合間のちょっとしたスキマ時間を有効活用できます。

 

英語学習が習慣になっていない段階では、1日でも休むと、次の日も面倒になってしまいがち。そうなると、学習が続かなくなってしまいます。

習慣にするには、毎日5分でも英語に触れたほうがいいので、アプリを使ってみてください。

 

ただし、スピーキングの練習は自分で発音してみることが大切。電車での移動中や会社の休憩時間など、声を出しにくい時は、スピーキングではなく単語クイズやリーディングなど別の練習をするのがおすすめです。

 

まとめ

この記事では、サイトを利用したスピーキングの勉強法についてお伝えしました。

スピーキングの上達には外国人と会話することも必要ですが、練習量を増やすために独学も取り入れるのがオススメです。

英語学習に慣れてきたら、外出先ではアプリ、家ではサイトを使うなど、両方のメリットを生かして使い分けるといいですよ。

 

一人でたくさん練習して自信がつくと、オンラインレッスンや実際の英会話も楽しめるようになります。

ぜひいろいろな方法を試して、自分に合ったやり方でスピーキング力アップを目指してくださいね。

 

他にもスピーキング練習法について知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

カテゴリー
ビジネスで成果を出せる英語力とは?

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

TOEICの勉強をしたり、英会話スクールに通ったりしても、一向に英語で仕事ができるようにならない。

 

あなたも薄々気づいているのではないでしょうか。いくら英語ができても、仕事で成果を出したり収入をあげたりできない真実に。

 

いくらTOEICでハイスコアを取ったり英語が流暢になっても、”ビジネスで成果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません

反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

 

もし、あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいと少しでも思うのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

メリット
  • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
  • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
  • 英語力アップが仕事の成果につながる。

     

    現在7通の無料メール講座を実施中です。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

     

    /期間限定! 無料PDFプレゼントあり/

    7通の無料メール講座
    おすすめの記事