本気で英語を話したい人へ|おすすめ勉強法と意識すべき3つのポイントを解説

英語を話したくて色々やってみたけど、上達しなくて挫折しまった......。一体どうしたらいいんだろう?

 

この記事では、「今度こそ本気で英語を話せるようになりたい!」という悩みに答えます。

 

私自身、学生時代から英語学習に取り組んできましたが、なかなか成果が出ずに苦しい時期がありました。

でもたくさん失敗したからこそ、今では英語を話せるようになるための正しい方法が見えています。

 

  • 英会話スクールに通ったけど、全然話せるようにならなかった......
  • 英語が話せないせいで、仕事で恥ずかしい思いをした......

こんな経験がある人でも、3つのポイントを抑えて、正しい方法を実践すれば必ず英語を話せるようになりますよ。

 

意識すべきポイントや効果的な勉強法を解説するので、ぜひ最後まで読んで実践してくださいね。

 

初心者が目指すべき「英語が話せる」状態の定義

そもそも「英語が話せる」とはどういう状態でしょうか?

この定義は人によってかなり差があります。

 

挨拶と自己紹介ができるだけで「英語なら話せるよ!」と言う人もいれば、ビジネスで英語を使っていても「私なんてまだまだ話せない」と感じる人もいます。

 

なので目標も人それぞれ違って当然ですが、ずっと日本語だけで暮らしてきた人がいきなり「ネイティブ並みにペラペラになる」というのは現実的ではありません。

 

ここでは、初心者が目指すべき「英語が話せる」状態の定義を具体的に考えてみましょう。

 

 

 

言いたいことを英語で伝えられる

ひとつの基準は「自分の言いたいことを英語で伝えられるかどうか」です。

 

  • お店で欲しいものを注文する
  • 感謝や謝罪の気持ちを伝える
  • なぜ困っているか説明する

こうしたことが英語でできれば、外国でもなんとか暮らしていけますよね。

文法が間違っていたり、発音がカタカナ読みだったりしても、とにかく伝わればOK

 

言いたいことを英語で伝えられれば英語圏で生活できるのですから、「英語が話せる」といって問題ありません。

 

外国人とコミュニケーションがとれる

次のレベルは「外国人と英語でコミュニケーションがとれること」です。

表現がたどたどしくても、外国人との英会話を楽しめるなら「英語が話せる」といえます。

 

コミュニケーションを成立させるためには、きちんと相手の話を理解して、ふさわしい返事やリアクションをすることが必要です。

一方的に自分の言いたいことを言うだけでは、機械的なやりとりしかできません。

つまり、誰かと意見を交わして関係を深め、友達やビジネスパートナーになることはできないんです。

 

一般にイメージされる「英語を話せる人」は、外国人とも関係性を築いています。

 

本気で英語を話したい人が意識すべき3つのポイント

「本気で英語を話したい!」と思ったら、意識すべきポイントをお伝えします。

これを知っているのと知らないのでは勉強の効率が違ってくるので、頭に入れておいてください。

 

 

積極的に英語を使う

英語は使えば使うほど上達します。

ところが初心者は自分の英語に自信がないので、英語で話す機会を避けてしまいがちです。

 

  • 間違えたら恥ずかしい......
  • どうせ英語が通じない

そんな気持ちは捨てて、どんどん英語を使うクセをつけましょう。

 

どんなに英語が得意な人でも、始めはみんな話せなかったんです。

たくさん失敗するのは当たり前なので、怖がらずにトライしてくださいね。

 

「英語と日本語は別物だ」と理解する

英語と日本語は違う言語なので、全くの別物だということを理解しましょう。

 

たとえば日本語では「すみません」をよく使いますよね。

そのまま英語に訳すと「I’m sorry.」か「Excuse me.」になります。

 

相手に何かしてもらった時、日本語なら「すみません」で通じますが、英語で「I’m sorry.」と言ったらおかしくありませんか?

「この人はどうして謝ってるんだろう」と思われてしまいます。英語なら「Thank you.」と返すのが普通です。

 

このように、言語にはその国の文化も関わっているので、辞書通りに暗記するだけでは使い物にならないのです。

英語を全て日本語に変換して理解しようとしたり、日本語をそのまま英語にしようとすると混乱してしまいます。

 

細かいことで悩みすぎず、「英語ではこういう表現をするんだな」というように柔軟に考えるといいですよ。

 

英語上達には時間がかかる

英語上達には時間がかかります。

個人差はあるものの、1ヶ月程度で劇的に上達することはないので、焦らないことが重要です。

 

「早く英語が話せるようになりたい!」と強く願う人ほど、短期間で効果が見えないと諦めてしまいがち。

しかし勉強の成果は下の図のように長期にわたってジワジワ出てくるので、途中でやめたら努力が無駄になってしまいます。

 

 

しばらくはもどかしく感じるかもしれませんが、続けていれば必ず報われます

地道にコツコツ頑張ることが「英語を話せる人」への近道です。

 

本気で英語を話せるようになる3つの勉強方法

意識すべきポイントを押さえたうえで、具体的にどのように勉強したらいいのでしょうか。

私が取り組んできたものの中から、初心者にも効果が出やすい勉強方法を3つ紹介します。

 

 

 

オンライン英会話で「話すこと」に慣れる

オンライン英会話をやってみたことがない人は、一度試してみることをおすすめします。

初心者は「英語で話した経験」が少ないので、数回のレッスンでもある程度の効果が見込めます。

 

正直なところ、オンライン英会話は手軽に始められる反面、やめるのも簡単なので、継続率はあまり高くありません。

ですが、「英語を話すことに慣れる」というだけなら、短期間でも達成できます。

 

無料体験レッスンを実施しているサービスが多いので、まずは何回か続けて受けてみましょう。

たとえば「ネイティブキャンプ 」は7日間無料トライアル、「Kimimiオンライン英会話」は10日間無料で受講可能です(※2022年8月現在の情報)。

 

 

まずは、

  • 英語で話すってこんな感じか
  • こういう言い方だと伝わりやすいな

といった感覚がつかめれば十分です。

 

オンライン英会話が自分に合っていると感じたら、そのまま継続すれば、英語の上達が加速します。

 

「オンライン英会話は緊張しそう......」という場合は、以下の記事も読んでみてくださいね。

⇨オンライン英会話で緊張するのは当たり前|2つの原因と対処法を解説 

 

英語でひとりごとを言い続ける

独学で頑張りたい場合は、英語でひとりごとを言い続けるのがおすすめです。

私は長年にわたって「英語でひとりごと」を続けており、効果を実感しています。

 

「英語が話せる」の基準のひとつは「言いたいことを英語で伝えられる」でしたよね。

 

頭に浮かんだことを英語にできれば、この基準をクリアできます。

そのために効果的なのが、ひとりごとを英語に変換してみることです。

 

  • おなかすいたから夕食をつくろうかな。
  • そういえば明日の資料準備してないや。
  • 英語が話せるようになったら何しようかな。

     

    こういう他愛もないことを、どんどん英語にして口に出せばいいだけです。

     

    もちろん最初は英語で言えないことがほとんどだと思います。

    そういう時は辞書を引いたりネット検索したりして、調べる習慣をつけましょう。

    ひとりごとを積み重ねていくと、自然と言いたいことが英語で言えるようになりますよ。

     

    一人でもできるスピーキング練習法の詳細については以下の記事を参考にしてみてくださいね。

    ⇨【無料】英語のスピーキングを一人で練習する2つの方法〜独学で英会話を習得〜 

     

    瞬間英作文を繰り返す

    とっさに英語が口から出てくるようにするためには、「瞬間英作文」が効果的です。

    瞬間英作文とは、日本語を即座に英語にするトレーニングです。

     

    20年ほど昔のことですが、香取慎吾さん出演の英会話番組から生まれた本「ベラベラブック」という書籍を愛用していました。

    左のページに日本語の短文、右のページに英訳という構成で、シートで英訳を隠しながら暗記していくというもの。

    このように短い文を何度も何度も英訳していると、いちいち考えなくても英語が口から出てくるようになります。

     

    最近は「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」や「自分で作る瞬間英作文」など、便利なアプリが出ています。

    スキマ時間にトレーニングを重ねれば、英語が体に染み込んでいき、反射的に英語が話せるようになります。

     

    瞬間英作文の具体的なやり方については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

    ⇨【注意】瞬間英作文のやり方を間違えると効果が出ない|正しいトレーニング法を解説

     

    英語学習を続ける3つのコツ

    「本気で英語を話したい人が意識すべきポイント」の3つ目としてお伝えしたとおり、英語上達にはある程度の時間がかかります。

    なので、長期的なスパンで学習を継続することが必要です。

     

    とはいえ、やる気が続かず三日坊主で終わってしまう人が多いのも事実。

    それではもったいないので、無理なく英語学習を続ける3つのコツをまとめました。

     

     

    「英語を話せるようになった自分」をイメージする

    英語が話せるようになったら何をしたいですか?

     

    • 外国人と友達になって冗談を言い合う
    • 英語を使う部署で活躍する
    • 英語でYouTubeを配信する

    小さなことでも構わないので、やりたいことを具体的に挙げてみてください。

     

    そして目標をかなえた自分の姿をイメージしてみましょう。

     

    「英語が話せたら、ワンランク上の自分になれる!」

    そう信じることがモチベーション維持につながります。

     

    「楽しい」と思える勉強方法を選ぶ

    辛く苦しいことは、相当努力しないと続けられません。

    でも楽しいことなら、自然とやりたくなりますよね。

    なので、自分が楽しいと思える勉強方法を選べば、頑張らなくても長く続けられます。

     

    何を楽しいと思えるかは人によって違うので、自分に合った方法が見つかるまで、いろいろ試してみるといいですよ。

    私の場合は、海外ドラマ「フレンズ」のセリフを覚えたり、好きな洋楽の歌詞を調べたりしました。

     

    途中で「なんか違うな」「飽きたな」と感じたら、勉強方法を変更しても大丈夫です。

     

    重要なのは、とにかく英語学習から離れないこと。

    英語の勉強方法や教材は充実しているので、どんな人でも「楽しい」と思える方法に出会えるはずです。

     

     

    簡単にやめられない状況をつくる

    やる気があるうちに、簡単にやめられない状況をつくっておくのも効果的です。

     

    たとえば、

    • 費用のかかるコーチングサービスに申し込む
    • 上司や同僚に「本気で英語に取り組みます!」と宣言する

    などが考えられます。

     

    英語学習をやめてしまったら、費用が無駄になったり信用を失ったりなど、自分が損をするようにしておくのです。

    そうやって自分を追い込んでおくと、怠けたくなった時に「やっぱりもう1日頑張ろうかな......」とストッパーがかかります。

     

    本気で英語が話せるようになりたいなら、多少リスクを背負う覚悟も必要だということです。

    ただし過度なストレスは逆効果なので、無理しすぎないでくださいね。

     

    上記以外にも、英語学習を習慣化して続ける方法について、以下の記事にまとめています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

    ⇨英語学習を継続する8つのコツ|習慣が身に付く方法

    まとめ|誰でも英語を話せるようになる

    英語を話すことは簡単ではありませんが、正しく取り組めば誰でも話せるようになります。

    今までうまくいかなかった人も、諦めずにチャレンジを続けてみてください。

    学習を継続すれば、今日よりは1ヶ月後、1ヶ月後よりは半年後、半年後よりは1年後のほうが、英語が話せるようになります。

     

    私もいまだに「もっと英語が話せたらな」と思うことがありますが、学生の頃と比べたらかなりレベルアップしています。

    特別なことをしたわけではなく、ひたすら英語を勉強してきた結果です。

     

    この記事に書いてあることを実践すれば、効率よく英語が話せるようになるので、今すぐやってみてください。

    1年後には「英語が話せる自分」にグッと近づいているはずですよ。

     

    カテゴリー
    ビジネスで成果を出せる英語力とは?

    あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

    TOEICの勉強をしたり、英会話スクールに通ったりしても、一向に英語で仕事ができるようにならない。

     

    あなたも薄々気づいているのではないでしょうか。いくら英語ができても、仕事で成果を出したり収入をあげたりできない真実に。

     

    いくらTOEICでハイスコアを取ったり英語が流暢になっても、”ビジネスで成果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません

    反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

     

    もし、あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいと少しでも思うのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

    メリット
    • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
    • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
    • 英語力アップが仕事の成果につながる。

       

      現在7通の無料メール講座を実施中です。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

       

      /期間限定! 無料PDFプレゼントあり/

      7通の無料メール講座
      おすすめの記事