【TOEIC900の体験談】イングリッシュビレッジはコスパ最強~評判と口コミ~

イングリッシュビレッジは東京、横浜でコスパ最強のマンツーマン英会話スクール。

グループレッスンだと話せる量が少ないから、マンツーマンの方がよいれど、料金がネックとなっている人も多いかと思います。

大手スクールは40分の1レッスンで6.000円~9,000円程度なのに対し、イングリッシュビレッジは40分レッスンが2,100円~受けられます。

「安いということは質が悪いんじゃないの?」

今回、実際にイングリッシュビレッジを体験した筆者が、料金が安くても質が高い理由を解説します。

この記事でわかること
  • イングリッシュビレッジはコスパ最強のマンツーマン英会話スクール
  • コスト構造でわかる|料金が安くても、講師の質が高い理由
  • レッスンの自由度が高く、目的を持って英会話をはじめたい人におすすめ

⇒イングリッシュビレッジの公式HPを見てみる

 

    この記事の目次

    イングリッシュビレッジの特徴

    イングリッシュビレッジは、コスパ最強のマンツーマン英会話スクール

    実際に体験して感じたのは、イングリッシュビレッジはコスパ最強のマンツーマン英会話スクールということ。

    大手スクールは、40分レッスンで6,000円~9,000円しますが、イングリッシュビレッジは2,100円~。大手スクールの1/3~1/5の価格です。

    東京、横浜エリアでは最も安くマンツーマンレッスンを受けられる英会話スクールです。

    イングリッシュビレッジと大手英会話スクールの料金

     

    イングリッシュビレッジのコスパが高い理由|コスト構造でわかる

    イングリッシュビレッジのコスト構造

    では、なぜイングリッシュビレッジは料金が安いのでしょうか?

    大手スクールとコスト構造を比べるとよくわかります。

    広告費、スクール家賃、教材費を抑える

    他社と比べて最もコスト削減の効果が高いのは、広告費です。

    大手スクールはTV CM、新聞、雑誌、電車などを使い大々的に広告を出しています。

    この広告費用が高い。レッスン料の1/3程度は広告費に使われています。

    一方、イングリッシュビレッジは広告費にほとんどお金をかけていません。

    実際、TV CMや雑誌などで広告を見かけません。

    レッスンを受ける私たち生徒の立場だと、スクールが広告費にお金を使おうが、使うまいが関係ありません。生徒の満足度や英会話の上達と最も関係が小さい、広告費のコストを抑えている、ということ。

    他にも、スクール家賃、日本人スタッフ、教材開発費を抑えています。

    講師の給料は大手スクールと同等|講師の質を確保

    一方で、講師の給料は大手スクールと同等です。なぜなら、講師の質の維持に必要だからです。

    講師の質は、生徒の満足度や英語力の上達に影響します。そのため、イングリッシュビレッジは講師の給料は大手スクールと同水準としています。

    お金をかけるところ、かけないところにメリハリをつけているから、安い料金で質の高いマンツーマンレッスンができるというわけです。

    創業は1990年、実績の積み重ねにより、口コミで広がる

    イングリッシュビレッジは広告費にお金をかけないため、聞いたことがない人もいるかと思います。

    しかし、創業は1990年で歴史あるスクールです。これまで、実績を積み重ね、口コミで広がってきました。

    レッスンの自由度が高い

    イングリッシュビレッジはレッスンの自由度が高いです。

    大手のスクールでは、決まったテキストに沿ってレッスンを進めるケースが多いです。

    しかし、イングリッシュビレッジでは生徒の自由にレッスンを設計できます。

    たとえば、以下のようなレッスンが可能です。

    • 講師相手にフリートーク
    • テキストに沿ったレッスン
    • ニュース記事を題材に講師とディスカッション
    • 動画を見ながらディスカッション
    • 仕事の場面を想定したロールプレイ
    • 実際に仕事で使うプレゼンの練習、資料の添削

      もちろん、途中でレッスンのスタイルを変えるのもOK。ここまで自由度の高いレッスンができるスクールは少ないです。

      ⇒【無料体験レッスン】イングリッシュビレッジの公式HP

      イングリッシュビレッジの口コミと評判

      自分にあったレッスンにカスタマイズできる

      最初はテキストを使っていたんですが、自分にはフリートークの方が合ってるなと途中で思い、フリートーク中心のレッスンに変えてもらいました。私が解らない単語は、言い換えてわかるまで丁寧に教えてくれるので安心して会話を楽しめてます。

      今はレッスンに自分で書いた英文の日記を書いて持っていき、日記を直してもらいながら自分で文章を構成できるよう文法や単語など勉強しています。

      コスパが素晴らしい

      最初名古屋のECCではじめました。毎週固定のグループレッスンで。

      最初は、初心者同士同じレベルの人たちと、たどたどしい英語でお互い話していてそれなりに最初は楽しめたのですが、少し時間がたつと、仕事も忙しくなって定時だとほとんど行けなくて欠席がちにもなったので、自由予約のグループに変更することにしたんです。

      2-3人とかでたまには1人だけでマンツーマンだったり、それでも一回4000円以上とかして割と高かったんです。今のイングリッシュレッジでは、毎回マンツーマンで2100円なので、凄く安いんだと思います。

      毎回、別の先生とレッスンをするのも楽しい

      僕の場合は、毎週土曜日の10時って決めていて、先生は毎回あえて別の人を選んでいます。その先生その先生で強みや話題が違うので、例えばS先生とは時事ネタ関連、K先生とはゲームの話しや、A先生とは少し深い人生論など、毎回違ったチャレンジを楽しんでいます。

      普段、英語を喋る機会があまりないので、自分から喋る機会をキープして、卓球の実戦みたいに、交互に球を打ち合う練習をしている感じですね。

      とにかく楽しい!

      楽しいです!とにかく楽しいです!先生も、実際、ビックリするくらい全員違う。同じ先生だと癖が分かっちゃうから、ちゃんと話せてなくても解かってくれたりしますが、違う先生をトライできるのですごく良いです。

      そう、J先生はきれいに話してくれるので解かりやすい。けど、この英語じゃ実際に実地でやるときには通用しないだろうって思います。I先生なんかは手心加えないので、あのスピードの慣用表現が聞けるようになったら、普通に通用するだろうと思って頑張ってます。

       

      ⇒【無料体験レッスン】イングリッシュビレッジの公式HP

      イングリッシュビレッジの無料体験レッスン

      次に、筆者が受けたイングリッシュビレッジの無料体験レッスンの内容や感想を紹介します。

      アンケート記入10分
      無料体験レッスン、レベルチェック20分
      スクール説明30分

       

      アンケート記入

      最初にアンケートに記入します。記入時間は5~10分程度。

      英語学習の目的、英語力のレベル、レッスンに期待すること、今後伸ばしていきたいスキルなど。

      チェック形式なので簡単に回答できます。

      アンケートに記入し無料体験レッスンの時間になると、講師が呼びに来ます。レッスンは個室で行いました。

      無料体験レッスンとレベルチェック

      ここから、無料体験レッスンとレベルチェックが始まります。講師はアメリカ人男性。レッスンは個室で行います。

      出身地、仕事内容、趣味などを聞かれ、そこから会話が膨らみました。

      私が「読書が趣味」だと言うと、講師がタブレットを取り出しAudible(Amazonが提供する本の朗読アプリ)を取り出し、どのような本を聞いているのか紹介してくれました。

      サイエンス、心理学、歴史、小説など幅広いジャンルで、とても知的な講師だと感じました。

      しばらく会話に盛り上がった後、講師から「TOEICを受けたことがあるか?」と聞かれました。

      普段TOEICを教えているようで、5分話すと相手のTOEICスコアが大体わかるとのこと。

      「何点か当ててみてくれ」と伝えると、講師から「910点±10点」と言われました。

      実際、過去に受けたTOEICスコアは900点だったので、非常に高い精度だと感じました。

      フィードバックとレッスン内容の提案

      15分程度、話しをした後で、講師がフィードバックをしてくれました。

      英会話レベルとしては上級に位置しており、課題は少しレスポンス(反応)が遅いこと。

      レッスン内容の提案は、通常のテキストを使うのではなく、ニュース記事を題材にしたディスカッションや、実際の仕事シーンを想定したロールプレイなど。もちろん、実際に資料で使う資料を持ち込んで添削してもらったり、プレゼンのリハーサルをしたり、ということも可。

      提案を聞いて、ニュース記事を題材にしたディスカッションが面白そうだと感じました。

      スクール説明

      イングリッシュビレッジの説明

      レッスンが終わり、個室を出ると受付の日本人女性がやってきてスクールの説明をしてくれました。

      以下の内容について30分程度、話を聞きました。途中で会話が盛り上がり、話が脱線することがありましたが純粋に楽しかったです。他のスクールでは、このように盛り上がることはなかったので、アットホームなスクールなのだと思いました。

      ① 講師について
      ② 料金体系
      ③ 予約システム

      講師について

      講師は全員ネイティブ。アメリカ人、イギリス人、カナダ人、ニュージーランド人など国籍は様々です。

      講師により性格やレッスンスタイルが異なるので、好みに合わせて選ぶのがよいとのこと。

      予約時に講師を指定できます。

      ちなみに、大手スクールで人気講師だった方が、転職してイングリッシュビレッジで講師を務められるケースもあるようです。

      大手スクールでは、決まったカリキュラムに沿ったレッスンをするため個性を出せずつまらない。イングリッシュビレッジでは、講師の個性を出したレッスンができるので、こちらの方が面白い、との理由だそうです。

      講師の視点で見ると、大手スクールと同水準の給料で、自由なスタイルのレッスンができるのがイングリッシュビレッジの魅力。だからこそ、初心者の講師ではなく、ベテラン講師や自分でレッスンを組み立てられる実力ある講師が集まるのでしょう。

      料金体系

      次の章で詳しく解説しますが、他スクールと比べてEnglish Villageの料金は圧倒的に安い。

      広告費、スクール家賃、日本人スタッフ、教材費などをカットしているため、割安なマンツーマンレッスンを提供できるとのこと。

      たしかに、スクールは駅から徒歩3分と近いですが、うまく安い物件を選んでいるように思います。

      また、大手スクールでは小さな校舎でも受付に2~3人の日本人がいますが、イングリッシュビレッジでは1人で対応していました。それでも、特に生徒から不満はないとのこと。

      レッスンの質を維持するため講師への報酬はしっかり払い、生徒にとって不要なコストは削る、メリハリをつけることで高いコストパフォーマンスを実現しています。

      予約システム

      オンライン予約、電話、スクールで予約が可能です。オンラインは24時間対応。

      3週間先のレッスンまで予約可能です。

      キャンセルは2日前の18:00まで。それ以降は、レッスン消化扱いになるので注意してください。

      無料体験レッスンの感想

      ① 講師との距離が近く、アットホームなスクール
      ② 自分の好きなようにレッスンをカスタマイズできる

      講師と距離が近くアットホーム

      イングリッシュビレッジは、講師と生徒の距離が近くアットホームだと感じました。

      講師一人ひとりが個室を持っており、部屋のレイアウトにも講師の個性が出ています。

      大手スクールは、共通の部屋を使うため、講師のオリジナリティが出づらい。

      また、大手スクールでは日本人カウンセラーを通してレッスンに関する要望を出すのが一般的です。しかし、イングリッシュビレッジでは、直接講師にお願いすることができます。そのため、講師と生徒の距離が近くなります。

      結果として、アットホームな雰囲気になっているとかんじました。

      自分の好きなようにレッスンをカスタマイズ

      他にも、レッスン内容のカスタマイズができるスクールがあります。しかし、ある程度テキストに沿ったレッスンが必要です。

      しかし、そもそもイングリッシュビレッジはオリジナルの教材がありません。その結果、コストが抑えられるだけでなく、レッスンの自由度が高く、生徒の希望通りに設計することが可能です。

      通常、このように自由度が高いレッスンは、講師と個人契約をしないと実現できません。

      格安料金で、カスタマイズしたレッスンを受けられるのは魅力だと感じました。

      イングリッシュビレッジの料金

      大きく分けて二つのコースがあります。

      フリーチケットコース(通うペースが自由)

      通うペースを自分で決められるコースです。レッスン時間400分単位でチケットを購入します(レッスン時間は40分、60分、80分から選べます)。チケット購入はスクールにて現金払いのみ。

      (税別料金)

      単校プライベートどこでもプライベート
      入会金31,000円31,000円
      レッスン料(400分)25,000円30,000円
      レッスン単価(40分)2,500円3,000円
      初月の合計56,000円61,000円

      ※単校プライベート:通える校舎が固定

      ※どこでもプライベート:どの校舎でもレッスンを受けられます

      ※1年ごとに更新料(20,000円)の支払いが必要です。有効期限が切れると、自動で退会となるので注意してください。更新したい場合は、スクール受付で延長したい旨を伝え、更新料を支払います。

      マンスリーチャージコース(月謝制)

      月謝制で月160分(40分×4回)か、320分(40分×8回)を選べます。

      フリーチケットコースよりさらにリーズナブルな料金でレッスンを受けられます。

      ただし、申し込み後、1年以内に解約するとペナルティ料金が発生するので、1年以上継続をされる方におすすめなコースです。

      他にもお試しコースやセミプライベートコース(グループ)もあります。

      よくある質問

      レッスンの予約はどのようにするのですか?

      電話、スクール窓口、オンラインで予約が可能です。

      電話、すく―ル窓口オンライン予約
      予約受付時間

      【平日】13:00~21:30

      【土日】10:00~18:00

      24時間対応

      ※3週間先の予約は、予約開始日の0:00から

      ※当日の予約は電話のみ対応

      予約の変更、キャンセル2営業日前18:00まで2日前18:00まで

       

      クレジットカードで支払いできますか?

      申し訳ありませんが、スクールで現金払いのみです。

      イングリッシュビレッジは、どんな人にオススメ?

      イングリッシュビレッジがおすすめな人

      こんな人にオススメ!
      • 東京、横浜エリアにお住まいで、リーズナブルにマンツーマンレッスンを受けたい人
      • 目的を持ってレッスンを受けられる人
      • 楽しくレッスンを受けたい人

        くり返しお伝えしているように、イングリッシュビレッジは東京、横浜エリアでコスパ最強のマンツーマンレッスンを受けられるスクールです。

        また、レッスンの自由度が高いので、目的を持って「こんなレッスンを受けたい!」という希望がある人には最適です。

        そうでない人でも、アットホームで楽しい雰囲気なので、楽しくレッスンを受けたい人にもおすすめです。

        イングリッシュビレッジをおすすめしない人

        • 受け身でレッスンを受けて、英語力を伸ばしたい人
        • 地方在住の方

          イングリッシュビレッジは自由度が高い反面、目的がなく受け身だと、「なんとなくフリーチャットをして終わってしまった」となりがちです。

          どんなレッスンを受けたいか、イメージがない方はレッスンの枠組みが決まっている大手スクールの方が向いているかもしれません。

          イングリッシュビレッジの無料体験レッスンの申し込み方

          次に、無料体験レッスンの申し込み方を解説します。

          公式HPから申し込み

          イングリッシュビレッジの公式HPの、「無料体験レッスン」をクリックします。

          名前、電話番号、メールアドレス、希望の校舎を選択して申し込みます。1分で記入できます。

          無料体験レッスンの申し込み方

          申し込み確認メールを受け取る

          しばらくすると、申し込み確認メールが届きます。

          この時点では予約は確定していません。

          イングリッシュビレッジのメール

          電話で日程を確定させる

          1~2日後に、スクールから日程調整のため電話がかかってきます。

          電話で、希望の日時をお伝えし、予約を確定させます。

          現状では、希望の日時で予約が取れる模様。

          あとは、当日にスクールに直接行くだけです。

          まとめ|コスパの良いマンツーマン英会話スクールならイングリッシュビレッジ一択

          イングリッシュビレッジは、広告費を抑え、格安でマンツーマンレッスンを提供する英会話スクールです。

          TV CMや雑誌広告などで見かけないため、大手スクールと比べると知名度は低いかもしれません。しかし、この記事で紹介したように講師の質もしっかりしていますし、大手スクールより自由度の高いレッスンを受けられる魅力もあります。

          東京、横浜エリアにお住まいで、「英会話のマンツーマンレッスンを受けてみたいな」と思っている方は、一度無料体験レッスンをけてみることをおすすめします。

          持ち物は不要ですし、一時間程度で終わります。

          無理な勧誘などもないので安心です。

          ⇒【無料体験レッスン】イングリッシュビレッジの公式HP

           

          短期間で英会話力を伸ばすならコーチングスクールもアリ

          英語コーチングスクールとは、専属のコーチがあなたのカリキュラムを作成したり、学習をサポートしてくれるスクールです。バランス良く英語力アップできるよう、カリキュラムを作ってくれるので、2~3ヵ月の短期間で英語力を伸ばす人が続出しています。

           

          たとえばTOEICスコア200~300点アップ、ビジネス英会話を習得、などですね。

           

          以下の記事で、筆者が厳選したスクールを紹介していますので、よかったら参考にしてみて下さい。

          ⇒英語コーチングとは? おすすめコーチングスクール9社【表で徹底比較】

           

          以下の記事は、目的別におすすめスクールをランキング形式でまとめています。こちらも参考にしてみて下さい。

          ⇒効果のある英語コーチングスクールをTOEIC900が本気で解説【学習目的別】

          無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

           

          「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

          「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

          「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

           

          そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

           

          いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

          反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

           

          ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

           

          • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
          • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
          • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

           

          現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

           

           

           

          カテゴリー
          記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

          例:

          ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

          ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

           どうしたらよいか知りたいです。

          ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

          ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

           

          もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

          もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

          メールアドレス
          質問など

           

          おすすめの記事