【保存版】英語プレゼンの始め方から最後まで~厳選35の必須フレーズ~

悩む人
英語のプレゼンをすることになったんだけど、どうしたらよいか分からない......。プレゼンの始め方とか締めはどうしたらいいんだろう?

 

  • 英語プレゼンの始め方はどうすればよい......?
  • 最後や締めの言葉に何と言えば良いのだろう......?
  • 質疑応答をどう乗り切ったらよいのだろう......?

 

はじめて英語プレゼンをするときは、不安になりますよね。始め方や最後のセリフなど、何を言えばよいか分からなかったりします。

実際、ビジネス英語コーチとしてサポートをする中で、英語プレゼンに悩んでいる多くの方に出会いました。

 

しかし、英語プレゼンはコツを押さえれば難しくありません。

 

私はこれまでに、何度も英語プレゼンを経験しています。研究成果をアメリカの国際学会でプレゼンしたこともあります。数100人の聴衆を前にプレゼンをしました。また、従業員5万人規模の外資系企業の副社長に対して、自社技術紹介の英語プレゼンを任されたこともあります。

これに加えて、実務レベルの英語プレゼンは日常的にこなしています。

 

英語プレゼンは、事前の準備が重要です。英語プレゼンに使えるフレーズを覚えるだけで、とっさの一言が出てくるようになり、苦手意識がなくなります。

大和博
事前準備をすれば、英語プレゼンは怖くありません。

 

 

     

    英語プレゼンの構成~始まりから最後まで~

     

    英語プレゼンの流れ
    1. 導入:①挨拶と謝辞、②目的と背景、③概要と流れ
    2. 本論:トピックを3つ程度に分ける
    3. 結論:①まとめ、②謝辞、③質疑応答

     

      導入

      プレゼンの導入、始めです。以下の内容を盛り込みます。

      プレゼンの導入の内容

      ①挨拶と謝辞

      ②プレゼンの目的と背景

      ③プレゼンの概要と流れ

       

      本論

      プレゼンのメインパートです。聴衆に伝えたい内容を盛り込みます。

      プレゼンの時間にもよりますが、3つ程度のトピックに分けて話をするケースが多いです。

       

      結論

      プレゼンの締めに当たり、以下の内容が含まれます。

      プレゼンの結論の内容

      ①まとめ

      ②謝辞

      ③質疑応答

       

      大和博
      流れを知っておくと、プレゼンの準備をしやすくなります。

       

      導入、本論、結論それぞれのパートで使えるフレーズ集があります。

      以下の章で紹介しますね。

      英語プレゼンの最初(始め方)に使える14の例文

      英語プレゼンに使える挨拶のフレーズ

      挨拶では以下のような例文を使います。

      Good morning, everyone.
       (みなさん、おはようございます。)

      Good afternoon, everyone.
       (みなさん、こんにちは。)

      英語プレゼン謝辞の例文

      冒頭の謝辞は以下のように述べます。

      Thank you for giving us a chance to make a presentation.
       (プレゼンの機会をいただき、ありがとうございます。)

       

      学会などで議長から紹介を受けたときは以下のように述べます。

      Thank you Mr./Ms. Chairperson.
       (議長さん、ありがとうございます)

      英語プレゼンの始め方に使える表現

      挨拶と謝辞を述べた後、プレゼンを開始します。

      I’d like to start my presentation.
       (プレゼンを始めさせていただきます。)

      Let’s get started.
       (始めましょう)

      英語プレゼンの自己紹介フレーズ

      自己紹介は名前や会社名などを述べます。

      Please let me introduce myself.
       (自己紹介させてください。)

      My name is Taro Suzuki. I’m from ABC company.
       (ABC会社の鈴木太郎と申します。)

      I’m in charge of this project.
       (私はこのプロジェクトを担当しています。)

      英語プレゼンの概要を説明する

      Let’s move on to today’s agenda.
       (本日のアジェンダを説明します。)

      This slide shows the table of contents.
       (このスライドに目次を示します。)

      First, I’d like to talk about the background of our research.

      Second, I’ll explain our result.

      Finally, I’ll show you the discussions for the future.

       (最初に、研究の背景について説明します。
       つぎに、我々が得た結果を説明します。
       最後に、結果の考察を将来の展望を示します。)

      聞き手のメリットを提示する

      After my presentation, you will be able to ~~.
       (プレゼンが終わったら、みなさんは~~ができるようになります。)

      By the end of my presentation, I hope you will be able to ~~.
       (プレゼンが終わる頃には、きっと~~ができるようになります。)

       

      大和博
      これらの定型文を覚えておくと、プレゼンの始め方に迷わなくなります。

       

      英語プレゼンの本論に使える10の例文

      プレゼンの本論では、意見や事実を述べたり理由を説明するフレーズが使えます。さまざまな場面で使えるので、是非覚えてくださいね。

      意見を述べる

      I believe this is the best way to solve the problem.
       (課題解決にはこの方法が一番よいと信じています。)

      I’d like to suggest that you utilize this tool.
       (このツールの活用を提案します。)

      事実を述べる

      The sales results were beyond our expectations.
       (売上は予想を上回りました。)

      Our experimental result shows ~~.
       (我々の実験結果では~~です。)

      理由や根拠を述べる

      There are two reasons.
       (理由は2つあります。)

      The graph is based on the result of our survey.
       (このグラフは我々の調査結果に基づいています。)

      グラフを説明する

      This graph explains our sales trend.
       (このグラフは我々の売り上げ推移を示しています。)

      The vertical axis shows the revenue, and the horizontal axis describes the year.
       (横軸は年、縦軸は収益を表します。)
       ※下のグラフを説明するケース。

       

      次の話題に移る

      Please look at the next slide.
       (次のスライドをご覧ください。)

      Let’s move on to the next topic.
       (次の話題に移りましょう。)

       

      英語プレゼンの最後や終わりに使える11の例文

      英語プレゼンのまとめに使える例文

      Now, I’d like to sum up.
       (では、まとめたいと思います)

      I’ll summarize my presentation.
       (プレゼンをまとめます。)

      In conclusion, there are three important points.

      First, ~~. Second ~~ , Finally, ~~.

       (結論です。重要なポイントは3つあります。
       1つ目は~~、2つ目は~~、最後に~~です。)

      謝辞を述べる

      Thank you for your attention.
       (ご清聴ありがとうございました。)

      Thank you for listening.
       (ご清聴ありがとうございました。)

      英語プレゼンの質問への対応に使えるフレーズ

      質問を聞き取れなかったときは以下のように答えます。
      日本人のプレゼンターで質問が聞き取れずにフリーズしてしまう人がいます。

      以下の例文を覚えておけば、聞き取れなかったときにパニックにならずにすみます。

      I’m sorry, but I couldn’t catch what you said.
       (申し訳ありません。聞き取れませんでした。)

      Would you repeat again, please?
       (もう一度言っていただけますか?)

       

      また、質問に回答できないとき、答えがわからないときは以下の例文が使えます。

      I’m sorry, but I have no idea about that.
       (申し訳ございませんが、わかりません。)

      I’m sorry, but this is confidential.
       (申し訳ありませんが、これは機密です。)

      I’ll get back to you later.
       (後日、ご連絡いたします)

      使えるフレーズを覚えて英語プレゼンを成功させる

      この記事では、英語プレゼンの始め方から終わりまで、使える35のフレーズ集を紹介してきました。

      これらのフレーズを活用することで、スムーズに英語プレゼンをこなせるようになります。

       

      最初は英語プレゼンを怖いと思うかもしれませんが、何度か経験を積むうちに慣れてきます。ぜひ実践に活かしてみて下さいね。

       

      英語プレゼンに自信がない方は、スライド作成に力を入れることをおすすめします。スライド作成技術を次の記事で紹介しています。

      ⇒英語プレゼンのスライド構成と書き方のコツ|パワポ(ppt)の例も紹介

       

      英語コーチングで英語力アップするのも、良い選択

      フレーズを覚えて準備すれば、英語プレゼンをこなすことができるようになります。

      しかし、プレゼンスキルをワンランクアップさせるには、総合的な英語力を高めることが重要です。なぜなら、臨機黄変に対応できるようになるからです。

       

      短期間で総合的な英語力を高めるには、英語コーチングがおすすめ。専属のパーソナルコーチが、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成し、学習をフルサポートしてくれます。

      筆者オススメの英語コーチングスクールを厳選して、以下の記事にまとめました。

       

      • 英語コーチングって何?
      • どんなスクールがオススメか知りたい

      という場合は、読んでみてください。

       

      ⇒【納得!】英語コーチングとは? 8社を比較~おすすめランキングあり~

       

       

      無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

       

      「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

      「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

      「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

       

      そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

       

      いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

      反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

       

      ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

       

      • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
      • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
      • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

       

      現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

       

       

       

      カテゴリー
      記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

      例:

      ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

      ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

       どうしたらよいか知りたいです。

      ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

      ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

       

      もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

      もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

      メールアドレス
      質問など

       

      おすすめの記事