WPM150を目指せ!英語リーディングが上達する勉強法【無料あり】

「TOEICのリーディングパートが時間内に終わらない」

「仕事で英語の資料を読むのに時間がかかってしょうがない」

 

このような悩みを持つ方に向けて、この記事を書いています。

 

「リスニングは苦手だけど、リーディングは何とかなる」と思っている日本人は多いです。

しかし、TOEICの平均点数を見ると、実際には日本人はリーディングの方が苦手なことがわかります。

 

では、なぜ日本人は英語リーディングが苦手なのか?

それは学校で習った、「返り読み」と呼ばれる英文の読み方に原因があります。

 

私がビジネス英語コーチとしてサポートする中、TOEICのリーディングスコアを伸ばすには、返り読みをやめて読む速度を上げるのが有効だと気づきました。

この記事でわかること
  • 日本人に足りないのは英文を速く読む力
  • リーディング速度アップのための2つの読み方を身に着ける
  • 簡単な英文を読み、自分の読む速度を計測する
  • 英語リーディング力アップに効果的な教材5選

英語リーディングが苦手な日本人|2つの原因

「自分はリスニングの方が苦手」と思っている人は多いですが、実際にはリーディングの方が苦手なことが多いです。

実際、下の表からわかるように、TOEICの平均点を見るとリーディングの点数は、リスニングより60点以上低いです。

 

以下では、なぜ日本人が英語リーディングが苦手なのか原因を解説していきます。

  1. 精読の勉強と速読のトレーニングを混同してしまう
  2. 日本人に足りないのは速く読むスキル

以下で詳細に説明します。

英語リーディングの精読の勉強法と、速読の勉強法を混同してしまう

英語リーディングと聞くと、学生時代の授業でやった英文解釈を思い出すと思います。。

「この関係代名詞”who”は、どの単語にかかっているか?」などを学ぶ授業です。

いわゆる精読の勉強です。

関係代名詞や動名詞などの英語構がどのように使われているかを理解し、英文の構造を把握する読み方。

分からない単語が出てきたら、辞書を調べて、一語一語理解していきます。

 

もちろん精読の勉強は、英語リーディングに必要です。

なぜなら、文法を理解していないと、そもそも文章を読めないからです。

 

しかし、英語リーディグができるようになるには、英文を速く読むスキルも必要です。

速読とは、辞書を使わずに文章をどんどん読み進める読み方。

普段の日本語の文章の読み方を想像していただくとわかると思いますが、精読だけでは文章を読みこなすのは難しいでしょう。

 

精度と速読を鍛えるトレーニングは別物です。

精読のスキルを鍛えるには、学校教育で学んだ内容が効果的です。

具体的には、英文法のトレーニングと英文解釈の練習です。

もし、学生時代に習った文法の理解が怪しいと思う人は、文法を学びなおすことをおすすめします。

(この記事の後半に、おすすめの教材も紹介します)

日本人に足りないのは、英語リーディングの速度を上げるトレーニング

日本人に足りないのは、英文を速く読むスキルです。

なぜなら、学校の英語教育で、文章を速く読む練習をしないからです。

 

学生時代を思い返してみて下さい。

英単語や文法、英文解釈の授業はあったと思いますが、「一分間に何文字読めるか」などのトレーニングはやらなかったはずです。

 

私自身、学生時代に英語を速く読む練習をしたことがありませんでした。

初めて受けたTOEICでは、リーディングの問題を解く時間が全然足りず焦りました。英文を読む速度が圧倒的に足りていませんでした。

このように、日本人は英語を速く読むトレーニングを受けたことがないため、速く読むスキルが不足しがち。

 

それでは、英文を速く読むにはどのようなトレーニングをすればよいのでしょうか?

以下で、具体的に説明していきます。

英語リーディングが上達する勉強法|WPM150を目指せ!

 

リーディングのコツ
  1. 文章の構造を想像して読み進める
  2. 日本人がやりがちな返り読みを避ける
  3. 簡単な英文でリーディング速度を計測する
  4. 英語音声にあわせて読み進める
  5. 英単語の語彙を増やす

 

コツ1|文章の構造を想像して読み進める

英語の文書、特にビジネス文書の書き方はある程度決まっています。

この書き方を知っていると、どの段落に何が書いてあるか想像できるようになり、文章の意味を素早く理解できるようになります。

ここでは二つの例を紹介します。

論文型

英語の論文や報告書に多い文章構成。

以下の流れです。

1) 背景・課題
2) 手段・アプローチ
3) 結果・考察
4) 結論・今後の展望

 

この構成を頭に入れておくと、いま自分が読んでいるパートがどこで、どのような内容が書かれているか想像することができます。

「空・雨・傘」型

もう一つは「空・雨・傘」型の構成。

ビジネスの提案書などで見かける文章構成です。

1) 空:事実の認識
2) 雨:解釈
3) 傘:判断・提案

 

最初に英文の全体をざっと見て、どのような構成で書かれているかを把握すると、内容を想像しやすくなります。

このような文章構造の型は、自分で英語の文章をライティングすると自然と身に着いていきます。英語ライティングの技術について、以下の記事で解説しました。

 

ご参考:ビジネス英語ライティング7つの上達法【3つのルールも紹介】

 

コツ2|日本人がやりがちな返り読みを避ける

日本人がやってしまいがちな読み方に「返り読み」があります。

「返り読み」とは、簡単に言うと「日本語の語順で読む」読み方です。

たとえば、以下の文章。

“The man whom I met yesterday was my teacher.”

「私が昨日会った人は、私の先生です。」

日本語の語順で読もうとすると以下の順番で読むことになります。

1) Whom I met yesterday
2) The man
3) Was my teacher

ここで、元の文章と見比べると、1)と2)の順番が逆転しています。

読むときの視線に着目すると、文の真ん中にある1)whom I met yesterdayを読んでから、文頭の2)The manに戻って読むことになるため、「返り読み」と呼びます。

この「返り読み」は精読するときの読み方です。

しかし、返り読みをすると文章を読む速度が遅くなります。

なぜなら、最初に文章の構造を理解することが必要なうえ、視線を行ったり来たりさせる必要があるからです。

そのため、速く読むには返り読みを避けることが重要です。

コツ3|簡単な英文で速度を計測する(WPM150を目指せ!)

学校教育で返り読みのクセが日本人にとって、この読み方を改めるのは簡単ではありません。

そのため、強制的に英文の読み方を返る必要があります。

有効な方法は、読む速度を計測することです。

エンジニアの世界に、「計測できないものは改善できない、計測できるものは改善できる」との格言があります。

 

英語リーディングも同様です。

自分が英文を読む速度を計測することで、返り読みを防ぎ、リーディング速度を向上することができます。

ここで有効な指標はWPM(Word Per Minute)です。一分間に何単語を読めるか、という指標です。

英文を読む速度を定量的に計測することで、リーディングの速度に意識が向きます。その結果、返り読みをせず読み進めることができるようになります。

WPMはCENEGAGE Learningなどで測定することができます。

まずはWPMが150語以上を目指しましょう。

WPM>150であれば、TOEICのリーディングパートを時間内に終えられるからです。

 

ちなみに、英語ネイティブのリーディング速度は、小学生:WPM150、中学生:250、大人:300程度です。

非ネイティブの私たちは、WPM150を目指すとよいです。

WPMを伸ばすときは、わからない単語や表現が少ない文章でトレーニングすることをおすすめします。

 

コツ4|音声にあわせてリーディングする

WPMを上げるため、英語音声を聞きながら英文を読むトレーニングも有効です。

英語の音声は通常WPMが150以上だからです。

 

TOEICのリスニングパートの音声はWPM150~160です。

また、CNNやABCなどの英語ニュースはWPM180~190と言われています。

 

つまり、通常の日本人が英文を読むスピードより英語の音声は速度が速い。

また、当然ながら音声では返り読みをすることはありません。

そのため、原稿を見ながら英語音声を聞くと、返り読みを防ぎWPMを向上させることができるのです。

コツ5|英単語の語彙を増やす

英語の語彙を増やすことも英語リーディング力向上に重要です。

なぜなら、文中にわからない単語があると、どうしても読む速度が遅くなってしまうからです。

もちろん易しい文章でWPMを向上させるのは、英語リーディング力を上げるために重要なトレーニングです。

しかし、これだけでは不十分です。

TOEICのリーディングパートや英語のニュースを読みこなすには、ある程度の英単語を覚える必要があるからです。

易しい文章でWPMを上げるトレーニングと並行して、語彙を増やす勉強をするとよいでしょう。

 

英単語の効果的な覚え方については、以下の記事が参考にしてみて下さい。

ご参考:英単語を覚えられない原因と勉強法6つのコツ【脳をだませ!】

【無料あり】英語リーディングの上達に効果的なアプリと本

ここまで、英語リーディングが苦手になる原因と、英語を速く読むためのトレーニング法について解説してきました。

次に、英語リーディングを上達するために効果的な教材を紹介します。

Polyglots

Polyglots

PolyglotsはWMP向上に有効な無料アプリです。

多くのニュース記事がアプリ内に収録されており、好きな記事を読むことができます。

加えて、Polyglotsには「ペースメーカー機能」があります。

目標とするWPMを入力すると、その速度でページがスクロールされていきます。

実際に試してみるとわかりますが、150WPMで読もうとすると、返り読みをしている時間はありません。

Polyglotsの「ペースメーカー機能」を活用することで、リーディング速度を向上させることができます。

また、一記事は2~3分で読めるものが大半なので、通勤のスキマ時間に読むのに最適です。

⇒Polyglots

 

スタディサプリTOEIC

スタディサプリEnglish TOEICコースは、TOEICが800点以下の人にはテッパンの教材です。

この教材だけで、英文法の復習から、TOEICリーディングパートを時間内に終わらせるトレーニングまですべて網羅できます。

 

「学校時代に習った英文法の理解が怪しいな」と思う人にもおすすめです。

なぜなら、スタディサプリの動画講義をしている「関先生」の講義が衝撃的なまでにわかりやすいからです。

 

 

「学生時代にこんな講義を受けることができていたら、もっと英文法を簡単にマスターできただろうに・・・」と思いました。

しかも、スマホアプリで学習できるため、忙しい社会人でも通勤時間などのスキマ時間に取り組むことができます。

 

7日間の無料体験があるので、TOEIC800点以下の人は試してみることをおすすめします。

⇒【無料体験あり】スタディサプリEnglish TOEICコースの公式HP

 

スタディサプリEnglish TOEICコースは独学用のスマホアプリです。どうしても、一人では学習を継続できない人には、スタディサプリEnglishのパーソナルコーチプランを検討するとよいでしょう。

以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

ラダーシリーズ

ラダーシリーズは一冊1~2万語程度の短い本(通常の書籍は一冊10万語程度)で、難しい単語を使わずに書かれています。また、レベル1~5に分かれているため、最初は優しいレベルから始め、徐々にレベルを上げていくことができます。

 

WPM100であれば、1万語の本を100分(1時間40分)で読めるので、どんどん読み進められます。

また、一冊の文字数が本に書かれているため、一冊読むのにかかったおよその時間を測ることでWPMを計算できます。2~3分で読める英語記事のWPMを毎回測るのは疲れますが、一冊読むのにかかった時間を測るのであればそれほど苦になりません。

上記に加えて私がラダーシリーズがよいと思ったのは、トピックが面白いからです。

たとえば、以下のような内容です。


アインシュタイン・ストーリー The Albert Einstein Story (ラダーシリーズ Level 1)

 


スティーブ・ジョブズ・ストーリー The Steve Jobs Story (ラダーシリーズ Level 4)


オリエント急行殺人事件 Murder on The Orient Express (ラダーシリーズ Level 4)


スティーヴン・ホーキング・ストーリー The Biography of Stephen Hawking (ラダーシリーズ Level 5)

 

The Japan Times

英字新聞です。

日本国内関連の記事も多く、内容を理解しやすいです。
The Japan Times

ただし、記事の閲覧数には制限があります。

  • 会員登録なし :5本/月
  • 会員登録(無料):10本/月
  • Digital light(月額900円):80本/月
  • Digital(月額3,000円):無制限

 

まずは、会員登録なしで読んでみて、自分に合うかをチェックしてみるとよいでしょう。

 

もし、The Japan Timesの記事が少し難しいと感じるようであれば、以下の週刊誌を試してみるとよいでしょう。

⇒英語学習ならThe Japan Times Alpha

上記と同じくジャパンタイムズが発行している、英語学習者向けの英語週刊誌です。

難しい単語には日本語注釈がつく、全文の日本語訳がwebページに公開されている、など英語学習者向けに設計されています。

有料(3ヵ月で3,390円⇒1か月あたり1,130円)ですが、ニュース記事の速読トレーニングに、うってつけです。

 

洋書を読む

ある程度、英語を読めるようになったら、洋書にトライするとよいでしょう。

紙の本(ペーパーバック)でもよいですが、Kindleで読むことをおすすめします。

なぜなら、紙の本だと、重くてかさばるので移動中に読むのが面倒になってしまうからです。できる限り意志力を使わずに読めるようにした方が継続しやすいです。

 

また、複数の本を同時に読んでいる場合、複数の本を持ち歩かなければならなくなります。

Kindleならば、端末一つでダウンロードした本を、いつでもどこでも読むことができます。

 

私はKindle Paperwhite を愛用しています。日本語の本も、洋書もpaperwhiteを使って読んでいます。

Kindle paperwhiteは読書に特化したデバイスで、ディスプレイに液晶ではなくe-inkを使っているため、紙と似た質感で読んでいて疲れません。

私はKindle paperwhiteが初めて発売された2012年から使っており、いまは三代目です。

2018年に発売されたKindle paperwhiteは防水対応なので、風呂の中に持ち込んで読むこともあります。

風呂では他にすることがないので、読書がはかどります。

⇒Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 電子書籍リーダー

 

読む本は①面白そうか、②自分のレベルで読めそうか、を基準に選ぶとよいでしょう。

たとえば、私は以下の本を読みました。


アクロイド殺し (クリスティー文庫)

 

もともとミステリ小説が好きで、アガサ・クリスティも好きな作家です。

学生時代、日本語で読んだことがありましたが、話の内容を忘れていたので改めて英語で読んでみることにしました。

日本語の小説と同様、読み始めは登場人物が分からず少し時間がかかりますが、読み進めるうちにサクサク読めるようになります。


21 Lessons for the 21st Century (English Edition)

 

「サピエンス全史」「ホモ・デウス」の著者ユヴァル・ノア・ハラリの最新作です。

最近日本語に翻訳されましたが、前二作が面白かったので、翻訳前に読んでみました。

クリスティと比べると、難しい単語が出てきます。

しかし、前二作を読み予備知識があったので、議論の大枠が理解できていました。

また、興味がある内容であったため、読み進められます。

このように、①面白そうか、②自分のレベルで読めそうかを基準に読むとよいでしょう。

 

Audibleの朗読を聞きながらKindleで本を読む

リーディングの多読を始めるときに効果的なトレーニングは、英語音声を聞きながら英文を読み進めることです。

なぜなら音声を聞きながら読むと、返り読みをしないクセをつけられるからです。

AmazonにはAudible (オーディブル) という本の朗読サービスがあります。

Audibleで本を聞きながらKindleで本を読むと、英語リーディングのよいトレーニングになります。

 

通常の英語音声はWPMで150~200程度なので、通常の日本人が英文を読む速度より速いです。Audibleは読み上げ速度を調整できるため、最初はゆっくり目の速度から始め、次第にスピードを上げていくとよいでしょう。

 

もちろん、Kindle paperwhiteで本を読みながらAudibleで音声を聞くトレーニング法も有効です。

しかし、Kindle Fire(タブレット端末)を使うと、Audibleと本を連動させることができます。

どういうことかというと、Audibleで朗読が進みページが変わると、自動でページ送りをしてくれるのです。

英語音声を聞いていると、「いまどこを読んでいるのだっけ?」と分からなくなることがありますが、AudibleとKindleを連動させれば、このような事態を防げます。

本格的に速読のトレーニングをしたい初学者にはおすすめです。

⇒【無料体験あり】Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

 

【まとめ】コツを抑えれば英語リーディングが上達する

この記事では英語リーディングのコツと、おすすめの教材を紹介してきました。

日本人には「リスニングと比べリーディングは何とかなる」と思っている人が多いですが、実際はリーディングができていない人が大半です。

学校教育では、精読のやり方は習っても、速く読む方法は教えられなかったからです。

しかし、この記事で紹介したコツを実践すれば、リーディングの速度は速くなります。

 

改めて、この記事のポイントをまとめておきます。

この記事のポイント
  1. 文章の構造を想像して読み進める
  2. 日本人がやりがちな返り読みを避ける
  3. 簡単な英文でリーディング速度を計測する|WPM150を目指せ!
  4. 英語音声にあわせて読み進める
  5. 英単語の語彙を増やす

 

リーディングの速度がアップすれば、TOEICのリーディングパートも余裕をもって臨めますし、英語で世界中の生情報をインプットできるようになります。

ぜひ試してみて下さい。

 

 

(追記)

「独学でリーディングの勉強を続ける自信がない・・・」

という人には、英語コーチングスクールがおすすめ。専属のパーソナルコーチが、あなたにカスタマイズしたカリキュラムを作り、学習をサポートしてくれます。

オンラインで受講できる英語コーチングスクールを以下の記事にまとめたので、気になる方はチェックしてみて下さい。忙しい社会人でも、オンラインなら無理なく受講できます。

 

 

無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

 

「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

 

そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

 

いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

 

ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

 

  • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
  • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
  • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

 

現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

 

 

 

カテゴリー
記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

例:

・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

 どうしたらよいか知りたいです。

・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

 

もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

メールアドレス
質問など

 

おすすめの記事