オンライン英会話の効果的な活用方法|英語力アップする勉強法【準備が8割】

リーズナブルな料金で、英会話の実践練習ができるオンライン英会話。いつでも、どこでもパソコンやスマホがあれば受講できるのが魅力です。

しかし、中には以下のような人もいるのではないでしょうか。

 

  • レッスンは楽しいけれど、雑談しているだけで、効果があるか見えず不安を感じる......
  • 英語の自己紹介は慣れたけど、ビジネスの実践の場で英語を使えるようにならない......

 

この記事では、オンライン英会話を最大限に活用して、英語力を伸ばすための効果的な勉強法を紹介します。

オンライン英会話の勉強法|英語力がアップする活用方法【準備が8割】

英会話力を伸ばすためには、単に「オンライン英会話のレッスンをたくさん受ければOK」というわけではありません。実は、オンライン英会話を最大限に活用するには、レッスン中だけでなく事前準備をしっかりと行うことがポイントです。

 

オンライン英会話の効果的な活用方法
  1. 英語学習の目標を明確にする
  2. レッスンごとに目標を決めて受講する
  3. コミュニケーション・ストラテジーを身につける
  4. 会話の主導権を握る
  5. 復習して「使える」単語やフレーズを増やす
  6. 無理のないペースで継続する
  7. オンライン英会話とあわせて、インプット学習をする

    英語学習の目標を明確にする

    オンライン英会話を受ける前に、そもそも英語学習をする目的を明確にすることが重要です。

    なぜなら、「ビジネスのミーティングで、議論ができる英会話力を身につけたい」のか、「海外旅行で困らない英語力を身につけたい」のかで、最適なレッスン内容が変わるからです。

     

    英会話力を身につけるには、ある程度の時間と努力が必要になります。具体的な目標を立てないと、時間や努力を無駄にすることになりかねません。

     

    目標を立てるときは、以下のように具体的にすると良いです。

     

    英語学習の目標の例
    • 半年でビジネスのミーティングで、議論に参加できるようになる
    • 3ヵ月後に控えるプレゼンを、質疑応答を含めてこなせるようになる
    • 1ヵ月後に英語のWeb会議で、発言できるようになる
    • 海外旅行の買い物で、お店の人と会話ができるようになる。

       

      英語学習の目標を具体的にすると、どのようにオンライン英会話を活用するか明確になっていきます。たとえば、「ビジネスのミーティングで議論に参加できるようになる」を目標にするのであれば、ディスカッションを中心としたレッスンを受けるのが近道です。

      レッスンごとに目的を決めて受講する

      さらに、レッスンごとに目的を決めて受講すると、オンライン英会話の効果を高められます。

      テニスの練習をするときに、「今回は、フォアハンドの練習をしよう」、「今日はサーブを鍛えよう」などのように目的を定めると上達が早くなるのと同じです。

       

      オンライン英会話の場合、たとえば、以下のような目標を立てます。

      レッスンごとの目的の例
      • 事前にリストアップした英単語10個を使う
      • レッスン中、1回は関係代名詞を使う
      • “s”と“sh”の発音を使い分ける
      • 英語の論理展開に慣れるため、「結論→根拠」の順で話す

         

        自分の苦手分野を踏まえて具体的にレッスンの目標を定めておくことで、毎回のレッスンごとに「できること」が増え、アウトプットで使えるスキルが身につきやすくなります。その結果、レッスンの達成感も得やすくなります。

         

        自分で目標を立てるだけでなく、講師にお願いをするのもアリです。「今日のレッスンでは、“s”と“sh”の発音を使い分けたいので、間違っていたら指摘してください」というような感じです。

         

        「オンライン英会話を1つの「教材」としてとらえ、最大限に活用する」との考え方が重要です。

        コミュニケーション・ストラテジーを身につける

        日本語の会話でも、言いたいことが思い出せなかったり、周囲の音がうるさくて相手の声が聞こえなかったりという状況に陥ることがあります。

        こんなとき、「えーっと、少し待ってください」と場をつないだり、「すみません。聞こえなかったのでもう一度言っていただけますか?」と聞き返したりするはずです。

         

        このように、会話が途切れてしまいかねないピンチの状況を切り抜けるスキルを、「コミュニケーション・ストラテジー」と呼びます。

         

        英語においても、コミュニケーション・ストラテジーを身につけると、実践の場でスムーズに会話ができるようになります。反対に、いくら英会話を勉強しても、コミュニケーション・ストラテジーが身についていないと、会話が途切れがちになってしまいます。

         

        オンライン英会話は、コミュニケーション・ストラテジーを練習して身につける良い練習の場です。

         

        具体的には、場をつなぐ表現や、相手に聞き返す定型表現を事前に暗記しておき、レッスンで実際に使ってみます。

         

        たとえば、以下のような表現を覚えて、レッスンで実際に使うことでコミュニケーション・ストラテジーを身につけることができます。

         

        “What was that, sorry?” (すみません、何て言いました?)
        “Could you say that again?” (もう一度、言っていただけますか?)
        “Could you speak more slowly for me?” (もう少しゆっくり話していただけますか?)

         

        コミュニケーション・ストラテジーの詳細については、以下の記事を参考にしてみてください。

        ⇒ご参考:TOEIC高得点でも英語を話せない理由|コミュニケーション・ストラテジーを身につけよう!【ストレイルに聞く】

         

        会話の主導権を握る

        実際のレッスンでは、会話の主導権を握り積極的に英語を話すようにしましょう。

        特に、英会話に慣れていないときは、講師にレッスンをリードしてもらう方が、安心に感じるかもしれません。しかし、これだとせっかくのアウトプットのチャンスを活かせません。自己紹介だけはうまくなったけど、実践の場で使える英会話が身につかなくなってしまう恐れがあります。

         

        ですので、自分から積極的に話題を提供したり、質問したりして会話の主導権を握ることを目指しましょう。

         

        「いきなり、会話の主導権を握るのはハードルが高い」と感じる人は、あらかじめディスカッションするテーマが決まっているレッスンを受けるのも良い選択です。

        なぜなら、議論内容が決まっているため、自分から話をせざるを得ない状況を作れるからです。

         

        たとえば、DMM英会話の「テーマ別会話」と呼ばれるレッスンは、あるテーマについて「賛成、反対とその理由」を説明する形式です。このレッスンを受けると、自然と英語を話す機会が増えますし、「結論→根拠」の順に話すスキルが身につきます。

         

        ⇒DMM英会話の公式HP

        復習をして、「使える」単語やフレーズを増やす

        レッスンが終わった後に、簡単で良いので復習することをオススメします。5分~10分でよいのでレッスンを振り返り、「言いたかったけど言えなかった単語やフレーズ」、「講師が話していて、自分も使えそうだという表現」を書き出します。

         

        なぜなら、振り返り、思い出そうとするプロセスにより、記憶に定着しやすくなるからです。さらに、復習した単語やフレーズを次回のレッスンで使ってみると、さらに記憶に残りやすくなります。

         

        このような経験を積むことで、「知っている」単語やフレーズを、実践の場で「使える」ものに変えることができます。

        無理のないペースで継続する

        オンライン英会話の中には、「1ヵ月の料金固定で、レッスン受け放題」というスクールもあります。「レッスンをたくさん受けるとオトクなので、毎日レッスンを受けよう」と思う人もいるかもしれません。

         

        しかし、高すぎる目標を設定してしまうと、3日坊主になり挫折(ざせつ)してしまいかねません。英語学習は短距離走ではなく、マラソンのような長距離走です。少なくとも3ヵ月程度は続けないと、効果を実感できません。

         

        なので、週1回や2回など無理のないペースで良いので、継続する習慣を身につけることにフォーカスした方が、結果的に英会話力を伸ばせます。

        オンライン英会話は直前でも予約が可能なフレキシブルさが魅力の一つです。しかし、「習慣化して継続する」という観点では、レッスンの曜日と時間を固定することおすすめします。なぜなら、時間を固定すると習慣化しやすくなるからです。

         

        英語学習を習慣化するコツの詳細は、以下の記事にまとめています。「時間を固定する」以外の方法も紹介しているので、気になる方は読んでみてください。

         

        ⇒ご参考:英語学習を習慣化して目標達成する8つのコツ

         

        オンライン英会話とあわせて、インプット学習をする

        ここまでオンライン英会話の効果的な活用方法について紹介してきました。矛盾するようですが、英会話力を身につけるには英会話のレッスンを受ければよいだけではありません。

         

        人が外国語を身につけるプロセスを研究した、「第二言語習得論」と呼ばれる学問分野の研究結果で、効率的に外国語を身につけるには、「大量のインプットと少量のアウトプット」が重要だとわかっています。

         

        インプットとは語彙、文法学習や、リーディングやリスニングの学習です。アウトプットはライティングやスピーキングの学習です。

        オンライン英会話は主にスピーキング学習です。

         

        つまり、オンライン英会話でアウトプット学習をするのと並行して、インプット学習をするのが重要です。具体的な目安としては、「インプット:アウトプット=8:2」程度がよいと言われています。

         

        たとえば、一週間にオンライン英会話レッスンを25分受ける場合、インプット学習に100分間取り組むのが効率的な学習配分ということです。

         

        とはいえ、

        • どんなインプット学習をすればよいかわからない
        • 手軽にできる学習教材を知りたい

        という人も多いかと思います。

         

        そんな人のために、数あるインプット教材の中から厳選したスマホでできる2つの教材を紹介しておきます。

         

        ENGLISH COMPANY Mobile

        「英語パーソナルジム」と呼ばれるENGLISH COMPANYが提供する、スマホ完結型の学習教材です。ENGLISH COMPANYは「科学的なトレーニング」で、短期間で生徒の英語力を飛躍的に伸ばす英語コーチングスクールです。

        2ヵ月~3ヵ月でTOEICスコアを200~300点伸ばす卒業生が続出しています。

         

        ⇒ENGLISH COMPANYの公式HP

         

        このENGLISH COMPANYが行っているトレーニングを、スマホ一台でできるようにしたのがENGLISH COMPANY Mobileです。英語初級者~上級者まで対応している質の高いトレーニング用教材です。

        月額3,278円(税込み)から受講することができます。

         

        「インプット学習って何をやったらいいの?」という人や、「無駄な学習はしたくない」という人におすすめの教材です。

        ⇒ENGLISH COMPANY Mobileの公式HP

         

        スタディサプリENGLISH

        2つ目はTOEIC対策のスマホアプリとして有名なスタディサプリENGLISHです。

        英文法やTOEIC対策の解説をしている、関正生先生の動画は非常にわかりやすく、「神動画」と呼ばれています。

         

        それだけでなく、スマホアプリならではのトレーニングをすることができます。たとえば、「ディクテーション」と呼ばれるトレーニング。英語音声を聞き取った内容を書き出すトレーニングで、リスニング力アップに効果があると知られています。

        ですが、実践する人は少ないです。なぜなら、ノートを取り出して聞き取った英文を書き出すのが面倒だからです。

         

        スタディサプリENGLISHではスマホを使ってディクテーションのトレーニングができます。文字をスマホに打ち込めばよいのでノートを取り出す必要がないので、通勤電車や昼休みに取り組むこともできます。

         

        月あたり3,058円(税込み、6ヵ月パック利用時)で受けられる良質な教材です。

        TOEIC700点以下の人が、基礎力を上げるのにピッタリです。

        7日間の無料体験ができるので、気になる人は、まずは無料体験で試してみることをオススメします。

         

        ⇒スタディサプリ ENGLISHの公式HP

         

        通常

         

         

        まとめ|オンライン英会話を効果的に活用して、英語力を伸ばそう

        オンライン英会話を使うと、リーズナブルな料金で日本人に不足しがちなアウトプット練習ができるサービスです。ただし、単にレッスンを受けるだけでは、なかなか英会話力を伸ばすことができません。

         

        オンライン英会話を効果的に活用するには、レッスン中だけでなく、準備をしっかり行うことが重要です。この記事で紹介した方法を実践すると、「いくらオンライン英会話のレッスンを受けても、実践の場で英語を話せるようにならない......」という事態を避けることができ、着実に英会話が上達していきます。

         

        多くのオンライン英会話スクールがありますが、正直に言うと、この記事で紹介した内容を実践すれば、どこのオンライン英会話スクールでも良いと思います。

         

        あまりレッスン教材が固定化されていないスクールの方が、主体的にレッスンに取り組みやすくなり、上達が早くなります。

        どのスクールを選べばよいか迷うのであれば、「テーマ別ディスカッション」のあるDMM英会話がオススメです。

        ⇒DMM英会話の公式HP

         

        また、効率的に英会話力を伸ばしたいのであれば、オンライン英会話とあわせてインプット学習に取り組むのが効果的です。この記事で紹介したインプット学習用教材も参考にしつつ、学習を進めてみてください。

         

        ⇒ENGLISH COMPANY Mobileの公式HP

        ⇒スタディサプリ ENGLISHの公式HP

        無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

         

        「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

        「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

        「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

         

        そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

         

        いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

        反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

         

        ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

         

        • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
        • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
        • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

         

        現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

         

         

         

        カテゴリー
        記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

        例:

        ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

        ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

         どうしたらよいか知りたいです。

        ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

        ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

         

        もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

        もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

        メールアドレス
        質問など

         

        おすすめの記事