【図解】グラフや表を英語で説明|折れ線グラフや棒グラフのフレーズ集

悩む人
英語プレゼンでグラフや表を説明しないといけないけど、どうやって説明すればいいんだろう......? 棒グラフとか円グラフとかあるけど、どんな表現で説明したらいいか知りたい。

 

あなたはパッとグラフや表を英語で説明できますか?

 

英語でプレゼンをする機会があるなら、グラフや表を英語で説明するスキルを身につけておくべきです。

なぜならビジネスの世界では、具体的な数字を使って説明することが求められるからです。

具体的な数字をわかりやすく伝えるには、グラフや表が必須になります。

 

いざグラフや表を英語で説明しようとすると、何と言えば良いか困ってしまうかもしれません。

  • あれ、棒グラフって何て言うのだろう?
  • 円グラフはどう表現すればいいのか......?

しかし英語でグラフや表を説明するパターンや決まったフレーズがあります。

これらのパターンと表現を覚えれば、グラフや表の説明は難しくありません。

 

私がビジネス英語コーチとしてサポートする中、英語プレゼンでグラフや表を説明できずに困っている人を見てきました。

これらの方々も、この記事に書いた英語表現や、英語での説明の仕方を身につけ、プレゼンで苦労することがなくなりました。

 

ビジネスの実践で使える英語力が身につくので、ぜひ学んでくださいね。

 

大和博
図解をしながら解説しますね。

 

グラフや表の種類を表す英語表現

グラフにはさまざまな種類があります。まずは、円グラフや棒グラフなどを表す英語表現を紹介します。

 

グラフの名称英語表現イメージ
円グラフpie chart
棒グラフbar chart

折れ線

グラフ

line chart
散布図scatter diagram
table
図(*)figure

(*)グラフと説明がセットになっているものを図を呼びます。

 

グラフや表に関する英語表現

 

 

グラフの線の種類に関する英語表現

グラフを説明するときに、線の種類を説明することがあるので覚えておくと便利です。

線の種類英語表現イメージ
直線straight line
曲線curved line
実線solid line
破線broken line
点線dotted line
波線undulated line

 

グラフの要素を表す英語表現

いざグラフを英語で説明しようとすると「縦軸」「横軸」は何と言うのだったかな? と悩むことがあります。

プレゼン時に困らないように基本表現は覚えておきましょう。

 

棒(棒グラフ)bar
部分(円グラフの部分)segment
x軸x-asis
y軸y-axis
横軸horizontal axis
縦軸vertical axis
原点origin
頂点peak
bottom
矢印arrow

 

 

表に関する英語表現

column
row
セルcell
項目item

 

 

プレゼンでグラフや表を説明する英語表現、フレーズ

 

 

増減を表す英語フレーズ

グラフを説明するときに、増減を表すフレーズをよく使います。「売り上げが増加した」、「利益が〜%減少した」みたいな感じです。

これらのフレーズを覚えておくと、グラフを説明するときに困らなくなります。

増加するincrease
減少するdecrease
~%増加するincrease by ~%
~%減少するdecrease by ~%
大幅に増えるsoar
大幅に減るdrop
2倍になるdouble
3倍になるtriple
急激にrapidly
緩やかにslowly, gradually
着実にsteadily
わずかにslightly
横ばいのstagnant

 

その他、グラフや表でよく使う英語表現

ここで紹介する表現を覚えておくと、グラフや表を説明する時の幅が広がります。

数字figure
数値value
平均average
最大のmaximum
最低のminimum
累計のcumulative
割合rate
パーセントpercentage
分布distribution
シェアshare
~を表すshow, indicate, represent, describe
比例するproportional
反比例するinversely proportional

 

 

グラフを英語で説明する例~円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ~

プレゼン時に英語でグラフを説明する方法をお伝えします。日本語で説明するときと同様です。

 

グラフの説明の仕方
  1. 何のグラフか? を説明する(グラフの位置づけ)
  2. グラフの見方(縦軸、横軸の意味、折れ線の意味などを説明)
  3. グラフから読み取れること
  4. 結論

状況に応じて、上記1~4の一部を省略することもできます。

以下で、具体例を挙げて解説します。

    大和博
    説明の仕方にはパターンがあるので、一度覚えてしまえばOKです。

     

     

       

      (日本語で解説)グラフの説明の仕方の例

      まず、日本語での円グラフの説明の仕方を解説します。たとえば、上記の円グラフの場合、次のように説明します。

       

      円グラフの説明の例

      ①この円グラフは市場シェアを表します →グラフの位置づけ

      ②上位3社で95%を占めています →グラフから読み取れること

      ③この市場は寡占(かせん)市場です →結論

      ②と③は主張したいことに応じて、変えることができます。

       

      円グラフを英語で説明する表現

      先ほどの例を、英語に置き換えてみます。

       

      英語で説明する場合も同様です。

       

      円グラフの説明

      ①This pie chart shows market share.

      ②The top three companies occupy 95% share.

      ③This market is an oligopolistic market.

      ①は次の文章に置き換えることも可能です。

       

      "This pie chart represents market share."

      "This pie chart describes market share."

      (この円グラフは市場シェアを表します)

       

      グラフの位置づけを説明する際、"show", "represent", "describe"をよく使います。

       

      棒グラフを英語で説明する表現

      棒グラフの説明の仕方

      ①This bar graph describes the transition of revenue. →グラフの位置づけ

       (この棒グラフは売上の推移を表します。)

      ②The horizontal axis represents the year, and the vertical axis depicts revenue. →縦軸、横軸の説明

       (横軸は年度を表し、縦軸は売上を表します。)

      ③Revenue bottomed out in 2015 and has continued to rise since then. →グラフからわかること

       (売上は2015年に底を打ち、その後上昇し続けています。)

      横軸は"horizontal axis"、縦軸は"vertical axis"と言います。

       

      折れ線グラフを英語で説明する表現

       

      折線グラフの説明

      ①This line graph shows the sales trends of A company and B company. →グラフの位置づけ

       (このグラフはA社、B社の売上推移を表します。)

      ②The solid blue line represents the sales of A company, and the dotted orange line describes the sales of B company.

       →折れ線の見方

       (青い実践はA社の売上を表し、オレンジの点線はB社の売上を表します。)

      ③A company has been increasing sales since 2015. On the other hand, sales of B company are not increasing.

       (A社は2015年以降売上を伸ばしています。一方、B社の売上は伸びていません。)

      ④In 2018, A company’s sales exceeded B company’s.

       (2018年に、A社の売上はB社の売上を超えました。)

       

      まとめ|グラフや表の説明はビジネス英語に必須

      この記事ではグラフや表を英語で説明する表現や、具体的な説明の仕方を紹介しました。

       

      グラフや表を英語で説明する方法にはパターンがあります。

      最低限の表現を覚えておくと、スムーズに英語プレゼンをこなせるようになります。

      ぜひ実践で試してみてください。

       

      ビジネス英語プレゼンを成功させる方法についてまとめたので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

      ビジネス英語力を伸ばしたい人へ

      この記事で紹介したフレーズやテクニックも重要ですが、英語を使って仕事で成果を出すには本質的なビジネス英語力を身につけるのが重要です。

       

      最近になり数ヶ月の短期間でビジネス英語が身に付くスクールが出てきています。

      この次世代型のスクールの卒業生は次のような成果を挙げています。

      • 3ヶ月でTOEICスコア300点アップ
      • 3ヶ月でビジネス英会話をマスター

      受講生は専属コンサルタントが考えるカスタマイズしたカリキュラムに集中して取り組み、短期間で飛躍的に英語力を伸ばせています。

      なぜなら、これら次世代型のスクールは科学的なトレーニングを採用しているから。効率的にビジネス英会話が身につくわけです。

      以下の記事では、次世代型のビジネス英会話スクールを紹介しています。筆者が実際に体験してオススメできるスクールを厳選しているので、ぜひ読んでみてください。

       

      ⇨ビジネス英語が身に付くおすすめ英会話スクール〜失敗しない英語教室の選び方〜

       

      カテゴリー
      ビジネスで成果を出せる英語力とは?

      あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

      TOEICの勉強をしたり、英会話スクールに通ったりしても、一向に英語で仕事ができるようにならない。

       

      あなたも薄々気づいているのではないでしょうか。いくら英語ができても、仕事で成果を出したり収入をあげたりできない真実に。

       

      いくらTOEICでハイスコアを取ったり英語が流暢になっても、”ビジネスで成果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません

      反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても”ビジネスで結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

       

      もし、あなたが”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけたいと少しでも思うのであれば、「実践で使える英語」に絞って学習するのが近道です。この方法で学ぶと以下のようなメリットが得られます。

      メリット
      • 無駄な学習をしないので、最短で”ビジネスで結果を出せる”英語力が身につく。
      • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
      • 英語力アップが仕事の成果につながる。

         

        現在7通の無料メール講座を実施中です。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

         

        /期間限定! 無料PDFプレゼントあり/

        7通の無料メール講座
        おすすめの記事