【簡単】英語を聞き取れないイライラ!一瞬で解消する方法を教えます

悩む人
ネイティブの英語を聞き取れなくてイライラしてしまう。良い解決方法はないのかな?

 

あなたは、こんな経験がありませんか?

  • 一生懸命勉強したのに、TOEICの英語を聞き取れず焦ってしまう。
  • 英語の会議で、ネイティブの英語が速すぎて何を言ってるかわからない
  • リスニング勉強のために、アプリでニュースを聞いたが全然わからなくてムカムカする。

     

    英語が聞き取れなくてイライラすると、「もう英語を学習しても無駄だ......」と投げやりな気持ちになってしまいます。

     

    実は、上記はすべて筆者が過去に経験したことです。

    大和博
    英語が聞き取れないとフラストレーションを感じてしまいますよね......。

     

    しかし、あることを知ってから、英語が聞き取れなくてもイライラすることがなくなりました。

    さらに、英語リスニング力をアップするトレーニングを実践したところ、これまで聞き取れなかった英語を聞き取れるようになりました。

     

    今では、英語が聞き取れなくてイライラすることは、ほとんどなくなりました。筆者の経験も踏まえて、「英語が聞き取れなくてイライラ!」の解消法を解説します。

     

    この記事でわかること
    1. イライラを解消する簡単な方法
    2. 英語が聞き取れない3つの理由を解決する方法

     

     

      英語を聞き取れない3の理由と解決法

       

      英語を聞き取れない3つの理由
      1. 英語の音を聞き取れない
      2. 聞き取れても意味を理解できない
      3. 聞き取った内容を覚えられない

       

        英語の音を聞き取れない

        「英文を読めば意味は分かるのに、ネイティブの英語が呪文のように聞こえる......」という人は、英語独特の音声を聞き取れない可能性があります。

         

        たとえば、”Good morning”を発音するときネイティブは「グッドモーニング」とは発音しません。「グッモーニン」に近い発音となります。

         

        こんな感じで、ネイティブは教科書通りの発音をしていません。

        「教科書通りに発音してくれないなんてひどい!」と思うかもしれませんが、「グッドモーニング」と発音するより、「グッモーニン」と言った方が省エネだからです。実際に口に出してみてみると省エネ感がわかるはずです。

         

        大和博
        省エネで話しているから、ネイティブの英語は聞き取りづらいんです。

         

        実は省エネで発音するのは日本語でも同様で、「水族館」を「すいぞくかん」ではなく「すいぞっかん」と読んだりしますよね。なので、英語ネイティブが省エネで発音する話し方を知っておくことが大事なんです。

         

        このネイティブの「省エネの発音」は5つのルールに分けられます。これらの5つのルールをマスターすれば、ネイティブの発音を聞き取れるようになります。この英語の5つの音声変化については、以下の記事に詳しく解説したので気になる方は読んでみてください。

        ⇒リンク:「英語の5つの音声変化」のルールをまとめて徹底解説【著者インタビュー】

         

        聞き取れても理解できない

        「リスニング音声で聞いた英文を読んでも理解できない......」という人は、聞き取った英語の音の意味を理解するプロセスに課題があります。具体的には原因は2つあります。

        単語や文法を知らない

        難しい単語や文法を知らないために、英文の意味を理解できないケースです。

         

        たとえば、以下の文章。この英文を聞けば、理解できるかもしれません。

        “He took a shortcut to avoid the heavy traffic.”
        (彼は交通渋滞を避けるため近道を選んだ)

        しかし、次の英文はどうでしょうか? ”detour(迂回路:うかいろ)”の意味を知らないと、英文の音声を聞いても意味を理解するのは困難です。

        “He took a detour to avoid the heavy traffic.”
        (彼は交通渋滞を避けるために迂回した)

         

        大和博
        単語や表現を知らないと、英語を聞き取ることはできません。

         

        筆者の経験上、単語や文法を知らないことが、リスニングができない原因となっているケースは意外と多いです。

         

        本人は「英語が聞き取れない」と思い込んでいますが、実際には知識が不足しているケースです。

         

        「自分は語彙力不足かな......」と思った人は、英単語帳に取り組むのが効果的です。たとえばアルクのキクタンシリーズなどがオススメです。

        ⇒キクタンBasic

         

        英単語の効果的な覚え方については、以下の記事に詳しく解説したので参考にしてみてください。「脳をだます」のがポイントです。

        ⇒ご参考:英単語を覚えられない理由を解説【脳をだます覚え方とは?】 

         

        前提知識や文化的背景を知らない

        たとえば、アメリカのニュースを聞いているとき、社会福祉の話題だったとします。もし、あなたがアメリカの社会福祉事情に詳しければ、ニュースの内容を理解できるかもしれません。

        しかし、アメリカの社会福祉制度や歴史を知らないと、話についていけません。なぜなら、ニュースでは前提知識や背景をいちいち細かく説明してくれないからです。

         

        日本語で、自分の専門外の話題を聞いているときを思い浮かべるとイメージが沸くかと思います。この場合、相手の話を聞き取れ、単語や文法も理解できているにも関わらず、意味が分からなくなってしまいます。

        このように、前提知識や文化的背景を知らないと意味理解ができません。

         

        なので、いきなり海外のドラマや映画、ニュースでリスニング勉強をするのはオススメしません。リスニング以外に前提知識や文化的背景などを調べないといけないので、負荷が高くなりすぎるからです。

        大和博
        日本やアジアのニュースなど、なじみやすいトピックを英語で聞くのがオススメです。

        聞き取った内容を覚えられない

        ネイティブが発言しおわったとき、「あれ、最初の方では何を話してたんだったかな......」と思ったことはありませんか? 話を聞いている最中は理解しているつもりでも、聞いた内容が頭に残らない状態です。

         

        聞き取った英語を覚えていられないと、意味を理解できません。なぜなら、コミュニケーションは一言では終わらないからです。相手が話す間、内容を覚えておかないと会話は成り立ちませんし、ニュースを聞く数分間、記憶にとどめておかないと、内容を理解できません。

         

        大和博
        会話をしているとき、相手の話をアタマにとどめておかないと、意味がわからなくなってしまうんです。

         

        しかし、英語の音声を聞くのにせいいっぱいの状態だと、脳の「メモリ」を記憶に回すことができず、聞き取った英語を覚えていられなくなってしまいます。そうなると、英語の音を聞き取れても、意味を理解できなくなってしまいます。

         

        脳の中のコップがいっぱいになると、話を覚えていられない

        リスニングが苦手な人と、リスニングが得意な人の脳の中を、コップの容量でイメージしてみましょう。

         

        図に示したコップは脳の容量(メモリ)です。

        左の図は、音の聞き取りと聞き取った意味の理解でコップがいっぱいになり、水があふれそうになっています。この状態になると、内容を覚えていられなくなってしまいます。なぜなら、覚えておくのに必要な容量が不足してしまうからですね。

        この状態では、英語を聞いても意味を理解するのが難しいです。

         

        反対に、右の図は音の聞き取りと意味の理解に使うコップの容量が少なくなっています。そのため、内容を覚えるためにコップの空きがある状態を表しています。日本語を聞く場合は、この状態ですね。

        なぜなら、音の聞き取りとと意味の理解をほぼ無意識にできるからです。

         

        同様に、英語でも音の聞き取りと意味の理解を自動化することにより、リスニニングができるようになります。

        言い換えると、音の聞き取りと意味の理解を無意識にできるようにし、脳内のコップに余裕を持たせることがリスニング上達のポイントです。

         

        大和博
        リスニングのトレーニングをすることで、コップの容量をあけられるようになります。

         

        脳のコップの容量を空けるにはシャドーイングがおすすめ

        音の聞き取りと意味の理解の自動化にはシャドーイングがオススメですシャドーイングとは、英語の音声を聞きながら、後に続いて影(シャドー)のように発声するトレーニングです。

         

        最初のうちは、英語の意味は考えず音声だけに集中してシャドーイングに取り組むことをオススメします。

        そうすることで、音声知覚を自動化することができます。つまり、意識せずとも英語を聞き取れるようになるということ。なぜかというと、「自分で発音できる音は聞き取れる」からです。

        大和博
        英語の音声をマネして発声するうちに、英語を聞き取れるようになっていきます。
        シャドーイングのやり方6ステップ
        1. 教材を選び、音声と文章(スクリプト)を準備する
        2. 文章を見ずに音声を聞く
        3. 文章を読み、わからない単語や表現を調べる
        4. 文章を見ながら音声を聞き、「英語の5つの音声変化」をチェックする
        5. 文章を見ながら、オーバーラッピング(※)する
        6. 音声を見ずにシャドーイングをする

        ※オーバーラッピング:英語の音声と同時に発声するトレーニング

        以下の記事にシャドーイングの具体的なやり方と注意点を詳しくまとめたので、参考にしてみてください。

         

        ⇒ご参考:英語シャドーイングの正しいやり方|5つのコツを解説【重要!】

         

        英語が聞き取れないのは、正しい勉強法を知らないだけ

        英語が聞き取れなくてイライラすると、「とても英語を聞き取れるようになる気がしない.......」と感じるかもしれません。実際、過去の筆者も同じように感じていました。

         

        しかし、英語を聞き取れないのは正しい勉強法を知らないだけなんです。英語を聞き取れない3つの理由と解決法を知っていれば、誰でも英語を聞き取れるようになります。

        短期間で英語を聞き取れるようになるには、英語コーチングがおすすめ

        英語コーチングとは?

        とはいえ、「結構大変そう......」「一人でできる自信がない......」と感じる人もいるかと思います。そんな人には「英語コーチング」がおすすめです。

         

        英語コーチングとは、生徒一人一人にパーソナルコーチがつき学習をサポートしてくれるサービスです。

        学習計画から、日々の学習の疑問点まで丁寧にサポートまでしてくれます。「専属のコーチが一緒になって伴走してくれている」と思うと、モチベーションも上がりやすく学習を継続できます。

         

        実際、英語コーチングスクールの継続率は90%以上で、卒業生は2~3ヵ月でTOEICスコアを200~300点伸ばすなど、大きな成果を挙げています。

         

         

        以下に当てはまる人には英語コーチングサービスがおすすめです!

         

        英語コーチングがおすすめな人
        • 短期間でリスニング力を伸ばしたい人
        • 独学で英語学習に取り組んだことがあるが、継続できなかった経験がある人
        • リスニング力向上のため、どの教材に取り組めばよいか迷ってしまう人
        • 独学でシャドーイングやディクテーションを毎日1時間続ける自信がない人

        ここ数年、英語コーチングスクールが増えてきています。まだ、駅前留学など従来の英会話スクールほどの知名度はありませんが、卒業生が実績を残しているので人気が出てきています。

         

        多くの英語コーチングスクールの中から、筆者が厳選したオススメの英語コーチングスクール3選を紹介しておきます。

        スタディサプリ パーソナルコーチング

        スタディサプリというスマホアプリを開発したリクルート社のコーチングサービスです。

        スタディサプリENGLISH

        教材はスタディサプリを使用します。英文法を驚くほどわかりやすく解説した「神動画」が含まれているので、苦手な方でも文法をマスターできます。また、リスニング力アップに効果的なディクテーションやシャドーイングに取り組むこともできます。

         

        スタディサプリ パーソナルコーチングは以下の特徴があります。

         

        スタディサプリ パーソナルコーチの特徴
        • 3ヵ月プランを終了した人は、平均100点以上TOEICスコアアップ
        • TOEIC300点~800点の受講生が、大幅に点数アップ
        • 継続率は93%

          TOIECスコアを伸ばすために、リスニング力を身につけたい人にはおすすめです。

          7日間の無料体験もあるので、気になる方は試してみてください。

           

          ↓↓↓筆者の解説記事はこちら

          ⇒過去の自分に勧めたい! スタディサプリパーソナルコーチの評判と口コミ

           

          ⇒【7日間無料体験】スタディサプリENGLISH パーソナルコーチの公式HPはこちら

           

          STRAIL(ストレイル)

          「なるべく短い学習時間で、効率的にリスニング力を伸ばしたい!」という人には、株式会社スタディーハッカーが運営するSTRAIL(ストレイル)がおすすめです。

          ストレイルは、専門家が1人1人の苦手なポイントを特定し、改善するための効果的なトレーニングを行います。そのため、2~3ヵ月の短期間で飛躍的にリスニング力を伸ばすことができます。

           

          ストレイルのコンサルタントは、たとえるなら「英語のお医者さん」です。症状を細かく診て、課題を特定し、最低限必要なトレーニングを行います。だからこそ、効率的にリスニング力を伸ばすことができます。

           

          ストレイルのコンサルタントは、大学や大学院で言語学や第二言語習得論を学んだり、過去に英語を教えた経験がある専門家の集団です。プロだからこそ、「英語のお医者さん」のような診断ができるわけです。

           

           

          英語学習の効率とコスパの観点で、2021年時点で最強のスクールです。

           

          ↓以下は筆者の体験談です。STRAILの特徴や学習内容の詳細を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

           

          ⇒【衝撃!】ストレイルの評判と口コミ~TOEIC900がコンサルティングを受けた体験談

          ⇒【オンライン無料体験あり】STRAILの公式HP

          PROGRIT(プログリット)

          TOEIC点数が800点以上の人や、海外出張、海外出向が決まり、短期間でリスニング力を飛躍的に伸ばす必要がある人にはプログリットがおすすめです。

           

          オンライン訴求専用LP

          プログリットでは、プロのコンサルタントが毎日シャドーイングの添削をしてくれます。

          シャドーイングはリスニング力アップに効果的なトレーニングなんですが、独学でやっていると、間違った発音のまま気づかないことがあります。間違った発音のままシャドーイングを繰り返しても効果が半減してしまいます。

           

          だから、シャドーイングはプロからフィードバックを受けるのが有効なんです。

          シャドーイングのフィードバック

           

          実際、筆者もプログリットを受講した2ヵ月で飛躍的にリスニング力を伸ばすことができましたプログリットに関する詳細を、筆者が実際に受講した体験談を交えて以下の記事で解説したので、気になる方は読んでみて下さい。

           

          ⇒【無料カウンセリング】プログリット公式HP

           

          まとめ|英語を聞き取れなくてイライラする!の解消法

          「英語を聞き取れなくてイライラする!」を解消するには2つのアプローチが効果的です。

          2つのアプローチ
          1.  なぜイライラするのか? を考えてみる
          2.  英語が聞き取れない3つの理由を解決する

          かつては、筆者も英語を聞き取れなくてイライラしていました。しかし、上記を実践した結果、いまでは英語を聞き取れなくてフラストレーションを感じることは、ほとんどなくなりました

          ぜひ、この記事の内容を実践してみてくださいね。

          無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

           

          「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

          「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

          「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

           

          そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

           

          いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

          反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

           

          ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

           

          • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
          • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
          • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

           

          現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

           

           

           

          カテゴリー
          記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

          例:

          ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

          ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

           どうしたらよいか知りたいです。

          ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

          ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

           

          もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

          もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

          メールアドレス
          質問など

           

          おすすめの記事