「人種のるつぼ」の比喩の意味は? アメリカが「サラダボウル」に変わった理由

「人種のるつぼ」「人種のサラダボウル」という言葉を聞いたことがありますか?

 

どちらもアメリカが多くの民族から成り立つ様子を表わす比喩(ひゆ)が、両者のニュアンスは異なります。

 

以前は「人種のるつぼ」の表現が一般的でした。しかし、次第に「人種のサラダボウル」と呼ばれることが増えてきています。

 

この記事では、「人種のるつぼ」や「人種のサラダボウル」の意味や、歴史的な背景を解説します。

これらの歴史を知ると、アメリカの人種や民族の歴史の一端を理解できるようになります。

 

人種のるつぼ(メルティングポット)、人種のサラダボウルとは?

多民族国家アメリカの比喩(ひゆ)

アメリカは多くの民族から成り立っています。

白人が60%強を占めるマジョリティですが、ヒスパニック、黒人、アジア系など多くの移民がアメリカで暮らしています。

 

このように、アメリカが多くの民族から成り立つ様子が、「人種のるつぼ(メルティングポット)」、「人種のサラダボウル」と、たとえられます。

以下で、「人種のるつぼ」、「人種のサラダボウル」が意味する違いについて説明します。

 

「るつぼ(メルティングポット)」は、金属を溶かす容器

坩堝(るつぼ)は耐熱性の容器で、理化学の実験や、工業分野で使われます。

金属などの素材を1000~2000℃に溶かして混ぜ合わせるのに使います。

 

英語では"Melting Pot(メルティングポット)"と呼ばれます。"Melt(溶かす)"、"Pot(容器)"という意味です。

 

加熱された、るつぼの中で金属が溶けて混ざり合う様子をイメージしてみて下さい。

 

「人種のるつぼ」とは、様々な民族がアメリカという国の中で、溶けて混ざり合い、一つの「アメリカ人」になっている様子を表します。

 

この比喩では、「るつぼ」がアメリカ合衆国、るつぼの中で溶けて混ざり合う金属がアメリカ国民(移民)を指します。

つまり、ヨーロッパ、南米、アジアなど様々な出身の民族が、アメリカで同化している、という意味です

 

「サラダボウル」は、野菜を入れる容器

一方、サラダボウルは野菜を入れる容器です。

サラダボウルがアメリカ合衆国、トマトやキュウリなどサラダの具の野菜がアメリカ国民です。

 

サラダのように具が混ざりつつも、カタチが残る状態を表しています。

つまり、それぞれの個性や文化が活かされ、尊重され状態、という意味です。

 

「人種のるつぼ(メルティングポット)」の歴史

次に、アメリカが「人種のるつぼ」と呼ばれるようになった歴史的背景を説明します。

19世紀後半にヨーロッパから大量の移民がアメリカにやってきた

もともと、アメリカはヨーロッパからの移民により発展しました。最初にアメリカに移住したのは1620年のこと。ピューリタン(清教徒)と呼ばれるイギリス人です。その後、西欧からの移民は増え続け1765年にアメリカ合衆国として独立を果たします。

 

さらに時代は下り19世紀後半になると、ギリシャ、イタリアなどの南ヨーロッパや、ロシア、ポーランドなどの東ヨーロッパからの移民が急増します。1880年~1915年頃にかけ、毎年アメリカの総人口に対して3~5%の移民が移住してきました。

いまの日本に置き換えると、毎年350~500万人の移民が増え続ける状態です。当時のアメリカが移民の受け入れにあたり、混乱する様子が想像できると思います。

 

「新移民」の急増によりアメリカ人が不安に

南ヨーロッパ、東ヨーロッパからの移民は、「新移民」と呼ばれました。一方、従来の西ヨーロッパからの移民は「旧移民」と呼ばれています。

「新移民」はアメリカ社会に適応しにくい条件がありました。

1. 宗教が違う
2. 言葉が違う
3. 識字率が低い

 

宗教が違う

アメリカ社会はプロテスタントです。最初に移住したイギリス人がプロテスタントだったためです。

一方、新移民はギリシャ正教、ローマ・カトリック、ユダヤ教などで、プロテスタントの文化とは、なじみにくいものでした。

言語が違う

アメリカでは英語が使われていましたが、新移民はギリシャ語、ポーランド語、ロシア語などを使います。つまり、言語がまったく異なっていました。

識字率が低い

旧移民の識字率は95%程度と非常に高い一方、新移民の識字率は50%程度。

 

旧移民にとって新移民は、「西ヨーロッパの基準にしたがえば、南ヨーロッパ、東ヨーロッパ系移民の大群は、まともに教育を受けておらず、社会的に更新的であり、その見た目も異様であった」と言われています。

このように、新移民の大群がアメリカに押し寄せたため、移民に対する不安が高まります。

 

多民族の登場人物を描いた戯曲「メルティングポット」が大ヒット

このような社会情勢の中、イギリスのユダヤ人作家イズリアル・ザングウィルが戯曲「メルティングポット」を発表しました。1908年のことです。戯曲(戯曲)とは、演劇の台本のことを表します。

この戯曲のストーリーでは、多くの民族が一つに溶け合って新しい民族、すなわちアメリカ人に生まれ変わる様子を表現していました。

 

このストーリーがアメリカ人の心に響いたようで、大ヒット作となりました。シカゴでは6ヵ月間のロングランを果たし、ニューヨークでは136回も公演されるほどの人気でした。

 

タイトルの「メルティングポット」は、「坩堝(るつぼ)」を表します。神の火が燃えるアメリカという大地のもとで、さまざまな民族が一つに溶け合い同化していく、との想いがこめられています。

この演劇のタイトルがもとになり、「人種のるつぼ(メルティングポット)」という表現が定着しました。

 

「移民がアメリカで溶け合う」コンセプトが希望をもたらした

なぜ、「メルティングポット」が大ヒットしたのでしょうか?

それは、民族が「溶ける」というイメージに強いインパクトがあったためです。

移民が大量に押し寄せ、不安が増していたアメリカ社会にとって、「移民が溶け合いアメリカに同化する」というコンセプトは希望をもたらすものでした。

 

「人種のるつぼ(メルティングポット)」への批判

このように、「人種のるつぼ」の考え方は広まりました。しかし、多くの批判にもさらされました。

1960年代、公民権運動がさかんに

1960年代、アメリカで「公民権運動」と呼ばれる人種差別に反対する運動がさかんになります。

最も有名なのは、”I have a dream.”の演説をしたマーチン・ルーサー・キング牧師でしょう。

 

これまで差別されてきた黒人をはじめとするマイノリティの権利を確立するため、アメリカ全体で差別に反対する運動をおこしました。

その過程で、「人種のるつぼ(メルティングポット)」に対する批判が高まります。

 

アングロサクソン系の白人文化の押し付けとの批判が高まる

なぜなら、「メルティングポット」が意味する「アメリカへの同化」は、アングロサクソン系の白人からの視点だからです。

同化するのはあくまでマイノリティの移民で、白人は何も変わらないのが前提となっています。

 

これは、見方を変えるとアングロサクソン文化の、マイノリティに対する強要と捉えられました。

そのため、マイノリティの権利を確立を主張する公民権運動をきっかけに、「人種のるつぼ(メルティングポット)」のコンセプトへの批判が高まりました。

人種のサラダボウルのコンセプトが主流に

マイノリティを尊重するコンセプト

公民権運動の後には、「外国からアメリカに移住した人たちが元々持つ文化を尊重するのが正しい」とされるようになりました。

 

このような背景で広まったのが、「人種のサラダボウル」です。マイノリティを尊重するコンセプトとして普及しました。

 

似た概念として、「文化の連邦体」「人類のオーケストラ」などと呼ばれることもあります。

 

文化多元主義から、多文化主義へ

「人種のサラダボウル」のコンセプトは、文化多元主義や、多文化主義とも呼ばれます。

 

「移民の文化を尊重する」という観点で、両者は似ていますが、実は大きな違いがあります。

文化多元主義は、1900年代前半に提唱された概念です。主には白人文化のみを対象にしており、黒人文化を対象にしていませんでした。

一方、多文化主義は公民権運動の後、1970年代頃から広まった考え方。黒人文化などすべてのマイノリティを含め、文化を尊重するというスタンスです。

 

このように、「人種のるつぼ」から「人種のサラダボウル」に変わった背景には、アメリカ人のマイノリティ文化への態度の変化があります。

 

まとめ|人種のるつぼ、人種のサラダボウルを深く知ると、アメリカの歴史がわかる

アメリカの歴史を知るには、民族問題、人種問題は避けて通れません。

日本はほぼ単一民族の国家なので、移民国家の雰囲気をイメージするのは簡単ではありません。そして民族問題、人種問題を知らずにアメリカ人とコミュニケーションをすると、トラブルに発展しかねません。なぜなら民族、人種はアメリカ人にとってセンシティブな問題だからです。

 

このように、国による文化や風習の違いを知らないと、たとえ英語がペラペラでも外国人とのコミュニケーションで大きな失敗を招きかねません。文化や風習が違うと、前提となる価値観が違うからですね。

 

民族問題の捉え方以外にもアメリカと日本の文化には、多くの違いがあります。詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

ご参考:アメリカ文化の特徴といえば? ビジネスで知っておきたい日本文化との違い

 

参考文献

メルティングポットの誕生--メルティングポット論の系譜(1)

多元主義者によるメルティングポット論批判: メルティングポット論の系譜 (2)

無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

 

「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

 

そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

 

いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

 

ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

 

  • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
  • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
  • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

 

現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

 

 

 

カテゴリー
記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

例:

・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

 どうしたらよいか知りたいです。

・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

 

もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

メールアドレス
質問など

 

おすすめの記事