【決定版】ビジネス英語を独学でマスターする勉強法|原則と具体的学習法

「ビジネス英語を独学でマスターしたい」

ビジネス英語をマスターすると、ストレスを感じず海外とのWEB会議をこなせるようになります。

また、社内で成果を出して昇進しやすくなったり、転職にも有利です。

 

私がビジネス英語コーチとしてサポートする中、「どうすれば独学でビジネス英語をマスターできますか?」と聞かれることがあります。

 

実は、ポイントを抑えれば、独学でビジネス英会話を身につけられます。

 

この記事ではビジネス英語、ビジネス英会話を独学で身につける勉強法とおすすめ教材を教えます。

この記事でわかること
  • ビジネス英語を独学でマスターする3つの原則
  • ビジネス英会話が身につく、具体的な勉強法とおすすめ教材

 

    そもそもビジネス英語はどんなレベル?

    ビジネス英語のマスターを目指すとき、まず「ビジネス英語」のレベルを定義することが大切です。

    なぜなら、定義があいまいなままだと、必要な勉強が抜けてしまったり、反対に必要のない学習に時間を使ってしまったりするからです。

    「ビジネス英語」の定義にはさまざまなものがありますが、筆者は以下の3つの要件だと考えます。

    1.  TOEICで800点以上とれる
    2.  英語でプレゼンができる
    3.  英語で議論ができる

      くわしくは、以下の記事に書きましたので、ここでは簡単に説明します。

      ⇒ご参考:ビジネス英語はどの程度のレベル? TOEIC何点? 【具体的に解説】

      最近はGoogle翻訳などの自動翻訳技術の進歩が著しいです。しかし、まだ精度は十分とはいえません。

      ビジネスでは、メールや文書の内容を誤解なく理解し、伝えることが必須です。

      TOEIC800点以下の場合、Google翻訳が正しいかを判断できず、誤解が生じてしまうことがあります。

      そのため、TOEIC800点以上取れることが要件です。

      また、ビジネスにおいてプレゼンやディスカッションは必須です。日本語でビジネスをするシーンを想像してもらえばわかると思います。

      そのため、英語でプレゼンができたり、議論ができたりすることが「ビジネス英語」レベルの要件です。

      ビジネス英語を独学でマスターする勉強法3つの原則  

      1. WOOP(ウープ)を使って目標設定する
      2. モチベーションに頼らず、英語勉強を習慣化する
      3. 「大量のインプット、少量のアウトプット」で学習する

       

      WOOP(ウープ)を使って目標設定する

      英語学習を始める前に目標設定することは重要です。

      なぜなら、目標を設定することで「何を」「いつまでに」やるのか明確になるからです。

      たとえば、「半年後の海外出張で、ビジネスの交渉を成功させる」「3ヵ月後にTOEIC800点を取る」など。

      おすすめなのはWOOP(ウープ)と呼ばれる目標設定です。

      WOOPは、心理学者のガブリエル・ゲッチンゲン教授が研究結果をもとに生み出した方法で、通常の目標設定法と比べ達成率が2倍になることが統計的にわかっています。

      具体的には以下4つのステップで目標を立てます。

      WOOPの法則
      W:Wish(望み) どのようになりたいか。ある程度抽象的に考える
      O:Outcome(得たい結果) 具体的に得たい結果。できれば定量的に書く。
      O:Obstacle(障害) 得たい結果を実現する際に想定される障害。
      P:Plan(計画) 障害が起きたら、どんな行動をとるかの計画。

      ここで重要なのは、ObstacleとPlanです。

      ObstacleとPlanを立てることにより、目標達成率が2倍に高まることが分かっています。

      たとえば、「英語を毎日2時間継続しよう!」と目標を立てたとします。

      しかし、実際には「今日は飲み会があるから英語はやめておこう」「今日は眠くて疲れたから明日にしよう」となり、気が付けば学習がとまっている、というのはよくあることです。

      そのため、計画を立てる段階で、できる限り障害を想像し対処法を考えておくことが重要なのです。

      WOOPを使った具体的な目標設定の例を見てみたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

      ⇒ご参考:正しい英語勉強の目標設定法|達成率2倍の方法を紹介
       

      モチベーションに頼らず、英語勉強を習慣化する

      あなたも経験はないでしょうか?

      「今日から毎日一時間勉強しよう!」と心に誓っても、一週間もたつと続かなくなってしまったことが。

      この原因は「モチベーション」に頼って勉強をしようとしていることです。なぜならモチベーションは長続きしないからです。

      その代わりに、勉強を毎日の習慣に取り入れた方が継続しやすくなります。

      意識せずとも毎日歯磨きをするのと同じイメージです。

      英語勉強を習慣化するための具体的な方法は以下の記事を参考にしてみて下さい。

      ⇒ご参考:英語勉強にモチベーションは不要|やる気に頼らず英語学習を習慣化する5つの方法

       

      「大量のインプット、少量のアウトプット」で学習する

      「ビジネス英会話を身につけよう ⇒ 英会話スクールに通おう! オンライン英会話でたくさん話そう!」

      と考えがちですが、実際には効果的ではありません。

      第二言語習得論と呼ばれる研究分野があります。

      「外国語を習得する効率的な方法」を研究する学問です。

      この研究結果から、外国語を習得するには「大量のインプット、少量のアウトプット」が原則だとわかっています。

      インプットとは知識を増やす学習で、英単語・英文法、リーディングやリスニングです。

      アウトプットとは自分の考えを英語で表現することで、ライティングやスピーキング。

      研究者の間では、インプット:アウトプット=8:2 の割合が効率的な学習だと言われています。

      ビジネス英会話力を伸ばしたい人は、「大量のインプット、少量のアウトプット」の原則を守って、学習計画を立てることをおすすめします。

      より詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

      ⇒ご参考:英語勉強法の効率が変わる5つのポイント|科学的な英語上達法
       

      独学でビジネス英語が身につく勉強法|全体像

      実際に勉強を始める前に、学習の全体像を「大量のインプット、少量のアウトプット」となるように設計します。

      たとえば、毎日1時間、週に7時間の英語学習をするとき。

      インプットは5.6時間(7時間×0.8)、アウトプットは1.4時間(7時間×0.2)となるように割り当てます。

      一例としては、以下のイメージです。

      ビジネス英語独学の全体設計

      ビジネス英語独学の全体設計の例

      <インプット>
      ・英単語:1時間
      ・英文法:2時間
      ・リーディング:1.3時間
      ・リスニング:1.3時間

      <アウトプット>
      ・オンライン英会話 1時間
      ・ライティング 0.4時間

      以下で具体的な勉強法を紹介します。

      勉強法とおすすめ教材|①基礎がため

      ビジネス英単語の勉強法

      英単語の学習法にはさまざまな方法があります。「英単語帳で覚える」「英語の本を読んで、出てきた単語を覚える」「英英辞典で覚える」「語源から覚える」など。

      それぞれメリット・デメリットはありますが、TOEIC900点くらいまでなら「英単語帳で覚える」のが最も効率的です。

      なぜなら、単語帳を使うと何度もくりかえし同じ単語に出会えるから。

      脳科学の研究から、人の記憶は「覚えようとするとき」ではなく「思い出そうとするとき」に定着することがわかっています。

      そのため、何度も繰り返し同じ単語に出会い「あれ、この単語の意味はなんだったかな・・・?」というプロセスを繰り返すことが最も効果的。そのため英単語帳を使うことをおすすめします。

      英単語の覚え方に関しては、以下の記事に詳細をまとめたので参考にしてみて下さい。

      ⇒ご参考:英単語の覚え方と勉強法6つのコツ|覚えられない4つの原因【脳をだませ!】

      以下でおすすめな英単語帳を紹介しておきます。

       

      キクタンシリーズ

      アルク社のキクタンシリーズ。一冊で多くの単語を覚えられます。

      キクタンシリーズの特徴は、音声で聞きながら単語を覚えること。

      付属のCDか、別売りのスマホアプリを使うと音声を聞きながら単語を覚えられます。

      一度に覚えようとせず、「3~4回繰り返して単語に出会う」ことをイメージして取り組むと効果的です。


      【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 800

       


      キクタンビジネス【Basic】 (アルクの「グローバル英語」シリーズ)

       

      速読速聴シリーズ

      キクタンシリーズを終えたら、次は速読速聴シリーズに取り組むとよいでしょう。

      速読速聴シリーズの特徴は、文章の中に覚えるべき単語が出てくること。英単語の自然な使い方が身につきます。

      ただし、一つの文章の中に分からない単語が多くあるとストレスとなり、途中で挫折してしまいがち。

      そのため、最初にキクタンシリーズで覚えた後、速読速聴シリーズに取り組むことをおすすめします。


      速読速聴・英単語 Core1900 ver.5


      速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

       

      英文法の学習法

      ビジネス英語を身につけるには、英文法の学習が欠かせません。

      ビジネスシーンでは論理的に話すことが求められるため、文法がしっかりしていないと話が伝わらないからです。

      反対に英文法の基礎を身につければ、ビジネス英会話力の伸びも早くなります。

      基本的には中学、高校で学んだ英文法をマスターしていれば十分。

      以下の教材を使って学習するとよいでしょう。

       

      スタディサプリEnglish

      リクルート社が開発したTOEIC対策のスマホアプリです。

      有料(2,980円/月)ですが、非常に優れた教材です。

      特に英文法を解説している「関先生」の講義が衝撃的にわかりやすい。

      このような講義を学生時代に受けていたら英語で苦労することはなかっただろう…と感じる内容です。

      7日間の無料体験ができるので、気になる方は試してみることをおすすめします。

      通常

      ⇒【7日間無料体験】スタディサプリ ENGLISHの公式HPはこちら

       

      中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。


      中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

      「中学英文法がアヤシイ…」と感じる人は、この本から始めるとよいでしょう。

       

      ・社会人が、英語を学び直すのに最適

      ・どの本よりも挫折しづらい

      と評判です。

      著者の解説動画がYoutubeに出ているので、動画を見て勉強してもよいでしょう。

       

      独勉強法とおすすめ教材|②リーディングとリスニング

      リーディングとリスニングはどちらもインプット学習で、相乗効果があります。

      つまり、リーディング力を鍛えるとリスニング力にも効果があります。

      なぜなら、「読んで理解できないものは、聞いても理解できないから」です。

      反対に、読んで理解できるようになると、聞いて理解できるようになるということ。

      以下でリーディングとリスニングの勉強法を紹介します。

      リーディングの勉強法

      リーディングは「精読」と「多読」の両方が大切です。

      「精読」は学生時代に習った読み方。文法を確認し、一つ一つ単語を調べて文章の意味を理解しながら読み進める方法です。

      「多読」は単語を調べたりせずに、一気に読み進める読み方。

      精読は学生時代に嫌というほど習っているので、ここでは多読のポイントについて解説します。

      多読のポイントは頭から順に読み進めること

      多読のポイントは、英語の文章を頭から順に読み進めることです。

      一見当たり前に聞こえますが、多くの日本人は英語を読むとき「返り読み」をしてしまいがち。

       

      返り読みとは、英文法を解釈しながら読む方法で、精読のやり方です。

      学生時代に習った精読のクセが抜けず返り読みをしてしまうのです。

      ビジネス文書を「返り読み」しながら読んでいては、時間がかかりすぎてしまいます。そのため、文章を頭から順に読む訓練を積む必要があります。

      このときにおすすめな方法は、自分が英語を読むスピードを測定すること。具体的には「1分間に何語読めるか」を測ります。(WPM=Word Per Minuteと呼びます)

      まずはWPM=150を目指して多読の訓練をしましょう。

      エンジニアの世界に、「計測できるものは改善できる。計測できないものは改善できない」という格言があります。

      英語リーディングも同様で、読む速度を計測するクセをつけると、自然と返り読みをしなくなりスピードが上がります。

      以下で多読におすすめの教材を紹介します。

      多読教材の選び方としては、自分のレベルに合わせて難しすぎないものを選ぶことです。中身をパラパラとみて、辞書を引かずに8割理解できそうならちょうどよいレベルです。

       

      Polyglots

      スマホの無料アプリです。

      多くの英語ニュースが収録されており、好きな記事を読むことができます。

      Polyglotsの特徴は、「ペースメーカー機能」があること。

      目標とするWPMを入力すると、その速度でページがスクロールされていきます。

      Polyglotsの「ペースメーカー機能」を活用することで、リーディング速度を向上させることができます。

      また、一記事は2~3分で読めるものが大半なので、通勤のスキマ時間に読むのに最適です。

      Polyglots

       

      ラダーシリーズ

      ラダーシリーズは一冊1~2万語程度の短い本(通常の書籍は一冊10万語程度)で、難しい単語を使わずに書かれています。

      また、レベルが5段階(1~5)に分かれているため、最初は優しいレベルから始め、徐々にレベルを上げていくことができます。

      WPM100であれば、1万語の本を100分(1時間40分)で読めるので、どんどん読み進められます。

      また、一冊の文字数が本に書かれているため、読み終わるまでのおよその時間を測ることでWPMを計算できます。2~3分で読める英語記事のWPMを毎回測るのは疲れますが、一冊読むのにかかった時間を測るのであればそれほど苦になりません。


      アインシュタイン・ストーリー The Albert Einstein Story (ラダーシリーズ Level 1)


      スティーブ・ジョブズ・ストーリー The Steve Jobs Story (ラダーシリーズ Level 4)


      オリエント急行殺人事件 Murder on The Orient Express (ラダーシリーズ Level 4)


      スティーヴン・ホーキング・ストーリー The Biography of Stephen Hawking (ラダーシリーズ Level 5)

       

      英語リーディング学習法の詳細は以下の記事を参考にしてみて下さい。

      ⇒ご参考:【無料あり】英語リーディングが上達する勉強法と速度アップのコツ

       

      リスニングの勉強法

      リスニングが苦手な場合、いくつかの原因が考えられます。

      ① 英語特有の音の繋がりや、イントネーションになじんでいない
      ② 文法や単語力不足で意味を理解できない
      ③ リスニングに慣れておらず、英語を聞くと考える余裕がなくなる

      それぞれに対して効果的なアプローチは変わってきます。

      ここでは、①英語特有の音の繋がりについて解説します。

      学校教育では習いませんが、英語には独特の音のつながりがあります。

      といってもルールの数はそれほど多くないので、一度覚えてしまえば比較的身につきやすいです。

      下の表に代表的な音の変化のルールをまとめました。

      くわしくは以下の記事を読んでみて下さい。

      ⇒ご参考:【英語リスニングの勉強法】聞き取れない原因と上達法3つのコツ|脳のコップを空ける

      ここでは、リスニング勉強におすすめの教材を紹介します。

       

      英語リスニングのお医者さん 集中治療編


      英語リスニングのお医者さん 集中治療編(CD2枚付き)

       

      先ほど説明した、「英語特有の音のつながりやイントネーション」を身につける本です(CD付き)。

      英語を聞き取れない代表的な原因を解説し、集中的にトレーニングできるスタイルです。

      ニュースなど英語の音声教材を聞く前に、この本に取り組むと効果的です。

       

      TED

      10~20分程度の英語プレゼン動画です。スマホアプリもあり、無料で視聴できます。

      ある程度、英語が聞き取れるようになった後、英語リスニングの数をこなすために使うとよいでしょう。

      最初のうちは、スクリプトがついている音声を選ぶとよいでしょう。

      TED

       

      ディクテーションやシャドーイングも効果的

      英語リスニング力を伸ばす効果的なトレーニングとして、「ディクテーション」「シャドーイング」が知られています。

      ディクテーションは、聞き取った英語音声を書き起こす練習。細かな音に注意を向けられるようになります。

      シャドーイングは、英語音声の後に影(シャドウ)のようについて復唱するトレーニング。実際に自分で発声するので、英語らしいイントネーションや音の繋がりに慣れる効果があります。

      どちらも負荷がかかりますが、リスニング力を大幅に伸ばすのに欠かせないトレーニングです。

      シャドーイングの効果や具体的なやり方は、以下の記事に詳しく書いたので気になる方は参考にしてみて下さい。

      英語シャドーイングの効果と正しいやり方のコツ

      正しい方法でやらないと、効果が得られないので注意してください。

       

      勉強法とおすすめ教材|③ライティングとスピーキング

      スピーキング力を伸ばすのに、実はライティング勉強が効果的です。

      英語の場合、「書けないものは、話せない」からです。

      ライティングはじっくり時間を取ることができるので、難しい単語を使ったり、文章構成を練ったりすることができます。つまり、英語での表現の幅が広がります。

      あとは、英語で話す瞬発力を鍛えれば、スピーキング力が向上します。

       

      ライティングの勉強法

      ビジネス英語ライティングのポイントは、英語の「型」に沿って書く練習をすること。

      典型的な英文は以下の「型」になっています。

      英語の「型」
      1. 結論
      2. 理由は3つ
       2-1. 理由1
       2-2. 理由2
       2-3. 理由3
      3. 結論

      この「型」を使って、繰り返し英文を書いてみるとよいでしょう。

       

      英検の過去問題集

      英語ライティングでおすすめの教材は、英検の過去問題集です。


      【音声アプリ・ダウンロード付き】2019年度版 英検 2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)


      【音声アプリ・ダウンロード付き】2019年度版 英検 準1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

      あまり知られていませんが、実は英検の問題は非常に質が高いです。練りに練られた内容です。

      中でもライティングの課題に取り組むのはおすすめ。

      たとえば、以下のような問題です。

      「今日、結婚は以前よりも重要ではなくなってきていますか?
      120~150語程度で書いてください(準一級)」

      「豊かな国はもっと貧しい国の発展を支援するべきと思いますか?
      120~150語程度で書いてください(準一級)」

      さまざまな分野のお題が出るので、ライティング力に加えて、それぞれの分野の英単語や表現が自然と身につきます。

      添削サービスを使って、自分で書いた英文を添削してもらってもよいでしょう。1回あたり数100円から添削をしてもらえます。

      英語試験ライティングセンター

      英文添削アイディー

      長文のビジネス文書を英語で書くときは、以下の記事を参考にしてみて下さい。

      ビジネス英語ライティングが3つのコツ【書く前の設計が8割】

       

      スピーキングの勉強法

      スピーキングの勉強法は大きく2つに別れます。

      ① 瞬間的に英文が口から出るようにする学習
      ② 考えを英語にまとめる練習

       

      瞬間英作文トレーニング


      どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

      瞬間的に英文が口から出るようにするための学習です。

      このトレーニングを積むことで、瞬間的に日本語→英語に変換し、発声できるようになります。

      有名な書籍なので、見たことがある人も多いかもしれません。

      ただ、正しいやり方で取り組まないと効果が出づらいので、以下の記事を参考にしてみて下さい。

      瞬間英作文の効果とやり方のコツ|独学で続かない理由とプログリットで続けた結果

       

      英語で意見を言う練習(オンライン英会話でOK)

      考えを英語でまとめる練習には、英語で意見を言う練習が効果的です。

      ライティングの勉強法と似ていますが、英語の「型」で話す練習です。

      英語の「型」
      1. 結論
      2. 理由は3つ
       2-1. 理由1
       2-2. 理由2
       2-3. 理由3
      3. 結論

      筆者がおすすめするのが、DMM英会話の「テーマ別ディスカッション」。

      ある主張に対して「賛成か反対」のスタンスを取り、そのあとに理由を説明する練習です。つまり、英語でロジカルに話す訓練。

      一例を示すと、「ソーシャルメディアに年齢制限を設けるべきか?」と講師から聞かれます。

      これに対して、英語で答えます。

      たとえば、以下の内容です。

      「私は不賛成です。理由は2つあります。1つ目は、今後ますますオンラインでコミュニケーションする機会が増えるため、小さい頃から慣れておいた方がよいからです。2つ目は、そもそも規制をしてもイタチごっこになるため効果が薄いからです。」

      という感じです。

      賛成でも不賛成でもどちらでもよく、英語の「型」で意見を述べる練習を積むことがポイントです。

      DMM英会話

       

      勉強法とおすすめ教材|④実践的なビジネス英語

      英語でビジネスをするには、正しいビジネス英語表現を身につけることが大切です。

      なぜなら、適切なビジネス英語を使えないと、相手から幼稚だと感じられてしまうからです。

      ミーティングで、仮にあなたが良い内容の発言をしたとしても、カジュアルな英語を使っていると相手は違和感を覚えます。そして、英語表現が気になってしまい内容が正当に評価されなくなってしまいます。

       

      外国人ビジネスパーソンが、ミーティングの場で若者が使うような俗語を使い、日本語で発言している場面を想像してみて下さい。おそらく、その方が話す言葉が気になってしまい内容が頭に入らなくなるでしょう。

       

      では、どのようにしたら独学で実践的なビジネス英語表現を身につけられるのか?

      それは、生の英語表現に数多く触れるしかありません。たとえば、ビジネスを題材にした英語ドラマを繰り返し見るなどです。

      有名なドラマとしては、「シリコンバレー」や「ホワイトカラー」などがあります。

       

      「英語脳」を身につける

      ここでいう「英語脳」とは、英語ネイティブがどのような視点で世の中を見ているか? ということです。

      なぜなら、人の世界観が言語に表れるからです。

      「英文法の鬼100則」は文法書でありながら、「英語脳」を丁寧に解説している良書です。日本語と英語の世界観の違いをもとに、英文法を説明する新しい視点の参考書。

      英語ネイティブが、自然に使う表現を学びたい方にはおすすめです。


      英文法の鬼100則 (アスカカルチャー)

       

      ↓筆者のレビュー

       

      日本人が間違えがちな表現を知る【無料動画】

      もう一つの方法は、日本人が間違えがちな表現を知ることです。これらの表現を学ぶことで、最短で自然なビジネス英語を身につけることができます。

      EST OnlineというYoutubeチャンネルでは、日本人が間違えがちなビジネス英語表現を無料で学べます。1本1~5分程度の短い動画ですので、忙しいビジネスパーソンでも通勤時間やスキマ時間に視聴して着実にネイティブ表現が身につきます。

       

      プレゼンターはニック・フォークナー氏。日本人のエグゼクティブに英語を20年間指導してきた経験があります。そのため、日本人が犯しがちな間違いをよくわかっています。また、ニック・フォークナー氏は、東京オリンピック招致のスピーチプレゼンター育成も担当した実績もあります。

       

      時間がないビジネスパーソンで、実践的なビジネス英語を身につけたい方にはおすすめです。

       

      ⇒EST Online(Youtube)

      ⇒EST Online(Facebookページ)

       

       

      まとめ|ビジネス英語は独学でマスターできる

      この記事ではビジネス英語、ビジネス英会話を独学でマスターする勉強法を紹介してきました。

      正しい学習法で、良質な教材を選び勉強を続ければ、ビジネス英語は独学で習得できます。

      この記事を参考にして、ビジネス英語を勉強してみて下さい。

       

      無料のメール講座:ビジネス英語を最短で身につける3つの方法とは?

       

      「英語が分からないので、海外とのWEB会議が憂鬱(ゆううつ)だ......」

      「英会話スクールに通ったのに、英語が話せるようにならない......」

      「TOEICの点数は上がった、一向に実践で英語が使えない......」

       

      そんなあなたが、英語で仕事ができるようになるため、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を7通のメール講座で解説しました。

       

      いくらTOEICでハイスコアを取ったり、英語が流暢になっても、”仕事で結果を出せる”英語力を身につけなければ、あなたの仕事での評価は下がってしまいますし、収入も上がりません。

      反対にTOEICの点数が低かったり、英語が流暢でなくても、”仕事で結果を出せる”英語力があれば、あなたの評価は高りますし、収入も上がります。

       

      ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を学ぶと以下のようなメリットが得られます。

       

      • 無駄な学習をしないので、最短で”仕事で結果を出せる”英語力が身につく。
      • 仕事相手の外国人の考えがわかり、コミュニケーションがスムーズになってストレスが減る。
      • 英語の会議や議論をリードできるようになり、上司や同僚から尊敬される。

       

      現在、“ビジネス英語を最短で身につける3つの方法”を、無料メール講座でお伝えしています。今すぐ登録して、無料メール講座で”ビジネスで結果を出せる”英語力を身につけてください。

       

       

       

      カテゴリー
      記事を読んで疑問、質問がある方はこちらからどうぞ!

      例:

      ・異文化理解について、もっと詳しく知りたいです。

      ・英語を勉強したのに、英語でコミュニケーションができません。

       どうしたらよいか知りたいです。

      ・ブログには書けない、本当にオススメのスクールを知りたいです。

      ・〇〇についてもう少し教えて欲しいです。

       

      もしこういう疑問があれば、下のフォームからご質問ください。

      もちろん、それ以外の質問でも心を込めて回答します

      メールアドレス
      質問など

       

      おすすめの記事